確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

2016年12月

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【阪神JF】結論

【阪神JF】結論
◎ソウルスターリング
○レーヌミノル
▲ジューヌエコール
△リスグラシュー
△サトノアリシア
★アリンナ
(自信度C)


『展望』
来春のクラシックロードを占う重要な一戦。
この舞台がそのまま来年のクラシックへと直結とあらば、来春の想像をしながら予想しても良い。
桜花賞で走るだろう、あるいはオークスでどうかという想像をしてみても強ち遠からず。

阪神外回りの直線は長い。
それでも前半のペース速く、後半上がりが掛る展開になる。
この時期多くのスピードホースが参戦する故に、ペースは落ち着かずラストはバテ気味の展開になる。
並のスプリンターでは中々太刀うちできないのが実情で、距離延長馬の取捨はかなり難しい印象を受ける。
やはり出番は距離短縮馬。1800Mでも活躍できるタイプが優位で、それを軸に予想するのがこのレースの基本線。


『結論◎ソウルスターリング』
社台F&ノーザンFのファーストチョイスはクリストフ・ルメール。
その傾向は今年、より一層顕著。有力若駒の多くはルメールを中心に回されてきた。
当初から絶大な信頼を勝ち得ていた社台Fだけでなく、今年に入ってからはノーザンFからの信頼も相当なもので、同じく日本で免許を取得したミルコ・デムーロと比較すれば、現状はルメールの圧勝という状況。
故に世界的な名血を託されたのはやはり、社台Fから厚い信頼を勝ち得ているルメール。

香港参戦ラブリーデイの騎乗もあったが、それでもチョイスしたのはソウルスターリング。
将来性、勝算を考慮すれば恐らくこちらのチョイスが得策と考えているからだと推測。

今年の二歳牝馬路線はなかなかハイレベル。
多くの馬が例年要求されるレベルを軽々と越しての参戦とあらば、軸馬選定に非常に悩む。
レベル拮抗とあらば、最後の要求されるのは恐らく適性の部分。
この阪神という舞台で、加えてハイペースでどれだけ底力を発揮できるか。

ソウルスターリングを選択した決め手はこの二点。
パワーという面においては札幌の馬場をこなしている点で問題なし。
二戦とも1800Mを使ってきた点を踏まえるとスタミナ面問題なく、恐らくハイペースがお望み。
この重厚な血統背景とは裏腹にフットワークは軽く決め手が強烈。二戦目アイビーSもラスト3F11.6 - 11.2 - 11.5の流れを好位から差し切って上がり最速で快勝した。

恐らく、走れば力のいる馬場でも問題なく走るタイプだろうというのは初戦で証明済み。軽い馬場もこなす重厚な血統背景を持つアンバランスなタイプがこの阪神JFでは走りやすく、傾向と合致するとみた。
マイルはやや距離不足という感じも受けるが、スピードよりもスタミナを重視するのが阪神JFのセオリー。
そのセオリーに乗っかるならば、ソウルスターリングの選択は至極自然と言えるはず。
本命はソウルスターリング。不安要素吹き飛ばす素質の違いであっさり戴冠と見た。
ソウルスターリング2016阪神JF



人気馬リスグラシューは確かにハイレベルな一頭。
しかしながら、ややパワーの欠ける面もあり、どちからと言えば高速決着向きのタイプ。
時計が掛る当レースでは、二走前阪神で見せたパフォーマンスは期待できない。
何より本命に推せなかったのは、関西圏のレースにも関わらず今回調教が軽めだという点。
前走、攻めたせいで減りすぎだった状態だけに今回は体を戻す調教で攻めることができなかったのが実情。
加えてハーツクライ産駒は腰が弱い馬が多く時計が掛る馬場を苦にする傾向にあるだけに、血統背景からもソウルスターリングを上にみるのが妥当。


↑応援クリックよろしくお願い致します!

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックよろしくお願い致します!

【チャンピオンズC】結論

【チャンピオンズC】結論
◎ゴールドドリーム
○アウォーディー
▲コパノリッキー
△サウンドトゥルー
△ノンコノユメ
△モーニン
(自信度C)



『結論◎ゴールドドリーム』
地方の小回りを除けばほぼパーフェクトな戦績で広いコースで持ち前の末脚を発揮する。
前走タガノトネールに出し抜く競馬をされたものの、古馬相手にきっちり実力を証明した。

前走からひと叩きされて状態は上向いており、今週の追い切りでは栗東坂路で4ハロン50秒8の自己ベストを叩き出した。状態面でも伸びしろ十分で、一線級相手でも期待は大きい。
6連勝中のアウォーディー、長期政権に君臨するコパノリッキーなど強豪ベテラン勢に強烈な挑戦状を叩きつけると見た。


↑応援クリックよろしくお願い致します!

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックよろしくお願い致します!

メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】圧倒的時計を持つ馬が中心…?~【チャンピオンズC】回顧
  • 【阪神JF】圧倒的時計を持つ馬が中心…?~【チャンピオンズC】回顧
  • 【チャンピオンズC】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: