今晩(2015年4月4日)配信した「メルマガ金原No.2050」を転載します。

5月3日は各地の憲法集会に!~和歌山市は“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015”

 「戦後70年」の今年、新たな内閣総理大臣談話(安倍談話)がどのような内容になるのかとアジアや世界の注目が集まる一方、1947年5月3日に施行された日本国憲法は、憲法尊重擁護義務を負う内閣総理大臣が率先して改憲に意欲を示すという異様な(あり得ない)状況の中、間もなく68回目の「誕生日」を迎えます。
 この憲法が「自分たちの憲法」であるという自覚を持ち、大切に活かしていこうという人たちは、今までにない危機感を募らせながら、今年の5月3日を迎えることになります。
 時あたかも、昨年7月1日の閣議決定(国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について)を具体化する安全保障関連法案(戦争立法)が国会に上程される直前でもあります。
 これまでゴールデンウィークの真ん中ということで、家族で行楽に出かけたり、自宅で休養したりしていた方も、今年ばかりは「憲法」に思いを馳せ、出来れば一歩行動に踏み出してみませんか?
 5月3日の憲法記念日、全国各地で様々な催しが開催されるはずです。そのどれでもいいので(改憲派の集会はやめておいた方がいいと思いますが)、是非参加してみてください。一緒に行ってくれる家族や友達がいれば一層心丈夫ですね。

 今年の5月3日、東京(関東)では新たな動きがあります。
 従来、憲法記念日には、5・3憲法集会実行委員会が主催する集会と、平和フォーラムが主催する集会が別々の会場で開かれてきました。言ってみれば、原水協と原水禁の憲法版のようなものでしょうか。
 それが、「ようやく」と言うべきでしょう、統一集会が行われることになったのです(会場は横浜みなとみらい地区の臨港パーク/チラシ)。
 以下に趣意書の一部を抜粋します。

(引用開始)
 わたしたちは1月6日、さまざまな課題にとりくんでいる主なネットワークを中心に、「平和といのちと人権を!5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」実行委員会を発足させました。
 これまで東京では、5月3日の憲法集会は、超党派の市民団体や労組が参加する「5・3憲法集会実行委員会」が開催する集会と、平和フォーラムが主催する集会の二つが別個に行われてきました。しかし、安倍政権の憲法無視・破壊の暴走がつづき、さらに加速しそうな情勢に立ち向かうため、大きな共同で「5・3憲法集会」を開催すること、そこに平和やいのちや人権の問題で発言し行動する人びとや団体の結集を実現することで意見が一致し、新たな「5・3憲法集会実行委員会」の結成に至りました。
(略)
 この暴走にストップをかけるために、広範な世論とそれを支える人びとの声と行動を強く大きくしなければなりません。実際、9条改憲や集団的自衛権行使、原発再稼働、消費税増税、TPP、辺野古新基地建設やオスプレイの配備などには、世論の多くが力を合わせて反対しつづけています。
 わたしたちは、これらの声を行動として結集し示すため、今年の5・3憲法集会を「平和といのちと人権を!5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」[5月3日(日)13:00~15:30/横浜みなとみらい・臨港パーク(予定)]として取り組みます。万単位の参加者をめざし、4月には全国紙に全面広告を出すことも企画しています。
(略)
「平和といのちと人権を!5・3憲法集会~戦争・原発・貧困・差別を許さない~」実行委員会
(引用終わり)

 正直、「今頃“大きな共同”って、遅いだろう!」と思わないではありません。本来なら、自民党・日本国憲法改正草案が公表され(2012年4月)、第二次安倍晋三内閣が発足した(同年12月)後の2013年5月3日には共同開催していて然るべきであり、仮に準備(根回し)のための時間が足りなかったとしても、どんなに遅くとも2014年の憲法記念日には「大きな共同」が実現していなければならなかったはずです。そして、その成果を踏まえ、今年の5月3日には「穏健な保守派」との目に見える「共同」を実現するということが大きな目標となっていなければならないタイミングでしょう。
 ・・・と、外野からなら何とでも言えるのですが、和歌山限定の「小さな共同」ですらなかなか進まない実情を少しは知っている身としては、これ以上文句をつける訳にもいきません。
 遅くても何でも、とにかく一歩前進には違いありません。
 是非とも会場に入りきれないほどたくさんの人々に結集して欲しいと心から願いっています。

 さて、それでは私は5月3日にどうするのかと言うと、和歌山市で開かれる集会に参加します。
 昨年に引き続き、和歌山城西の丸広場を会場として、“HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015”が開かれるのです。

HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015
日時 2015年5月3日(日・祝)
   午前10時から午後4時ころまで
場所 和歌山城西の丸広場(和歌山市役所向かい)
主催 HAPPY BIRTHDAY 憲法 in Wakayama 2015実行委員会
お問い合わせ 
 トライ法律事務所 
 和歌山市十番丁12番地 十番丁ビル4階 電話:073-428-6557

HAPPY2015 昨年は、「憲法9条を守る和歌山弁護士の会」と「9条ネットわかやま」が共催し、さまざまな団体・個人に参加を呼びかけるという方式でしたが、今年はその2団体に加え、「憲法九条を守るわかやま県民の会」と「戦争をさせない和歌山委員会」にも加わってもらい、実行委員会方式で開催することになりました。
 ・・・ということだと思うのですが、私自身、実行委員会の会議に毎回出席できている訳ではないので、やや自信を持てない部分もありますが、多分、大筋はこれで良いはずです。
 昨年も、「県民の会」や「和歌山県平和フォーラム」(「戦争をさせない和歌山委員会」が発足したのは昨年6月だった)にはブース出展など、いろいろと協力していただいたのですが、今年はともに実行委員会に加わっていただくことにより、和歌山での「共同」を一歩でも進めたいという目論見もあってのことだったはずです。

 既にチラシも出来上がり、本格的な広報を始めています。
 「9条ネットわかやま」ホームページに掲載された情報によると、
☆風船の配付 
☆もちまき
☆きいちゃんもお祝いにかけつけます!
という3大アピールポイントの他に、
スーパーボールすくい、わなげ、プラバン、フリーマーケット、無農薬野菜販売、雑貨販売、かすうどん、焼き鳥、たこ焼き、コロッケ、みるくせんべい など(2015/4/2現在)
というブース企画が紹介されています。
 この内、「プラバン」は和歌山県教職員組合(全労連系)、「かすうどん」は和歌山教職員組合(日教組和歌山)だと思います。この2つの組合がともにブースを出展するのは、“HAPPY BIRTHDAY 憲法”くらいかもしれません。昨年は、和教組が西側ブースのほぼ北端、日教組和歌山が東側ブースの南端でしたが、この位置関係を見た私は、「いっそ隣り合ったブースにすれば良かったのに」と思ったものでした。さて今年は?

 ここで、3大アピールポイントについて簡単にコメントを。
 
☆風船の配布
 昨年に続き、希望者に特製風船をプレゼント。手を離せば空に舞い上がるように(?)ヘリウムガスを充填します(このために費用がかかる)。

☆もちまき
殺気立つ餅まき 他県がどうかは知らないのですが、和歌山県民が「もちまき」大好き県民であることは疑いをいれません。仮に「もちまきは~時からです」というアナウンスをしていない場合でも(昨年がそうでした)、開始前にはどこからともなく現れた善男善女がステージ前にぎっしりと詰めかけます。
 今年も、当たり券入りの餅を拾った人に景品を進呈すべく準備するという話です。

☆きいちゃんもお祝いにかけつけます!

 和歌山県外の人は、「きいちゃん」と聞いても何のことか分からないでしょうが、「きいちゃん」というのは今年開催される「2015紀の国わかやま国体」のマスコットキャラクターを務める紀州犬です。結構可愛いでしょう?
 ただし、公式プロフィールを読んでも「性別」は書かれていません。
 なお、きいちゃんは、午前、午後、各30分の登場だそうです。
     
 この他にも、楽しいステージ企画も盛り沢山(「やる」「やらない」と揺れていた西郷章さんのドジョウスクイも実現の方向とか)、是非みんなで誘い合ってお越しください。

 以下に、昨年のイベントの模様を写真付きでレポートした私のFacebookの記事にリンクをはっておきます。「公開」設定にしてありますので、どなたでもご覧になれるはずです。雰囲気を感じ取っていただければと思います。
 願わくは、昨年と同じ好天に恵まれますことを!

(付録)
「世界」 作詞・作曲:ヒポポ田 演奏:ヒポポフォークゲリラ