年々進む公立高校の多様化 中高一貫は441校に中大横浜山手中の田中好一校長が辞職

2012年12月12日

「公立中高一貫が第一志望」3割 ベネッセ、保護者調査

公立中高一貫校への受験人気が高まっている。子どもに中学受験をさせようとしている保護者の3人に1人が、公立中高一貫校を第一志望にしていることが、ベネッセ教育研究開発センターの首都圏保護者調査でわかった。世帯収入でみると、私学よりも幅広い層で希望していた。

 この9月、東京都、埼玉、千葉、神奈川県の公立小学3~6年生の保護者5256人にインターネットで調査した。

 公立中高一貫校は1999年度からつくられ、文部科学省によると、この4月現在、全国に184校ある。首都圏では2007年度に計14校だったのが、東京17校、埼玉2校、千葉2校、神奈川4校と計25校まで増えている。

 子どもに中学受験をさせる予定の保護者は全体の18%。そのうち第一志望が私立なのは53%、公立中高一貫は34%、国立大付属は8%だった。私立と公立中高一貫をともに受験する層は21%だった。

20121212001


(2012.12.11  朝日新聞から転載)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 23:47│ 統計・調査関連 
年々進む公立高校の多様化 中高一貫は441校に中大横浜山手中の田中好一校長が辞職