法政大学第二中

2011年11月13日

法政大学第二中学校

法政大学第二中学校 説明会レポート

日時: H23年11月12日(土)10:00~  晴れ

参加者数:約600名

配布物: 説明会資料、入学試験要項、学校案内、願書、入学試験問題の出題のねらい


内容
◆10:00~10:06  榎本勝己校長先生の挨拶
・2016年度入学者から、中高同時共学化
1クラス20人ほどの少人数教育実施

・2016年度に新校舎完成予定
グランド全部を人工芝化する計画

◆10:07~10:20  教務主任 アイダ先生から「教科教育について」
・高校は73年目、中学校26年目を迎えました。
・高校は約1600名、12クラス  中学は約600名、5クラス

・高い学力をベースに、幅広い知識・教養を獲得することを基本に、受験勉強に偏らない、大学付属校ならではの豊かな体験学習や調査研究活動を通じて、自ら考え・学び・判断し・意思決定を行える人材、そして、職業をはじめさまざまな社会活動に対して、主体的に目標・目的を定め、社会に働きかけていくことのできる人材の育成をめざしています。

○高い学力と知識の獲得
中高6年間を通じて、高い学力の完全習得を目指します。
・週6日34時間のカリキュラム
・朝の時間
  ・・・毎日、1時間目が始まる前に、主要五教科の小テスト形式や課題形式で、毎日の学習状況を点検します。
・火曜日は「学習の日」。 クラブ活動なし
  ・・・火曜日の放課後は、各教科の補習などのための時間として活用。

・数学、分割授業
・理科、毎週1回の実験あり
・英語、少人数授業 ネイティブ教師

○英語教育について
・中3修了時点で、英検3級取得、大学進学までにTOEIC Bridge150点~160点以上を最低目標に
・英語分割授業の実施
・外国人教員による授業
・英語合宿(中1~2)


◆10:21~10:40   高橋先生から「生活指導について」
・豊かな自主活動
 真のリーダーシップを育てる

・豊かな体験学習
 たくさんの行事を通して、様々な体験をし豊かな人格の形成を目指す。

・行事の紹介
 2大行事は、体育祭と文化祭

・部活について
 週3~5日活動。約70~80%の生徒が参加している。
 文科系5、運動系6、中高合同の部も8つあります。

○進路について
・第二高校への進学
第二中学から第二高校への進学は、学校が定める成績水準に達したものは、生活上などの問題がない限り、全員が進学できる。
 毎年ほぼ全員が進学している。
 他の私立高校を受験する場合は、第二高校への進学の権利は失います。
 国公立高校を受験希望する場合は、進学の権利を維持したまま受験することができます。

・法政大学への進学
第二高校から法政大学へは、学力評価、TOEIC Bridge、国語基礎力確認テストなどを取り入れ、これらを含め、高校時代の学業成績が一定の段階に達した生徒は、法政大学への被推薦権が得られ、法政大学のいずれの学部に進学できます。ほとんどの年で、80~90%の生徒が法政大学に進学しています。

・多様な進路
高校3年生で、進路要求別に、法政大学文系クラス、法政大学理系クラス、センタークラスを設置しています。


◆10:40~10:52
高校生徒会長、法政大学1年生(中高卒業)の2名が学校紹介


◆10:53~11:05   望月先生から「入試について」
・募集人数は 男子190名
第1回 2/2 110名
第2回 2/6 80名

・願書受付は、「第1回のみ」、「第2回のみ」、「第1、2回併願」の種類が、どの申し込み方をしても有利・不利はありません。
第1回の結果を待って、第2回を申し込んでも結構です。不利にはならないので気にしないでください。

・昨年度入試結果
第1回 志願者591名  受験者504名  合格者166名 
     合格最低点219点(350点満点)  入学者111名

第2回 志願者675名  受験者495名  合格者126名 
     合格最低点205点(350点満点)  入学者85名

・合格点は220点前後。全体の63%
足きりなし。合計点のみで判断。
目標は230点。65%をめざして欲しい。

全体会は終了


◆11:06~
・校舎見学
・個別質問
 
☆備考
受付票なし。
子どもは体験授業へ。 12時頃体育館に戻ってくる。
席は前から順番につめて座る。
ラフな格好の方がほとんど。
説明会前に学校の様子を説明するDVDが流れていた。


☆所感
2016年度男女共学化、2016年新校舎完成など、大きな変化が今後予定されていてどのような学校に変わっていくのかが楽しみな学校。
大学附属校として、中高6年間のゆとりある時間の使い方を魅力的に感じる家庭も多いでしょう。
大学への進学が毎年80~90%というのも、安心材料の一つ。
この説明会において、「週1回必ずある理科実験」、「生活について、問題のある生徒には厳しく対処していく」ということが印象に残りました。
余談ですが、説明会会場の天井には、ボールがぶつかってあいたのか、穴が多くあり、破片なども見え少し怖かったです・・・


いつもご愛読ありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ   人気ブログランキングへ

中学受験情報満載 『中学受験わかばナビ』

小学校受験ポータルサイト 『小学校受験新聞』


wakabanavi02 at 15:12|Permalink