関西

2019年04月09日

関西圏中学入試は女子校・附属校が人気、灘中は全国化へ


◆高まる私学志向

近畿2府4県の今年の中学入試を「規模」で振りかえってみると、近年にも増して私学志向が強まっていることが確認できます。近畿統一入試日である1月19日の午前の受験生は1万7008人で、昨年より412人増加しています。統一入試日の午前の受験者数が前年より増加したのは10年ぶりです。また、3年ぶりに1万7000人を超える結果となりました。

 少子化のなか、卒業予定の小学生の数が昨年から約3300人増加していることが大きな要因にあげられます。中学受験率(統一入試日の午前の受験者数÷卒業予定の児童数)でみると、今年は9.51%となり、昨年の9.45%から上昇しています。この中学受験率は2014年の8.91%から5年連続で上昇しており、中学受験の段階での私学志向が強まっていることを示しています。

 全日程での総志願者数をみると、昨年より2837人増と大幅に増加しました。近年、人気校が新たに午後入試に参入し、受験機会が増えていることも影響しています。また、私学への進学を前提とした併願受験が定着してきたことも増加の要因にあげられます。1人あたりの平均出願数は今年は3.3校となり、14年から比べて0.5校増えています。

 地域別に見ると、統一入試日の午前の入試で最も増加したのが兵庫で、京都、奈良がこれに続きます。昨年増加した大阪は予想に反して減少していますが、午後入試や後期入試などでは大幅に増えた学校もあり、全日程ではほぼ昨年並みでした。


◆女子校人気復活の兆し

今年の入試の大きなトピックの一つに、女子の受験者増があげられます。

 最も女子の受験生が増えたのは兵庫で、女子校だけの統一入試日の午前の受験者増加数が105人となっています。中でも大きく増えたのが、神戸海星女子学院の156人で30人増、神戸国際も52人で30人増です。神戸海星女子は入試科目の変更で受験しやすくなったこと、神戸国際は秀でた英語教育・国際教育が注目を集めたことなどが理由にあげられます。

 女子校だけに限らず、白陵、須磨学園、関西学院などの共学校でも女子の受験生が増えており、兵庫の統一入試日午前の受験者の増加数321人のうち、女子の増加数は推定で200人を超えています。

 20年以降の大学入試改革やその先の社会で必要とされる力を身に付ける環境として私学志向が高まっていますが、女子児童の保護者にその傾向が強いようです。

 兵庫以外でも例年より受験生が増えた女子校は多いです。大阪の四天王寺、帝塚山学院、京都の同志社女子、奈良の育英西がそれにあたります。兵庫では上にあげた2校以外にも微増している学校が多いのに対し、その他の府県では人気が偏っています。

 近年やや減少傾向にあった女子校が増加の気配を見せているのは、個性ある女子教育のその中身が再評価されているからでしょう。次年度以降も続く傾向なのか、その動向が注目されます。


◆際立つ関関同立系付属校の人気

 二つ目のトピックは、数年前から続く大学付属校人気がさらに加速したことです。中でも関関同立系付属校(関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学の系列校)の人気は際立っており、入試もやや難化傾向にあります。

 大学付属校人気には三つの要因があげられます。一つ目は、大学入試改革を見すえて早い段階から大学までつながる環境を選択したいと考える保護者が増加していることです。保護者自身が経験してきた大学入試とは異なることに不安を感じるからでしょう。二つ目は、これから必要とされる新時代に向けた新しい取り組みが、これまで大学付属校が実践してきた内容に近いものが多く、その教育内容へ期待が高まっていることです。三つ目は、大学入試の定員厳格化の影響で人気の私立大学の難度が急上昇しており、中学から入学させておいたほうがいいと考えられていることです。

 具体的に数字で各校の人気ぶりを紹介します。関西学院大学の付属校3校と立命館大学の付属校3校はそろって受験生が増えました。全日程の合計で、関西学院が318人で33人増、啓明学院が456人で77人増、関学千里国際が91人で30人増、立命館が722人で47人増、立命館宇治が415人で51人増、立命館守山が466人で126人増という結果でした。

 同志社大学の付属校では同志社女子と同志社香里が、昨年よりもさらに受験生を増やしています。同志社女子は861人で151人増、同志社香里は1175人で97人増という結果でした。

同志社(京都共学)と関西大学の付属校3校(関西大学第一・関西大学中等部・関大北陽)は、昨年大きく増やした反動もあり、少し減少しましたが、多くの受験生を集めています。

