明治大学が人気No.1になった理由とは?「国際バカロレア」が日本の高校に入る意味

2012年12月02日

中学英語弁論大会、同志社香里中・三木君が1位

高円宮杯第64回全日本中学校英語弁論大会(読売新聞社など主催、コカ・コーラ特別協賛)の決勝大会が1日、大会名誉総裁の高円宮妃久子さまをお迎えし、東京・有楽町のよみうりホールで開かれた。

 予選を突破した27人が参加し、大阪府・同志社香里中の三木大輔君(15)が1位に選ばれた。

 大会終了後、千代田区の帝国ホテルで開かれた記念レセプションで、久子さまは「違う文化や違う国で時間を過ごしてほしい。世界中がつながっていくために、お互いの文化を理解することが大事。世界に通用する人間になってほしい」などとあいさつされた。



wakabanavi01 at 21:37│ 私立 | 中学校
明治大学が人気No.1になった理由とは?「国際バカロレア」が日本の高校に入る意味