確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

2018年10月

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【天皇賞・秋】結論

【天皇賞・秋2018無料予想】
中距離路線最高峰の当レース。
マイラーは一歩上の栄誉を、長距離馬はスピードの証明を。
言うなればリクルートの場とも言うべきこのレースで問われるのはスピード。
もう一歩上の栄冠がもたらすものはきっと大きい。

『最重要レース』
レースラップ自体は前半遅く、後半速い。
近年ではスローがトレンドで後半勝負の色濃い。
後半勝負で決めたいという馬は多く、それを一歩抜け出そうといういと、正直難しい。
このレースに参戦してくる多くの一流馬が基本的に決め手に自信を持っているだけに、だ。

そこで注目されるのが、“宝塚記念”。
前半ペースが速く、後半スピードの持続力を問うこのレースが再び日の目を見そうな形。
昨年、このレースで宝塚記念出走馬が1-3着を独占。
昨年の宝塚記念のペース:35.2-35.7で推移し、結果天皇賞では速い流れを経験した馬が台頭した。
過去にもスクリーンヒーローが宝塚記念から天皇賞でウオッカを封じ込め2着したように、スローになったことで再びこの宝塚記念出走馬に着目しなければならなくなりそうだ。

前半グッと遅いレースを展開している馬は少し危険。
多くの馬が速い流れを後半作り出す展開で脚を使っても時既に遅しになる可能性が高いため。
現時点でそういった速いレースを経験できていない人気馬は…
続きを読む

【アルテミスS】結論

【アルテミスS2018予想】
前半速いペースから中盤緩んで差し脚比べ。
二歳牝馬らしいレースを展開するが、問われるのは上がり時計の速さ。
差し脚に自信ありというタイプが優勢で、ポジショニングのうまさは問わない。
大事なことは勝ちっぷりではなく、豪快さや破壊力。


続きを読む

【菊花賞】結論

【菊花賞】
秋緒戦、ダービー馬ワグネリアンはこれぞGⅠホースという走り。
皐月賞後、先行策で一変したダービーからこの秋緒戦で改めて、完成度と総合力の高さを伺わせた。
スピードの違いはやはり顕著で、ポジショニングも問わなくなった点を踏まえると隙なし。
菊花賞2018無料予想


そのワグネリアンは回避で色気を出す各陣営。
ダービー馬不在はいつものことながら、これほど安定感のある馬を欠くことが恐らく予想の困難さを窮めさせる。

前半ある程度の時計で進んで、中盤から一気に緩む。
そこから後半1000Mで再びロングスパート。
例年の菊花賞のパターンだが、四角で先頭を飲み込もうかという勢いが大事。

続きを読む

【秋華賞】結論

【秋華賞】
京都内回り2000M。
必ずしも、先行優位ではなく、最後に問われるのは決め手。
牝馬特有の遅いペースからの瞬発力勝負。速い馬場に取り付けるのも最重要課題。
sty1610160011


中間ラップで12秒代後半。そこからラスト4F11秒台の速い流れ。
ロングスパートにも対応できる末脚自慢が優位。続きを読む

【京都大賞典】結論

【京都大賞典】
『傾向』
京都2400M。スローペースからの末脚比べ。
高速馬場開幕週だが先行勢有利ということはなく、直線が長い分関係ない。
末脚をここで活かしたい、というタイプこそ優位。

春、内回りや条件が合わずに凡走した馬こそ狙いたい。
外回りの条件で能力発揮。ゆったりしたペースからの末脚比べ優位。続きを読む
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【朝日杯FS】データ分析~本命候補は意外なあの馬!?
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】超時計を持つ人気薄穴馬が浮上!?
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【朝日杯FS】狙い目穴馬はこれ~【阪神JF】回顧
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
  • 【阪神JF】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: