「運動時間ゼロ」の割合が増える中学女子 体力向上に課題御三家の初日出願者数…女子学院で209名増

2015年01月19日

英語も選べる私立中入試、首都圏で倍増


大都市部を中心に、中学入試が1月中旬から2月にかけてピークを迎える。

 文部科学省が小学校の英語を教科化する方針を打ち出すなか、英語を入試科目に取り入れる私立中が増えた。知識量より「思考力」を問うとして、適性検査型の試験を行う中学も目立っている。

高校レベル出題「グローバル入試」も

 小学5、6年生で英語が教科化されるのは2020年度だが、英語学習への関心は高まっており、塾で学ぶ子も多い。中学入試の模試を行う「首都圏模試センター」(東京都)によると、帰国生枠以外で英語を入試科目とする首都圏の私立中は、30校を超える。約半数は今年から導入。希望者が選択して受ける方式が多い。

 
東京都市大付属中では今年、算数、作文と英語で選抜する「グローバル入試」を始める。若干名の募集で、英語教室で学習した子や、国内のインターナショナルスクール出身者らの受験を想定し、英検準2級(高校レベル)程度の出題を行う。「英語教育に関心が高い家庭が増える中、小学生時代に学んだ成果を生かしてもらえれば」と同校。入学後は外国人教師らの特別授業も行い、語学力向上を図る。


 横浜市の桐蔭学園中と桐蔭学園中等教育学校でも、今年から英語を導入。国語、算数、英語から2科目を選ぶ方式などを募集人員の2割程度の枠で行う。英検3級(中学卒業レベル)程度の内容で、英作文も出す予定。同校では「グローバル社会で活躍する人材に成長してもらいたい」と話す。東京都の山脇学園中も来年、英語、国語、算数で受験する枠を設ける予定だ。


思考力問う「適性検査型」も

 費用負担が少ない公立中高一貫校は、依然人気だ。東京都内では昨年志願倍率が5~11倍で、大手塾は今年も同程度と予想する。


 都立一貫校(10校)は今年から、共通問題を作成。個別に作文や資料の読解など、思考力を測る「適性検査型」問題を出してきたが、一部を共同で作成し、効率化や質の向上をめざす。


 適性検査型の入試を行う私立中も増えた。東京都の富士見丘中では今年から、思考力を問う試験で選抜する枠を設ける。「国の大学入試改革で、思考力や知識を活用する力が重視されるのを見据えた」と同校。


 公立一貫校志望者に受けてもらう狙いもあり、首都圏模試センターによると、横浜中や埼玉県の聖望学園など私立中約10校が導入し、今年は約40校で行われる。



昨年の首都圏受験率、19%で横ばい


 大手進学塾「日能研」(横浜市)が推計する首都圏の中学受験率(小学校卒業者に占める国公私立中受験者の割合)は、09年の21.2%をピークに低下傾向が続いた。昨年は19.0%と前年より0.1ポイント増えたものの、横ばいにとどまった。今年は東京都や神奈川県で入試が始まる2月1日が日曜日で、キリスト教プロテスタント系の女子校などが入試日を変更するため、難関校の倍率に影響しそうだ。

 
一方、兵庫県の大手進学塾「浜学園」によると、近畿圏の私立中学入試志願率は昨年9.0%。景気低迷の影響で12年以降低下が続き、「今年も同程度か下がる」とみている。福岡、埼玉県は1月上旬、大阪、京都府、千葉県などは1月中旬に入試を解禁。北海道では12月に始まった。東京や大阪に入試会場を設ける地方の私立中もある。



201501190001L




↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 22:16│ 中学受験 | 入試関係
「運動時間ゼロ」の割合が増える中学女子 体力向上に課題御三家の初日出願者数…女子学院で209名増