確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。 独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。

【ようこそ!確勝競馬へ!】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【安田記念】結論~ベストマイラーへの道

【安田記念】
『傾向』
2016 11.7 ‐ 12.1 ‐ 11.3 35 ‐ 33.9 59.1 ‐ 58
2015 11.4 ‐ 11.5 ‐ 11.6 34.3 ‐ 34.7 57.3 ‐ 57.7
2014 11.7 ‐ 12.0 ‐ 12.6 35.1 ‐ 37.7 59.1 ‐ 61.7
2013 11.3 ‐ 11.6 ‐ 11.5 33.9 ‐ 34.5 57 ‐ 57.6
2012 11.3 ‐ 11.3 ‐ 11.7 33.8 ‐ 35 56.3 ‐ 57.5
2011 11.3 ‐ 11.6 ‐ 11.7 33.9 ‐ 35 57 ‐ 58.1
2010 11.2 ‐ 11.4 ‐ 11.8 33.6 ‐ 35.4 56.3 ‐ 58.1
2009 11.1 ‐ 12.0 ‐ 12.0 33.4 ‐ 36.1 57.4 ‐ 60.1
2008 11.5 ‐ 11.7 ‐ 11.6 34.6 ‐ 34.8 57.9 ‐ 58.1
2007 11.4 ‐ 11.7 ‐ 11.6 34.1 ‐ 34.8 57.5 ‐ 58.2

先行勢にも速いラップを要求される東京マイル。
数字を見る限りでは、差し追い込みが速いラップからの差し切りを決めるには相当な時計を要求される印象を持った。先行勢が後半ラップ57秒台で推移していく形では、恐らく56秒台の時計を要求される。これが安田記念における当方の見立て。
安田記念2017無料予想


前走のパフォーマンスが最重要視されることは勿論、過去の時計で光るものがなければこの舞台で輝きを放つことはできない。時計の精査が必要だという結論だ。

ハイペースになるからといって必ずしも差し追い込み有利とは限らない。
中距離路線からの参戦も、時計を要求してそれをクリアしてようやく馬券の検討に入るといった具合だろう。低レベルマイル路線とはいえ、関門はやはりマイルの速い時計に対する柔軟性。
ハイレベルな中距離路線からの参戦だとしても、容易に飛びつかない考えは大事。


続きを読む

【東京優駿】結論~逆襲のダービー

【東京優駿】
『傾向』
2016 11.9 12.4 11.4 35.6 34.2
2015 11.8 12.2 11.5 35.4 34.6
2014 11.6 12.6 11.5 34.9 34.4
2013 11.7 12.4 11.7 35.0 35.2
2012 11.9 12.0 12.0 35.6 36.1
2011 12.3 12.9 12.2 36.8 36.5
2010 12.0 12.9 11.1 36.1 33.4

東京優駿過去の前半-中間-後半の平均ラップは上記の通り。
前半3F-後半3Fのラップ構成を見るに、スローに違いないが皐月賞と直結すること踏まえれば、距離の割にはペースが流れていると解釈しても良い。
同じ条件下で行われる青葉賞は前半のペースが更に遅く、同条件下でも直結しにくくなっている。
一線級と交戦してきた経験がある馬は対等に戦えるケースもあるが、それでも完全別路線から青葉賞経由でダービーに参戦してくる馬はかなり厳しい戦いになる。
ダービー2017無料予想


前走傾向はやはり、皐月賞からの直行組で過去10年で[7.6.5.61]と安定している。京都新聞杯組が[1.1.1.19]、NHKマイルC組が[1.1.1.2]、青葉賞組は[0.2.2.23]、プリンシパルS組は[0.0.1.11]と他路線の馬は厳しい戦いを強いられる。
牡馬トライアルが厳しいペースにならない点と、一線級が登場せず遅れてきた馬たちがトライアルで切符を勝ち取り本番でのレベル差を感じて馬券外になるケースが多い。

続きを読む

【オークス】結論~桜花賞組に割って入るか

【オークス】
『傾向』
桜花賞からの直行組が[8.5.4.64]、忘れな草賞組[2.0.0.9]、フローラS組は[1.4.4.32]。
桜花賞組が断然強い、というのは周知の事実。そこからこのレースをどう読み解くかがポイント。

フローラSは距離2000M、桜花賞はマイル。
その距離差400Mで、普通に考えればフローラSが強いと考えるのが妥当。
それでも桜花賞組が断然強いという結論に帰結する理由を考えなければいけない。
オークス無料予想2017


『レースレベル>距離適性』という一種の結論が一つの真実だとすれば、今年はどうか。
ではそのレースレベルを数字を用いてどう推し量るか。

競馬の難しさを感じながら、苦悩し、また夜が明けた。
一レース一レースの苦悩が明日に繋がる成長だとしても、終着点はあるのだろうか。
終わりなき『修羅の道』を歩み続ける。競馬予想とは一体何なのかとまた自問自答する。

今回のオークスに何の答えを見出せぬまま、予想の結論を出す時間が来てしまった。


続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
ギャラリー
  • 【安田記念】結論~ベストマイラーへの道
  • 【安田記念】結論~ベストマイラーへの道
  • 【安田記念】結論~ベストマイラーへの道
  • 【東京優駿】結論~逆襲のダービー
  • 【東京優駿】結論~逆襲のダービー
  • 【東京優駿】結論~逆襲のダービー
  • 【東京優駿】結論~逆襲のダービー
  • 【東京優駿】結論~逆襲のダービー
  • 【オークス】結論~桜花賞組に割って入るか
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
メルマガ購読・解除
 

記事検索
  • ライブドアブログ