 上記の各校で実施しているオープンキャンパスの5年生以下の参加人数が年々増加していることからも、今後この傾向が続くと予想されています。


◆灘中入試の全国化

 全国屈指の難関進学校の灘中入試について触れておきます。灘中に多くの受験生が集まることはトピックではありませんが、出願状況を細かく見てみると全国規模で受験生が集まっていることが分かります。15年入試の612人から19年入試の731人へと出願数が119人増加していますが、このうちの82人が首都圏からの受験生です。19年入試の出願数の割合を地域別にみると、関西圏が約50%で、半数は他地域という状況です。中でも首都圏からの出願は26.4%と年々増加傾向にあります。


◆多様化する中学入試

 近年、「英語入試」「適性検査型入試」といった新タイプの入試が増えています。

 「英語入試」を実施したのは34校。国語・算数に追加する学校や、英語がメインの学校などさまざまな形で実施されています。英語で受験できることが浸透してきたこともあって、英語のみで受験できる学校は受験生が増えています。また、英検優遇制度(英検資格を持っていたら加点)の学校も増えており、よく調べておく必要があります。

 「適性検査型入試」は17校で実施されています。その多くは、国立や公立中高一貫校との併願受験を期待して実施されています。兵庫の神戸大学附属中等教育学校、京都の西京高校附属中学校や洛北中学校、滋賀の県立守山中学校がこれにあたります。

 教科横断型の入試やプレゼン入試、首都圏で話題となった1教科入試などが次年度以降の入試で増えてくることが予想されます。教科学習をベースに受験準備を進めながら、我が子に最も合う受験方法を検討していくことが大切です。最新の入試情報に注意しておきましょう。



読売オンライン から転載




↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』




wakabanavi01 at 01:30|Permalink

2017年08月15日

超名門校、洛北・西京附中の適性検査、「こだわり」とその理由


入試問題。

それはただ問題を並べただけのテストではありません。出題する学校の理念、言いかえれば「こんな生徒に入学してほしい!」という強いメッセージがこめられています。小学校入試から大学入試まで同じことがいえるでしょう。出題する先生がたは、建学の精神・理想の生徒像を常に念頭において、受験生の想像をはるかに超える時間と労力を費やして入試問題を作成しているのです。

千年の都、京都で圧倒的な人気を誇る洛北高校附属中学校、西京高校附属中学校。
2校とも適性検査といわれる入試問題への「こだわり」がしっかりとあり、先生がたの情熱がひしひしと伝わってきます。そしてそれは、算数のような一見無味乾燥と思える科目でも顕著にあらわれているのです。
洛北・西京附中の専門塾、進学館プライベートスクールの中井基臣が、算数の入試問題を通してぜひ参考にしてほしい、究極の入試問題対策をご紹介します。


洛北附中の「こだわり」は立体図形にあり

実は、洛北高校は日本でいちばんノーベル賞受賞者を輩出している超名門校です。(湯川秀樹氏、朝永振一郎氏の2名がご出身です)「洛北サイエンス」と呼ばれる“本物にふれる教育”を基本コンセプトにしており、企業・大学・研究所と連携して専門家の指導を受けたり、直接施設で体験・実験したりする科学的な学びを重視しています。文部科学省からSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定も受けており、どちらかといえば理系を重視した学校といえるでしょう。

その洛北附中が入学適性検査で強くこだわっているのが立体図形。2017年度入試では、5題の大問のうち、なんと2題も立体図形に関する問題が出題されました。同校が立体図形の問題で受検生に求めているのは、見えないところを想像する力、細部まで考える力、変化をとらえる力、正確に作図する力などです。知識やパターンに頼らない、本物の思考力・・・と呼ばれるものです。ちなみに、中学受験の最高峰といわれている灘中でも、算数の入試問題で立体図形が毎年のように出題されています。(それも1題ではなく複数!)

