2017年9月14日配信(予定)のメルマガ金原.No.2935を転載します。
 
「安倍9条改憲NO!」のために「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」はまだまだ頑張ります
 
 集団的自衛権の行使を容認する閣議決定が近いのではと観測されていた2014年6月23日、急遽しつらえた「憲法の破壊を許さない!集団的自衛権容認 反対!憲法9条を守る和歌山弁護士の会」という文字が躍る横断幕を先頭に、160人の市民が参加して、第1回「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」が行われました。
 その後、2015年2月のみ、和歌山弁護士会が同一時間帯、同一コースで、「集団的自衛権行使容認に反対するアピールパレード」を実施することになったため(これを企画した当時の憲法委員会委員長は私でした)、参加メンバーの多くがかぶるという事情もあり、お休みしましたが、それを唯一の例外として、毎月必ず実施してきた「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」、今日(2017年9月14日)が、回を重ねて39回目のランチTIMEデモでした。
 
DSCN1893 人数だけの問題ではありませんが、今日の参加者は70人で、第1回の時の半分にも足りません。もっとも、先月(8月10日)は、酷暑に見舞われ、炎天下でのデモとなったことが災いしてか、参加者50人で、これまでの最少記録を更新しましたので、それに比べれば、秋風も立ち始め、少しは回復傾向を見せているとも言えますが、主催団体(憲法9条を守る和歌山弁護士の会)会員の弁護士が6人しか参加していないことも含め、態勢の立て直しが急務であろうと思います。
 
 私は、毎月の「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」については、写真付きでFacebookに投稿することにしており、今日のデモについても既に投稿済みです。
 けれど、Facebookだけではなく、このブログでも「ランチTIMEデモ」を取り上げようと思ったのは次のような理由によります。
 Facebookにも書きましたが、今年の5月3日に顕在化した「安倍9条改憲」の危機は、東京都議選での自民党の敗北によっても、少しも去ってなどいません。代表選前後からの民進党の状況を踏まえれば、危機は一層深化していると言っても良いでしょう。健康問題を含め、安倍首相退陣の可能性が高まれば高まったで、衆参両院で改憲勢力が2/3以上の議席を確保しているうちに、何が何でも改憲発議をという政治的圧力が高まるでしょうし、走り出してしまった機関車にブレーキをかけるだけの理性と能力が自民党に備わっているかも疑わしく、場合によっては、「安倍なき安倍9条改憲」という事態もあり得るという想定が必要なのではないかと考えられます。
 「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」や「九条の会」が「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」を立ち上げ、「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)をスタートしたのも、そのような危機感と情勢認識の結果によるもののはずです。
 まさに、今こそ、従来からの運動の成果を踏まえつつ、そこから一段も二段も飛躍した大きなうねりを巻き起こすべき時期だと思います。
 
 これからの私たちの運動について、9.8キックオフ集会において、「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」共同代表の小田川義和さんは、①3000万人署名達成、②大規模集会の開催(東京で全国で)、③学習会・講演会・街頭宣伝などの多様な取組を「行動提起」されました。
 また、昨日のブログでご紹介した「九条の会事務局」から全国の「9条の会」への訴えは、①全ての「9条の会」が学習会を持つ、②3000万署名の達成、③それぞれの地域で他団体と協力し合って市民アクションを立ちあげ共同の輪を広げる、ことを呼びかけています。

 私たちが、2014年以来、毎月続けて来た「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」も、このような情勢の下、さらにパワーアップし、より多くの方に参加いただくことにより、「安倍9条改憲NO!」を一層アピールする有力なツールにしなければと思います。
 そして、月に1回の「ランチTIMEデモ」だけではなく、もっと多彩な人々が、様々な団体が、色々な場所で思い思いのアピールを(デモでなくてもよいけれど)企画・実行するのが理想でしょう。
 安保法案(戦争法)制定阻止の闘いに比べ、市民の側の盛り上がりがいまひとつではないかと懸念する声も聞こえてきますし、正直、同じ心配を和歌山の地で感じることも事実です。私が、「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」の参加者数にこだわるのも、そういう背景があってのことです(それにしても、弁護士の参加が6人だけというのはないよなあ)。
 
 最後に、年内の「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」の日程を書いておきます。
  第40回 2017年10月11日(水)
  第41回 2017年11月15日(水)
  第42回 2017年12月8日(金)
 いずれも、正午に和歌山市役所前集合、12時20分にスタートし、約15分の行程で、ゴール地点京橋プロムナードで流れ解散です。
 多くの方のご参加をお待ちしています。
 
(付記)
 上でもご紹介した「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」9・8キック・オフ集会の最後で「行動提起」をされた小田川義和さん(「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」共同代表)が、9月17日(日)午後1時~、憲法九条を守るわかやま県民の会主催の集会に出席するため、和歌山市中央コミセン(3F)に来られるということを、今週になって知りました。今日の「ランチTIMEデモ」の出発前に「県民の会」の事務局長と少し話をしたところでも、どうやら「県民の会」傘下団体の意思統一を図ることが主目的の集会のようでした。せっかく、総がかり行動実行委員会の共同代表が和歌山に見えるのですから、この機会に、県下の9条の会に案内を出し、可能であれば是非参加して欲しいと呼びかけるべきだったと思うのですが、まずは内部を固める方が先という判断なのでしょうか。もったいない、と正直思いますよね。
 私は、全然呼ばれていませんが、勝手に17日に中央コミセンに押しかけようかとも思います。もっとも、台風が直撃したら行きませんけど。 
 
(弁護士・金原徹雄のブログから/「憲法の破壊を許さないランチTIMEデモ」関連)
2014年6月2日
2014年7月9日
2016年10月16日
2017年6月12日
 
(弁護士・金原徹雄のブログから/安倍改憲メッセージ関連)
2017年6月16日
2017年6月22日
2017年6月27日
2017年6月30日
2017年7月9日
2017年7月12日
2017年7月18日
2017年7月20日
2017年8月2日
2017年8月9日
2017年8月23日
和歌山弁護士会憲法学習集会9/20「安倍首相の新たな改憲提言について―自衛隊を憲法に書き込む改憲は何をもたらすか―」(講師:青井未帆氏)のご案内
2017年9月5日
2017年9月9日
2017年9月13日