2018年7月17日配信(予定)のメルマガ金原No.3211を転載します。
 
平和と戦争を考えるテレビ番組(NNNドキュメント)2018年夏
 
 昨日は、NHKスペシャルETV特集という、NHKを代表するドキュメンタリー番組枠での放送予定をお知らせしたので、今日は、民放を代表するドキュメンタリー枠として、NNNドキュメント(日本テレビ系列)とテレメンタリー(テレビ朝日系列)をご紹介しようと思い、番組ホームページを調べてみたのですが、テレメンタリーについては、7月放送予定の番組情報しか掲載されておらず、今のところ該当作なしでした。からくも、NNNドキュメントについては、広島テレビ制作による「原爆供養塔の聲(仮)」が8月5日(深夜)に放送されると予告されていました。
 8月の「平和と戦争を考えるテレビ番組」では、NHKが圧倒的に多くの番組を送り出すのは最近の傾向かもしれませんが(昨年もそのような印象を持ちました)、どんな状況の下でも、良い番組を作ろうとする現場のスタッフ(特に地方局)の頑張りを応援したいと思います。
 なお、今後、上記放送枠で追加でご紹介すべき番組の放送予定が分かりましたら、今日のブログの「増補版」をあらためてお送りしようと思います。
 
日本テレビ系列 2018年8月6日(月)午前0時55分~1時25分
NNNドキュメント’18「原爆供養塔の聲(仮)」
(番組案内から引用開始)
広島の平和公園にある原爆供養塔。そこに名前が判明しているにも関わらず遺
族の元に戻っていない814人の遺骨が今も眠る。一体なぜ?我々が遺族探し
を始めると存在しない住所も。そんな原爆供養塔から去年暮れ7年ぶりに遺骨
が遺族の元に戻ってきた。名前が漢字一字違うことから特定に至らなかった
が、映画「この世界の片隅に」がきっかけで行政も動いた。そして今年73年
の時を経てある遺族が一歩を踏み出した。その思いとは...
【制作:広島テレビ】
再放送   
8月12日(日)11:00~BS日テレ
8月12日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」
(引用終わり)