確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

2018年05月

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【東京優駿】結論

【東京優駿】結論
競馬界の一年を締めくくる一つのレースがこの日本ダービー。
優駿18頭が集結。同世代6000頭の頂点を決める戦いがいざ始まる。
日本ダービー2018無料予想


『傾向』
ゆるいペースからの差し脚比べ。府中2400M、クラシックディスタンスの戦い。
折り合い、スピード、スタミナ…どれが欠けても、この厳しい戦いを勝ち抜くのは難しい。
無論、それはダービーだけではあるまい。どのGⅠレースでも一緒。とりわけダービーにだけ、その神聖な雰囲気から特別な要素を要求するのはまた話が違うというもの。

前半61~62秒台の時計から後半58秒台。
差し馬に求められるのは、後半の緩いペースから末脚の違いを見せつけること。
前哨戦、他の出走レースで光る末脚を見せていればこのレースでも輝ける。
府中で求められるのは全馬が速い脚で上がる中で自分がどう競馬をするか。
一頭の上がり数字単体の数字だけでは、府中で好走するかどうかは見極められない。

続きを読む

【オークス】結論

【オークス】結論
ハイレベルな戦いを見せた今年の桜花賞。
卒なく完璧な騎乗を見せたラッキーライラックを捕えたのは豪脚アーモンドアイ。
仁川に衝撃をもたらしたクラシック牝馬一冠目桜花賞。
アーモンドアイ2018オークス無料予想


“三冠”を意識するクリストフ・ルメールの前に立ちはだかるのは、再びラッキーライラックか。
それとも桜花賞から距離延長で復権狙う馬か、はたまた別路線組か。
アーモンドアイの存在を巡って府中2400Mの戦いを楽しみにしたい。
2018オークス無料予想


『傾向』
厳しいラップを刻み、前々で競馬する馬には厳しいレースで有名。
前半ゆったりの流れから、後半は11秒台を厳しく刻んで58秒台~59秒台を要求する。
スロー気味とはいえ、後半は相当タフな流れになる。前々で捌く馬はスタミナとハイペース適性が重要視される。

勝ち馬のポジションニングは大凡中段位置。
最後方待機で構えたブエナビスタは最後こそレッドディザイアを捕えたものの、ハープスター、デニムアンドルビーは前を捕え切れず。そのシーンは非常に思い出深い。
他馬よりも末脚に秀でた面を見せなければいけない。かつ、距離延長に耐えられるスタミナを有すること。最後方待機勢には難題が降りかかってくるが、それさえクリアすればこの長い直線が大きな武器になる。続きを読む

【ヴィクトリアマイル】結論

【ヴィクトリアマイル】結論
主役不在大混戦。オッズも混迷極める状況で本命選びも悩ましいもの。
高速馬場で開催も、雨が気になる。馬場も読みにくい当レース。
VM2018無料予想


1000M通過58秒台が本線のレース。
トライアル、前哨戦が軒並みスロー故に中々本番に直結しないために、大波乱も起きやすい。
牝馬特有のレースで活躍した馬ではなく、牡馬と交えて戦ってきた馬が優位。
厳しいペースに強いタイプを選びたい。
続きを読む

【NHKマイルC】結論

【NHKマイルC】結論
大波乱の結果も多く、問われるのは必ずしも瞬発力ではない。
瞬発力タイプが人気して流れに乗れず自滅。これが波乱のパターン。
nhkマイルC無料予想2018


ポジショニング重視で、派手さはいらない。
それすら覆す破壊力が必要であり、人気サイドは中身の精査が必要。
派手なレースぶりが注目されるタイプこそ、改めてレースの内容を見つめなおしたい。
続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【朝日杯FS】データ分析~本命候補は意外なあの馬!?
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: