確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。 独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。

【ようこそ!確勝競馬へ!】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【高松宮記念】結論

【高松宮記念】
『傾向』
当レース例年の時計傾向は以下の通り。
2016 01:06.7 32.7-34.0
2015 01:08.5 34.0-34.5
2014 01:12.2 34.5-37.7
2013 01:08.1 34.3-33.8
2012 01:10.3 34.5-35.8

“時計が掛る”というのは、このレースの一つのテーマ。
昨年こそ驚異的なペースで、圧倒的な時計を記録したがそれまでの高松宮記念とは言えばペースもそれほど速くなく、決して時計も速くない。故に逃げ、先行vs差しの構図は割と対等であり、差し馬でも十二分に勝負になる数少ないスプリントレース。
高松宮記念2017予想


意外にも東京マイルとの親和性も十分。ミッキーアイル、ストレイトガール、アルビアーノらが東京マイルの実績を残していることを考えると、マイルへの造詣も理解を深めたいところ。

過去成績で[4.5.4.39]と最重要ステップである位置付けの阪急杯は、当レースで行われる中京と非常によく似たコース形態。しかし今年の阪急杯は人気馬総崩れで差し馬の台頭で、そのレベルの高さは疑うべきものとなった。

今年の高松宮記念は一筋縄ではいかない、という印象で三連系に手を出すなら覚悟が必要だろう。
手広く、浅く、軸馬の選定はいつも以上に慎重にというコンセプトで馬券攻略を推奨したい。

続きを読む

【スプリングS】結論

【スプリングS】結論
『傾向』
皐月賞本番に直結するペースになるか、あるいはペースが緩くても1800M故にそれが本番の2000M換算のペースだと対応可能になるケースが多い。
例年、当レースから好走するケースが多く皐月賞の最重要ステップと見て良い。
マイル経験馬の好走も多く、密接な関係にある距離と見て良いだろう。

純粋な瞬発力勝負にはならず、問われるのはやはり持続力。
ハイペースにも耐えられる末脚を持っているか、長く良い脚をどれだけ使えるか。
最大のポイントはやはりそこだが、スロー経験しかない馬はケースバイケース。
血統背景、調教、あらゆるポイントからハイペースにも耐えられるだろうと想定するのがベター。続きを読む

【フィリーズレビュー】結論

【フィリーズレビュー】
『傾向』
2016:11.7 -12.2 -11.6  ★59.4-59.3 ★01:22.1
2015:11.6 -12.0 -11.9  ★58.7-59.8 ★01:22.5
2014:11.5 -12.1 -11.9  ★58.8-59.8 ★01:22.3
2013:11.6 -11.8 -11.8  ★58.5-59  ★01:22.1
2012:11.4 -11.8 -12.2  ★57.9-60.3 ★01:22.8

例年1分22秒台、前半速めのペースで後半はやはり上りが掛り目。
阪神内回り故に中々速い上がりでというわけでもなく、求められるのは底力とパワー。
それに加えて時計の優秀さもこれまでキャリアから求められるのもポイント。
フィリーズレビュー2017


昨年基準タイムは京都で58-58を刻んでいるか。あるいは前半ゆるくても後半57秒台を出せるか。
マイルからの馬であれば、59秒台フラット。時計が掛る競馬場であればそれぐらいの数字は求めたい。
時計が出やすい京都・東京では同距離で後半57秒台の時計が出ていれば好走水準。
出にくい中山では距離にもよるが、マイルなら2015年優勝馬クィーンズリング基準で59秒台フラットが水準といったところ。

一昨年の勝ち馬クィーンズリング、2着ペルフィカはマイル好走馬で近年は距離短縮組が強い傾向。
スプリンターVSマイラーの激突が一つの構図だとして、基本的にはマイラーが強い。続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 【高松宮記念】結論
  • 【高松宮記念】結論
  • 【スプリングS】結論
  • 【フィリーズレビュー】結論
  • 【フィリーズレビュー】結論
  • 【弥生賞】結論
  • 【弥生賞】結論
  • 【中山記念】結論
  • 【中山記念】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メルマガ購読・解除
 

記事検索
  • ライブドアブログ