<教員免許法違反>必要免許持たず授業 長野の小中一貫校で【神奈川私学・制服の由来について】

2013年08月28日

<学力テスト>全国平均の差は縮小 「応用力」は依然低く

文部科学省は27日、4年ぶりに小学6年、中学3年の全員が参加した今年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)結果を発表した。
応用問題の正答率は依然低く、都道府県別正答率の上位と下位は固定化したままだったが、平均を下回った公立校でも、小学算数・国語などで全都道府県の正答率の全国平均との差が5ポイント以内に収まり、一定の底上げがされた。ただ、問題が難しいことを理由に無解答だった中学生の半数と小学生の4割が「問題文の意味が分からない」と答え、読解力の欠如も課題になっていることも分かった。

平均正答率は、

小学校が
国語A(知識を問う問題)62.9%
▽同B(応用問題)49.6%
▽算数A77.3%
▽同B58.6%、

中学校が
国語A76.8%
▽同B68.0%
▽数学A64.3%
▽同B42.4%

で、前年に続き、応用力を問うB問題に課題が見られた。


 全国平均に比べて公立校の正答率が5ポイントより大きく下回った都道府県は、小学校のすべての問題と中学校の国語Bでゼロになった。平均を大きく下回る都道府県はここ数年、減少傾向にあるが、小学校の国語・算数のすべてでゼロになったのは今回が初めて。中学校でもゼロの問題が出たのは初だった。文科省は「各自治体が努力した結果で、全体として底上げされている」と、手応えを感じている。

 また、生活習慣などを把握するための質問紙調査では今回初めて、無解答の理由を聞いた。

算数・数学では、小学生の73%、中学生の66%が「問題が難しかった」と回答。

そのうち、小学生39%と中学生51%が「問題文の意味が分からなかったから」と答えた。

中学生では、27%が国語の無解答の理由に「解答を文章で書く問題だったので」と答え、記述式の問題を苦手としていることが分かった。 

今回の学力テストでは、自宅での子供の様子や世帯の経済状況と学力との関係を考察するため「保護者に対する調査」も初めて実施された。来春に結果公表の予定。


(2013.8.27 毎日新聞から転載)



人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 09:56│ 統計・調査関連 
<教員免許法違反>必要免許持たず授業 長野の小中一貫校で【神奈川私学・制服の由来について】