【秋華賞】
京都内回り2000M。
必ずしも、先行優位ではなく、最後に問われるのは決め手。
牝馬特有の遅いペースからの瞬発力勝負。速い馬場に取り付けるのも最重要課題。
sty1610160011


中間ラップで12秒代後半。そこからラスト4F11秒台の速い流れ。
ロングスパートにも対応できる末脚自慢が優位。
『その先を見据えるアーモンドアイ』
二冠牝馬アーモンドアイの強さには脱帽。それが春の印象。
それを抱いているのは、ファンのみならず関係者も同じ。
“これ以上ないパフォーマンス”、そう感じているのは確か。

社台SSの未来を担う種牡馬ロードカナロアの最高のプロモーション。
牝馬三冠はあくまで大前提であり、見据えるのはその先。
国内最強、果ては海外へ。クラブが、牧場が見据える先はきっと大きなもの。
休み明け主導はあくまでオーナーサイドの意向で予定通り。

国枝師からすれば“一回使って”が基本でも、アパパネの時とは違う。
使って仕上げる、調教では仕上げない調教師だけにこのパターンは不安を覚えても、外厩でしっかり乗り込んでいるので不安なしというのがオーナーサイド。
それでも仕上げりはオークスとの比較で言えばまだまだ8割。
見据える先は当然、大一番ジャパンカップ。

未来の女傑に今、逆転という想像は出来ずとも秋華賞の席は残されている。
アーモンドアイ以外は団子状態なら、決断の一声を皆さんにお届けしたい。


『結論◎ダンサール』
本命に指名するのは、ダンサール。
抽選を勝ち抜いてきた幸運の持ち主。前走500万下からの参戦ではあるが、前走のインパクトは上のクラスでも十二分にというもの。

秋華賞の基本線が中間緩んで、後半ロングスパート。
ダンサールが勝ち上がった前走はプレ秋華賞というもので、まさに中間緩んでからのロングスパート勝負。早い捲り勝負からラストは悠々と押切で力の違いを見せつけた。
前半推定61秒台、後半推定59秒台。一昨年の勝ち馬ヴィブロスが中京の500万下で刻んだラップタイムと酷似したこのレースの勝ち時計。恐らく良馬場ならもっと弾ける。
ダンサール2018秋華賞無料予想


小回り経験、高速馬場問題なしのハーツクライ産駒。
アーモンドアイ以外の上位陣に不安ありとなれば、ここは新興勢力ダンサールの一撃に期待。
鞍上ミルコ・デムーロ、大舞台強い須貝厩舎。大番狂わせの条件整った。

中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。