附属校の在り方など公立大学法人制度の改正検討…文科省【中学受験2016】1年間で倍増、首都圏64校が「英語入試」導入

2015年12月07日

教員にも“1人1台タブレット”、「iPad用業務アプリ」を作る中学校


“2020年までに1人1台のタブレット”――。そんなビジョンを文部科学省が掲げていることもあり、近年、タブレットを使ったIT授業を導入する学校が増えてきている。



 こうした学校では“小学校や中学校の生徒にタブレットを渡すと、授業中もそれ以外の時間も積極的に使ってくれる”という話をよく聞く。今ではむしろ、教える側がもっとタブレットに慣れる必要がある、という声もよく聞かれる。

 こうした背景から、1人1台のタブレット環境を生徒だけではなく、教員にも適用する動きもある。東京都北区にある私立中高一貫校、桜丘中学・高等学校もそんな学校の1つだ。同校は生徒に先駆け、2013年度に全60人の教職員に対してiPadを配備し(2014年に全生徒約800人に配備)、現在は学校説明会や入学試験の際にiPadを使っているという。

●「iPadのいい使い方はないかな」

 新しいツールやデバイスを与えても、使い道がすぐに出てくるわけではなく、結局使わずじまいに――。企業の導入でよく聞く話だが、桜丘中学・高等学校も同じような状況だった。40代以降の教員を中心にタブレットを触った経験がない人が多く、iPadをほぼ使わない教員もいたという。

 「iPadを多くの教員に使ってもらうにはどうすればいいか」。同校でICT推進を担当する西岡朱里さんは頭を悩ませていた。校務システムで使う方法も考えたが、当時はAccessでデータベースを構築したWindowsベースのシステムを使っており、iOSに対応すると多額の費用がかかることから、システム改修は現実的ではなかった。

 そんなときに副校長の品田健さんから「FileMaker」の存在を教えてもらった。同社のイベントで、FileMakerで作られた受付システムを見て、「学校説明会に使えるのではないか」と思い付いたのがきっかけだったそうだ。

 西岡さんがFileMakerを検討する中で注目したのは、多くのOSに対応する点だ。彼女は業務でMacを使うことが多いが、教師の多くはWindowsマシンを使っており、iPadにも対応させたい……これら3つのOS全てに対応するデータベースを作れる点が導入の決め手となった。

 もちろんシステム開発を外注する手もあったが、インハウス開発を選んだのは、“かゆい所に手の届く”アプリが作れるためだと西岡さんは話す。「外注すると業者側の仕様にユーザーが合わせる部分が出るのが一般的ですが、内製であればユーザーの声に合わせて柔軟に仕様を変更できます。また、学校独自の用語やフレーズが使えるのも大きなポイントです。自分たちが普段使っている言葉なので、アプリを見ただけで使い方をイメージしてもらえるのです」

 こうしてFileMakerでのアプリ開発を始めた西岡さん。彼女が最初に手掛けたのは、学校説明会用のアプリだった。

●学校説明会でFileMakerアプリケーションにチャレンジ

 同校の学校説明会は200~300人を超える受験生(とその親)が集まる一大イベントだが、中でも個別入試相談の対応に苦労していたという。複数の職員がさまざまな教室で面談を行うが、「各職員が大きなノートPCを持ちこみ、配線を整えるなどの準備に多くの時間がかかっていた」と西岡さんは言う。

 このシステムをiPadアプリにしたところ、運用が大きく変わった。教員はiPadだけを持って身軽に教室を移動できるようになり、配線などの準備も必要なくなったため、好評だったという。翌年からは面談の進行状況もiPadで共有されるようになり、待ち時間の短縮につながった。

 「今までは教室をのぞきに行かなければ状況が分かりませんでしたが、今ではiPadの画面を見れば状況が分かります。このようにスムーズに情報共有ができるようになるのがアプリ化のメリットですね」(西岡さん)

●リアルタイムな情報共有で業務がスムーズに

 少人数での情報共有で効果が上がり、手応えを感じた西岡さんは、より大規模な情報共有にチャレンジすることにした。それが入学試験での活用だ。

 受験生の基本情報や成績データの入力、入試当日の受験生の出欠管理、試験監督の配置や問題配布の確認、そして申し送りなど、入試で発生する作業は幅広い。桜丘中学・高校はこうした校務の大部分を紙で行っていた。「フロアに係を配備し、リレー式に各情報を伝達していました。とにかく学校全体がバタバタするあわただしい一日なのです」(西岡さん)

