確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

2017年02月

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【中山記念】結論

【中山記念】結論
『傾向』
2016 12.2-11.5-11.6 36.5-34.9
2015 12.5-12.2-12.0 37.5-36.1
2014 12.4-11.9-12.3 37.3-36.9
2013 12.1-11.3-12.4 36.2-37.3
2012 12.0-11.4-12.3 36.0-37.0

例年のラップ構成は上記の通り。
馬場の巧拙問われる例年の流れから昨年は一変、後半スピードが重要視された特異な結果に終わった。
それも例年なら勝ち切れるレベルにあったリアルスティールをさらに上回るドゥラメンテ、アンビシャスの存在が、レベルをさらに引き上げたことに他ならぬ。
ドゥラメンテ中山記念


中間ラップからかなり厳しい時計を要求されるのも特徴の一つ。
前半から締まったレースを展開するだけでなく、後半もバテずに持久力が問われる。
非常にハイレベルな一戦を展開している例年の当レース、後の好走馬が世界で飛躍する理由も頷ける。続きを読む

【アーリントンC】結論

【アーリントンC】
『傾向』
2016 11.5 -12.4 -11.7 34.4-35.0
2015 11.9 -12.6 -11.7 35.6-35.1
2014 11.7 -11.8 -11.7 35.2-35.2
2013 12.0 -12.4 -11.4 35.9-34.1
2012 12.2 -12.3 -11.7 36.5-35.2

過去四年のアーリントンCのラップ構成は上記の通り。
2014年ミッキーアイルが作ったラップを除き、基本的には前半ラップ、中間は緩むにしても後半は若干上がりがかかる。要求されるポイントは後半巻き返すスピードに加えて重たい馬場をこなすパワー。
アーリントンc2017


バランス問われる阪神マイル、これまでのキャリアを通して時計はかなりシビアに求められる。
上がり3Fだけではなく、トータルでどれだけ時計を伸ばせるか。上りが掛った条件でも果たしてトータルで時計が伸ばせるタイプなのか。求められるものが多い条件だけに、厳しい目で若駒を精査していきたい。
続きを読む

【フェブラリーS】結論

【フェブラリーS】結論
『展望』
例年、落ち着いた人気でダートの覇者争いが行われる当レース。
しかし今年は一番人気で4倍台後半と、やや落ち着きがなく波乱含みの予想が多数。
ダート王者不在、一戦毎に覇権が遷り代わる今の当路線に確たる主役はいない。

強いと目された3、4歳勢からは何とも寂しいメンツ。
どこかで足踏みして躓いて、そのまま尻すぼみになりがちな若駒に経験豊富な古馬勢が容赦なく叩きのめす構図を何度見たか。これではまだまだ、重い印をつけることはできないだろう。

傾向的に前半35-36秒フラットの時計で進み、後半の速い時計にも対応できるタイプが強い。
流れに乗ることが第一で、ダートらしく前々での競馬が圧倒的有利なデータが出ている。
中京開催のチャンピオンズCと比較すると、どちらかと言えばスピードが重視される。
チャンピオンズCは上りが掛りやすく、タフな展開でフェブラリーSにおいては高い親和性を持たないと見る。

それでも前年の結果がそのままスライドするケースがあるのは逃げ・先行馬の場合。
逃げ・先行馬にとってはるかに条件が良くなるフェブラリーSはよほど走りやすいと見た。
逆に言えば、そこで適性を見せて好走してしまった差し馬は当レースへの適性を疑うべき。
狙うべきは、あと一歩で差せなかったタイプで昨年豪快に差し切ったサウンドトゥルーは当方の目論みでは外すべき存在だと仮定している。続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【AJCC】結論
  • 【AJCC】結論
  • 【若駒S】結論
  • 【若駒S】結論
  • 【京成杯】結論
  • 【京成杯】結論
  • 【京成杯】結論
  • 【日経新春杯】結論
  • 【日経新春杯】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

ワカクサ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
ブログ村
  • ライブドアブログ