算数・数学の華である立体図形。来年以降も出題は必至です。洛北附中をめざす小学生は、入念に立体図形の勉強をしておきましょう。オススメの学習方法は、問題を解くときに必ず「作図をして取り組む」ようにすることです。図を描くことによって、立体図形の構造が本質的に理解できるようになります。


西京附中の「こだわり」はデータ分析にあり

今や、洛北附中と並ぶ勢いの人気を誇る西京高校附属中学校。この学校もまた、算数の入学適性検査で強くこだわっているものがあります。それはデータ分析の問題。時事的な要素もからめ、資料を読みとる問題は、西京附中の十八番です。2017年度は「海外旅行でいくらお土産に使うか」というデータから出題、その前年は「図書館の利用者数と貸し出し冊数」のデータから、さらにその前年は「京都市に宿泊した外国人客数」のデータから出題、といった具合です。

西京附中が受検生に要求しているのは、グラフの読み方、数値を正確に扱うことのできる計算力、資料中の数字がもつ意味を正しく判断する力、などです。そもそも同校は「エンタープライジング(進取の気性、冒険心)」を校是に掲げており、社会のあらゆる事象に対する分析力や自己決断力を備えたリーダーの養成を理想としています。さらにいうと、西京高校はもともと商業高校からスタートしており、情報処理については元来こだわりをもっている学校なのです。そう考えれば、毎年データ分析の問題が出されるのは当然だといえるでしょう。

狭き門の西京附中ですが、この学校をめざす小学生はぜひ、グラフ(特に数値表、円グラフ、帯グラフ)、割合の計算にたっぷりと練習時間を割くようにしておきましょう。


究極の入試対策とは?

冒頭で述べたとおり、入試問題にはどの科目においても、その学校の理念が必ず反映されているものです。そして、この傾向は、特に伝統校、名門校、難関校に色濃くあらわれています。まずは、過去問を徹底的に分析し、研究することこそが、合格への第一歩です。敵を知り己を知れば百戦危うからず・・・、究極の入試対策は過去問にあり・・・というわけです。

ただ、中学受験の場合、小学生が過去問を解いて傾向を分析するのはほとんど不可能です。これは、おうちのかたや塾の先生など、大人の役割です。実際に過去問に取り組むことによって得られる情報には計り知れない価値があります。めざす学校の入試問題への「こだわり」を発見することができれば、効率的で無駄のない受験勉強を子供に明示することが可能になるからです。これはとても大切なことです。

中学受験を志す小学生の保護者の皆さま。お子さまの志望校が決まっていれば、その学校の過去問に取り組んでみてはいかがでしょうか。お子さまと一緒に戦ってあげることで、家族の絆・団結力が深くなれば、実にすてきだと思いませんか。

ベネッセ 教育情報サイト から転載



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』





wakabanavi01 at 14:47|Permalink

2015年09月24日

<転校制限>大阪府内の私立高でも


西日本の私立小連合会が児童の転校を制限し、公正取引委員会から独占禁止法違反の恐れがあると警告された問題で、大阪府内の私立高が加盟する団体でも生徒の転校を制限する規定を設けていたことが、私学関係者への取材で分かった。団体側は実際に転校を拒否した例があるかについて「把握していない」とするが、識者からは規定があること自体、「子どもの学校選択の自由を奪う」と批判の声が上がっている。

 ルールを設けていたのは、府内の私立高102校が加盟する「大阪私立中学校高等学校連合会」(大阪中高連)。毎日新聞の指摘を受け、今月14日に撤廃した。

 大阪中高連の説明によると、規定を設けたのは1997年で、「原則として大阪府内の私立高校間での編転入は行わない」としていた。例外として、いじめなどで転校を余儀なくされている▽通学している学校の校長が転校に同意し転校先に要請している--などの要件を満たした場合に転校を認めた。この取り決めは、ホームページや加盟校向けの資料に掲載していた。

 大阪中高連は、いじめ問題に対応するため、転校のルールを明文化していたと釈明。その際、転校を制約した理由について、松藤吉弘事務局長は「私学は以前から慣習的に転校を認めてこなかった。運動部の優秀な選手の引き抜きを止めようという考え方があったのかもしれない」と話す。一方、「連合会の役員はルールがすでに崩れていると思っていた。実態と異なる規定が残り、誤解を招く恐れがある」として、制限を撤廃したという。

 私学間の転校を巡っては、公取委が6月、西日本私立小学校連合会など4団体が近隣府県の加盟校間の転校を原則認めないと決めたことが独禁法(事業者団体による競争制限)に違反する恐れがあると警告。これを受け、文部科学省は今月、都道府県に対し、私学団体が同様の規定を設けないよう指導することを要請している。

 ◇転校の選択肢を奪うのは人権侵害

 教育評論家の尾木直樹氏の話 生徒を転校させないのは経営目的に過ぎない。生徒は学校が合わなければ不登校に陥る可能性もあり、転校の選択肢を奪うのは人権侵害だ。


(2015.9.24 毎日新聞から転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 13:34|Permalink

