【エリザベス女王杯】結論
『傾向』
(前半-中間-後半3F平均1Fラップ)
2016 12.2 - 12.5 - 11.4
2015 12.0 - 12.5 - 12.1
2014 11.8 - 12.6 - 11.4
2013 12.2 - 13.1 - 11.5
2012 12.4 - 12.5 - 12.1
2011 11.4 - 12.0 - 12.4
2010 12.1 - 12.0 - 12.1
2009 12.0 - 12.2 - 12.3
2008 11.7 - 12.4 - 11.7

(3Fラップ)
2016 36.5 - 34.1
2015 36.1 - 36.3
2014 35.4 - 34.1
2013 36.7 - 34.5
2012 37.2 - 36.4
2011 34.3 - 37.1
2010 36.2 - 36.3
2009 36 - 36.8
2008 35.1 - 35.2

京都外回り、クラシックディスタンスに近い距離で行われる当レース。
傾向はやはりスローの一言でペースは非常に落ち着いたものとなっている。
上がり3F勝負だけでは分が悪く、やはりポジショニングも重要なウェイトを占める。
長く良い脚をどの位置で使うか。持続力タイプ優勢。
エリザベス女王杯2017無料予想


秋華賞とはまた別の次元の適性を求められる。
速いペースに対する対応力が求められる前者と、そうでない当レースではマイラーの好走可能性の有無を生み出す。

秋華賞で好走しても、エリザベス女王杯では好走出来ない馬の違いはやはりそこであり、追走スピードが大幅に変わってくるこの舞台に対する違和感だろう。
遅いペースを追走してそこからどれだけ速い脚を使えるかが勝負の決め手。
『結論◎ヴィブロス』
スローペース濃厚で、恐らく末脚勝負になるという様相。
逃げを打つであろうクロコスミアは内枠でそこから競る馬も見当たらない。
上がり33秒台まで行くかどうかは微妙も、34秒台前半の末脚が問われると予想。
ヴィブロス秋華賞2017無料予想アエロリット


前半の時計は恐らく61秒台。となれば差し馬に求められるのは63秒台フラットの追走。
スローペース適性と後続をシャットアウトするための持続力が問われると考えた。

前哨戦、府中牝馬Sの差し馬の推定前半時計は62秒台半ば。
前半だけでなく中間もグッと緩んだこのレースはエリザベス女王杯に近いものとなった。
そこで強烈な決め手を見せつけたのが、ドバイ帰りのヴィブロス。

直線に入ってから進路を見つけられなかったが、前が空いてからは目を見張る末脚。
昨年の秋華賞、今年のドバイで見せた強烈な決め手はまだまだ健在で牝馬路線なら依然トップ。
自身が刻んだ前半62秒台の追走で2着を確保したことに大いに価値があると見て、ここは本命に推したい。

外回りになった方がむしろプラスに働くタイプ。
昨年の秋華賞も過去最低レベルに遅いペースから、速い末脚を使っているだけに外回りに変わればその末脚の良さがもっと活きると見て良いはず。

ペースが速くなったときの課題はあるものの、ペースが遅いケースでの末脚の確かさは既に過去の戦歴で実証済み。好メンバー揃った今年のエリザベス女王杯、その中にあってもヴィブロスの存在はひときわ目立つ。この京都での輝きを見出し、女王戴冠のシーンを期待したい。


↑応援クリックよろしくお願い致します!

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックよろしくお願い致します!