慶大経済学部、秋入学コース開設へ…全授業英語開成高が学費免除制度 困窮世帯対象、受験前に申請可能

2014年04月22日

小中学校 広がるスマホ制限 「長時間使用は異常」「帰宅時安全確保は」首長も賛否

小・中学生のスマートフォン(高機能携帯電話)や携帯電話の使用を制限する試みが全国的に始まっている。

愛知県刈谷市が4月から午後9時以降の使用を禁止するよう各家庭に要請したのを皮切りに、横浜市や仙台市でも使用制限を呼びかけている。無料通信アプリLINE(ライン)などを使ったトラブルや生活習慣の乱れを避けるのがねらいで、他の自治体も関心を寄せている。


 刈谷市では市内全21校の小、中学校が保護者と連携して、
(1)必要のないスマホや携帯電話を持たせない
(2)有害サイトを閲覧制限する「フィルタリング」サービスを受ける
(3)午後9時以降は親が預かる-などを学校とPTAの連名で各家庭に要請。新年度から始めた。


 文部科学省の担当者は「地域で一律に使用時間の制限まで設ける試みは珍しい」としているが、同様の“呼びかけ”が各地に波及している。


 横浜市は全市立学校の保護者向けに、
(1)家族のいるところで使う
(2)食事時は使わない
(3)夜9時以降のメールはやめる-ことを明記したリーフレット32万部を配布。

仙台市も「スマホや携帯電話でメール、インターネット、ゲームなどをする時間が長いほど成績は悪くなっている」とする東北大学の研究者などの調査をもとに「1日1時間以内」と呼びかけている。

 埼玉県では5月以降、一部の県立高校をモデル校として、生徒を中心にスマホ使用のルール作りを行うことを決めた。


 一方で「あるものを『使わせない』という指導は難しいのではないか。トラブルを回避できるかは子供たちの自律にかかっている」(水戸市教委教育総合研究所の担当者)と、実効性に懐疑的な見方もある。


 首長の反応もさまざまだ。群馬県の大沢正明知事は「使用時間が1日5、6時間という子供もおり異常だ。学校だけの問題ではない。家庭と連携したい」とし、茨城県の橋本昌知事も「(刈谷市の)成果が現れれば市町村教委と一緒に弊害防止に努める」と前向きにとらえる。


 だが、埼玉県の上田清司知事は「禁止は現実的ではない。良い物を学ぶ手段とすることが大事」と規制には否定的。新潟県の泉田裕彦知事も「夜間における塾帰りの安全確保から、行政側が一律に制限を課すのはどうか」と指摘する。


 関心の高いテーマだけに、今後も各地で議論が活発化しそうだ。


人気ブログランキングへ    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 22:54│ 注意 
慶大経済学部、秋入学コース開設へ…全授業英語開成高が学費免除制度 困窮世帯対象、受験前に申請可能