2015年07月08日

学テ内申活用に文科省「NO」…広がる衝撃 大阪府教委の対応に不満も


大阪府教委が全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の学校別結果を来春の高校入試の内申点評価に活用する方針に、「趣旨を逸脱している」と文部科学省の専門家会議から「NO」を突きつけられた。衝撃を受けた府教委は8日朝、緊急の幹部会議で今後の対応を協議したが、今からの方針変更は受験生に混乱を与えかねないとして、来春入試の活用については文科省に理解を求めていく構えだ。一方、学校現場や生徒、保護者らからは府教委の腰の定まらない対応に不満の声が上がっている。



 ◆緊急幹部会議 

 「事前に文科省とも協議を重ねている。専門家会議が、ここまで踏み込んだ意見を出すとは思わなかった」。府教委の関係者は戸惑いを隠さない。

 7日の専門家会議で府教委の方針に反対意見が相次いだことを受け、府教委は8日朝、緊急の幹部会議を開催。専門家会議に出席した担当者が報告を行い、今後の対応について協議した。

 しかし、各中学校はすでに保護者や中3生に学力テストの活用を説明しており、今から内申点評価の方法を見直せば生徒や教員らへの影響は計り知れない。

 府教委の向井正博教育長は「専門家会議のメンバーとオープンな場で議論したい」と述べ、学力テストの活用方針は撤回せずに文科省側に理解を求めていくという。



 ◆「早く決めて」 

 専門家会議の意見を踏まえ、文科省は来年度以降の学力テストの実施要項などを見直し入試への活用を原則禁じることを検討する。

 一方で今年度の学力テストは4月に実施済みで、受験生の混乱を避けるためにも、来春入試に限って活用を認める可能性もある。

 8月中に文科省は方針を決めるとみられるが、大阪市内のある中学校の教頭は「方針が定まらないと、一番被害を受けるのは子供たちだ。早く決めて、子供たちを振り回さないようにしてほしい」と訴える。

 

◆先行き不安 

 府教委は、来春の高校入試で使われる内申書から、生徒ごとに目標の到達度をみる「絶対評価」を導入。学校によって評価にばらつきが出る恐れがあるが、府教委は当初、内申点評価の統一的な「物差し」を設けるつもりはなかった。だが評価の公平性を求める大阪市教委の反発を受け、4月の学力テスト実施直前に学校別結果を内申点評価に活用する方針を決めた。

 府北部の中学校の校長は「入試への活用は、学力テストの趣旨から外れているのは明らか。大阪市教委と時間をかけて協議すべきだったのに、府教委の判断は拙速だったと言わざるを得ない」と批判。中3の息子を持つ大阪府東大阪市の男性(42)も「府教委と市教委の対立なんて子供には関係ない。大人の事情で入試制度をコロコロ変えないでほしい。子供がかわいそう」と憤った。来年度以降の入試については先行きはまったく見通せず、府南部の中1の女子生徒(13)は「受験するころに、どういう入試の仕組みになっているのか不安だ」と話した。


(2015.7.8 産経新聞から転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 17:22|Permalink

2015年01月28日

関西各塾が合格実績速報を公開、灘中合格者数は浜学園が1位か

 1月17日に解禁となった関西の中学受験、浜学園・希学園・日能研・馬渕教室は、各塾の合格実績速報を公開している。27日19時現在の速報値では、浜学園の灘中合格者数が90名、次に合格者が多い日能研の2倍となった。

 公開されている塾別の合格者数を見ると、募集定員180名の灘に対し、浜学園の合格者はもっとも多い90名、日能研が45名、希学園が32名、馬渕教室が24名だった。また、四天王寺中では、245名の募集定員に対し浜学園が98名、馬渕教室が81名、日能研が58名、希学園が44名となっている。

 なお、各塾は合格速報を随時更新しており、今後も追加合格者が発表される見通し。また、27日19時現在、能開センターの合格実績はまだ公開されておらず、合格者数が判明次第特設ページにて紹介される予定。各塾の前年度の実績と比較すると、灘中の合格者数は浜学園がもっとも多くなるようだ。


2015012701
※2015年1月27日19時現在 の間違いだと思われます。


(2015.1.27 りせまむから転載)



↓↓ 情報収集にご活用ください ↓↓

       人気ブログランキングへ        
 

中学受験情報・私立中学校情報満載! 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』

有名幼稚園情報が満載 『幼稚園受験.com』

子育て・育児情報は 『キッズライフなび』



wakabanavi01 at 02:02|Permalink