中高一貫3校の選抜検査に1245人 /群馬hotline学校分析  【東洋英和女学院中学部】

2013年02月02日

私立中受験者減、「リニューアル校」の行方は

東京都と神奈川県で1日、私立中学約220校の入試が始まった。

 不景気の影響や「脱ゆとり」によって公立が見直され、進学塾の推計によると、首都圏の私立中受験者数は、昨年から減少に転じた。一方、難関校や大学付属校に加え、生き残りをかけて進学重視へ教育方針を転換するなどした「リニューアル校」が受験生を増やしているという。

 1日早朝、東京都中野区にある宝仙学園中学校の試験会場に受験生が次々と入っていった。男子受験生(12)に付き添っていた父親(43)は「学校改革を積極的に進めているから」と同校を受験する理由を語った。

 同学園は、幼稚園から短大までの女子校だったが、2007年度から中高を順次、共学化し、理数系の得意な教員を外部から登用するなど理数を重視する「理数インター」コースを始めた。その結果、受験偏差値は30台から50台半ばまで伸び、出願者も07年度の467人から、この春は約3倍の計約1500人となった。40人だった定員も09年度には90人まで増やした。

 女子校だった東横学園中・高は、10年度に共学の東京都市大学等々力中・高(東京都世田谷区)を設置。学習の達成状況を確かめるテストを毎朝実施するほか、担任以外にも個別に学習指導を行うスタッフを置いた。英米の学校との連携など教育内容を一新しており、二瓶(にへい)克文教頭は「以前とは違う、次世代型の学校です」と語る。今回の出願者は定員140人に対し、4024人(1月31日現在)で、都内でもトップクラスだ。

 リニューアル校は、定員割れなどが続く女子校が共学化し、進学重視のカリキュラムの導入や、大学の付属学校になるなど大幅な改革を行うケースが多い。

(2013.2.1 読売オンラインから)


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 10:57│ 中学受験 
中高一貫3校の選抜検査に1245人 /群馬hotline学校分析  【東洋英和女学院中学部】