 わざわざシステムを作らなくても……と思う人もいるかもしれないが、同校は複数の建物が連なる複雑な校舎であるため、人の動きが見えにくく、情報共有が難しいのだという。

 こうした情報の共有をiPadのアプリで行えるようにしたところ、校内での動きが可視化されて一元管理ができるようになった。さらに2014年度の入試では、入試当日に加えて前日の会場設営の準備にもFileMakerアプリケーションを導入。徹底的にアナログな手段での伝達を減らし、作業の効率化を図った。

 「少しずるい考えかもしれませんが、入試関係の業務は全教員が携わることになるため、普段iPadを使っていないような人にも使ってもらえるチャンスになります。iPadの魅力を知ってもらい、他の場面でも使ってもらえないかという狙いもありました」(西岡さん)

 こうして校内のさまざまな問題をインハウス開発のアプリケーションで解決していったところ、最近では、教職員から「こういう問題ってFileMakerで何とかならないか」という質問が増えたという。iPadを使った業務効率化に対して、意識が高まりつつある様子がうかがえる。

●親しみやすくシンプルなデザインにこだわり

 西岡さん自身はデータベースに関する知識はほぼなく、Accessに詳しかったというわけでもない。参考書は2冊ほど買ったものの、後は触って覚えたりカンファレンスで講演者に質問したりしたそうだ。

 「プログラミングの知識が必要なく、日本語でアプリを作れるので“素人”でも作れるところはいいですね。一方で周囲にFileMakerについての知識を聞ける人がいなかった点は苦労しました。最初は本とネットぐらいしか頼るものがなく、途方にくれたときもありましたね」(西岡さん)

 ITに関する知識は少なかったが、美術を専門で学んでいたこともあり、デザインにはこだわって開発を進めた。まず、シンプルな画面構成で使いやすく、そして親しみやすい見た目にしようと心掛けたという。

 「業者に頼むとかっちりとしたデザインで出てくることが多いですが、ITが苦手な教職員でも“使ってみよう”と思えるように季節に合わせたデザインを入れたり、楽しい見た目にしようと工夫しました。また、操作を複雑にすると使う気が失せてしまうこともあるため、タブを使うような操作を避け、なるべくボタンを押すだけで操作が完結するようにしています」(西岡さん)

 また、教職員から改善点の要望が挙がれば、早めに対応をすることにしているという。桜丘中学・高校には左利きの教職員が多く、「左利き用の配置を加えてほしい」と依頼を受けたところ、すぐに左利き用の画面と切り替え用のボタンを配置した。このように、ニーズに対して小回りが利いた対応ができる点もインハウス開発ならではメリットといえる。

●インハウス開発の“課題”

 もちろん、インハウス開発自体にも課題はある。システムを開発する職員の負担が増えることだ。システム開発の専用スタッフがいれば問題ないものの、人員が限られた教育機関では教職員が通常業務と並行して進めざるを得ない。

 西岡さんは開発専任の職員ではない。特に最近はニーズが出てきたこともあり「並列でやるのは厳しくなってきた」という。iPadの利用が増えるにつれて、ヘルプデスク的な業務も増えることが予想されるし、独自で作ってきたアプリの仕様はどうしても引き継ぎがしづらい形になっている。通常業務とのバランスも含めて、こうした点が今後の課題になるだろう。

 それでも西岡さんは、今後もインハウス開発を続けていくと強調する。「教職員全員にiPadを活用してもらうというミッションは変わりません。今あるデータを取り込み、検索や共有できるようにすることで、問題を解決していく役割を追求したいと思っています。基本的にとても簡単な使い方しかしていませんが、iPad導入時と同様にあまり難しく考えずに“まずやってみよう”という意識で取り組むことが大事だと思っています。もちろん、人は増やしてほしいとは思っていますけどね(笑)」(西岡さん)


ITmedia エンタープライズ から転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 16:46│ 私立 
附属校の在り方など公立大学法人制度の改正検討…文科省【中学受験2016】1年間で倍増、首都圏64校が「英語入試」導入