確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

2017年05月

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【東京優駿】結論~逆襲のダービー

【東京優駿】
『傾向』
2016 11.9 12.4 11.4 35.6 34.2
2015 11.8 12.2 11.5 35.4 34.6
2014 11.6 12.6 11.5 34.9 34.4
2013 11.7 12.4 11.7 35.0 35.2
2012 11.9 12.0 12.0 35.6 36.1
2011 12.3 12.9 12.2 36.8 36.5
2010 12.0 12.9 11.1 36.1 33.4

東京優駿過去の前半-中間-後半の平均ラップは上記の通り。
前半3F-後半3Fのラップ構成を見るに、スローに違いないが皐月賞と直結すること踏まえれば、距離の割にはペースが流れていると解釈しても良い。
同じ条件下で行われる青葉賞は前半のペースが更に遅く、同条件下でも直結しにくくなっている。
一線級と交戦してきた経験がある馬は対等に戦えるケースもあるが、それでも完全別路線から青葉賞経由でダービーに参戦してくる馬はかなり厳しい戦いになる。
ダービー2017無料予想


前走傾向はやはり、皐月賞からの直行組で過去10年で[7.6.5.61]と安定している。京都新聞杯組が[1.1.1.19]、NHKマイルC組が[1.1.1.2]、青葉賞組は[0.2.2.23]、プリンシパルS組は[0.0.1.11]と他路線の馬は厳しい戦いを強いられる。
牡馬トライアルが厳しいペースにならない点と、一線級が登場せず遅れてきた馬たちがトライアルで切符を勝ち取り本番でのレベル差を感じて馬券外になるケースが多い。

続きを読む

【オークス】結論~桜花賞組に割って入るか

【オークス】
『傾向』
桜花賞からの直行組が[8.5.4.64]、忘れな草賞組[2.0.0.9]、フローラS組は[1.4.4.32]。
桜花賞組が断然強い、というのは周知の事実。そこからこのレースをどう読み解くかがポイント。

フローラSは距離2000M、桜花賞はマイル。
その距離差400Mで、普通に考えればフローラSが強いと考えるのが妥当。
それでも桜花賞組が断然強いという結論に帰結する理由を考えなければいけない。
オークス無料予想2017


『レースレベル>距離適性』という一種の結論が一つの真実だとすれば、今年はどうか。
ではそのレースレベルを数字を用いてどう推し量るか。

競馬の難しさを感じながら、苦悩し、また夜が明けた。
一レース一レースの苦悩が明日に繋がる成長だとしても、終着点はあるのだろうか。
終わりなき『修羅の道』を歩み続ける。競馬予想とは一体何なのかとまた自問自答する。

今回のオークスに何の答えを見出せぬまま、予想の結論を出す時間が来てしまった。


続きを読む

【VM】結論~この馬場は追い風に

【VM】
『傾向』
2016 11.3 11.7 11.4
2015 11.4 11.3 11.7
2014 11.6 11.7 11.4
2013 11.5 11.8 11.4
2012 11.5 11.9 11.4
2011 11.2 11.2 12.0
2010 11.3 11.9 11.6
2009 11.6 12.0 11.3
2008 11.9 12.2 11.2
2007 11.6 11.7 11.4
2006 11.8 12.2 11.4

大きな特徴もないが、GⅠクラスにしてはゆったりしている点が特徴と言えば特徴。
この時期の芝の状態、当レースのペース配分から言えば差しが届きにくい。
ストレイトガール2017VM無料予想


インコースでじっと溜めて差してようやく3着…というような形を良くみかけるが、外から一気に差すというようなケースはあまり見られない。
ブエナビスタVSアパパネのように派手なレースを展開するのは割とマレで、基本的には馬群を割って差すか先行粘りそのまま押し切りが王道パターン。

続きを読む

【NHKマイルC】結論~砂上の楼閣を解く

【NHKマイルC】
『展望』
三歳春マイル王決定戦NHKマイルC。
先週の名勝負の余韻に浸りながらも、今週から始まる府中GⅠ連戦に挑む。
馬券的に頭を悩ませる一戦となりそうで、何より特徴がない傾向がこれまた頭を悩ませる。
果たして分析の余地があるのか、それすらも分からぬ難解なレースである。
NHKマイルC2017予想無料


マイル戦故に三分割でラップを分析したい。
2016 11.4 11.7 11.7
2015 11.8 12.0 11.4
2014 11.5 11.9 11.6
2013 11.5 11.7 11.6
2012 11.7 12.4 11.5
2011 11.3 11.9 11.5
2010 11.1 11.5 11.7
2009 11.4 11.5 11.7


2012、2015年の逃げ馬がしっかり抑えてスローに落とした年以外は基本中緩みなし。
今年はトラストが逃げると目されるが、これがどこまで飛ばすかが焦点。
逃げなければ持ち味が活きないと陣営が踏むなら、多少はテンから飛ばすはずだが…?
この馬、マイルではそこまで主張しない点も考慮せねばなるまいし、今年はどちらかと言えば差し馬が揃った印象もあり、そこまでペースが速くならないのではないかと予想。
となればキレ勝負。その辺りの展開も考慮しつつ、馬券検討したい。


続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】圧倒的時計を持つ馬が中心…?~【チャンピオンズC】回顧
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: