【天皇賞・秋2018無料予想】
中距離路線最高峰の当レース。
マイラーは一歩上の栄誉を、長距離馬はスピードの証明を。
言うなればリクルートの場とも言うべきこのレースで問われるのはスピード。
もう一歩上の栄冠がもたらすものはきっと大きい。

『最重要レース』
レースラップ自体は前半遅く、後半速い。
近年ではスローがトレンドで後半勝負の色濃い。
後半勝負で決めたいという馬は多く、それを一歩抜け出そうといういと、正直難しい。
このレースに参戦してくる多くの一流馬が基本的に決め手に自信を持っているだけに、だ。

そこで注目されるのが、“宝塚記念”。
前半ペースが速く、後半スピードの持続力を問うこのレースが再び日の目を見そうな形。
昨年、このレースで宝塚記念出走馬が1-3着を独占。
昨年の宝塚記念のペース:35.2-35.7で推移し、結果天皇賞では速い流れを経験した馬が台頭した。
過去にもスクリーンヒーローが宝塚記念から天皇賞でウオッカを封じ込め2着したように、スローになったことで再びこの宝塚記念出走馬に着目しなければならなくなりそうだ。

前半グッと遅いレースを展開している馬は少し危険。
多くの馬が速い流れを後半作り出す展開で脚を使っても時既に遅しになる可能性が高いため。
現時点でそういった速いレースを経験できていない人気馬は…
『結論◎アルアイン』
今年に入って充実期スワーヴリチャードが一番人気。
金鯱賞、大阪杯と連勝し充実期そのものだが安田記念では3着。
今年に入っての充実は目を見張るものがあるが、それに待ったをかけたい。

今年二勝は速い時計を出さずに上がり33秒代後半と34秒台前半。
安田記念でも上がり33.9で締めて後続に差される競馬。
好位から競馬出来る馬に変わったが、極限の上り勝負でそれがどこまで通用するか。
あるいは課題はスピード問われる高速馬場か。

大いに疑問残る上半期の競馬に、覇権はまだ早い。この天皇賞で待ったをかける。
この馬の適性、ストロングポイントは速い上がりを繰り出すことではなく速い時計を出すことでもない。大阪杯でも2着ペルシアンナイトに迫られたのも、わざわざ捲った競馬をしたのも瞬発力勝負では分が悪いため。そう邪推しなければならぬ内容ではないか。

瞬発力勝負、良馬場ならまず上がり最速を刻むであろうレイデオロはスワーヴリチャード最右翼であることは確か。前走オールカマーで上がり最速で差し切り勝ち。
ラスト6Fから11秒台のスパートで差し切り勝ちは価値が高い。

このレースをステップに、天皇賞でも4着したショウナンパンドラも同様のラップを刻んだ。
後半一気のスパート勝負でも堂々差し切りでスピードの持続力の高さを見せつけた。
ただ、この馬に足りなかったのは先行力。ショウナンパンドラが推定37秒台後半からレースを進めての展開だったが、レイデオロは推定37秒フラット。
上がりもレースぶりもショウナンパンドラの方が派手でも、レイデオロの競馬の方が如何に大人でハイレベルでなものだったか。
懸念のオールカマーというレースでも、“あのラップを刻めば本番でも四着になれる”というスタートが、最終的には“ショウナンパンドラ以上のラップなら本番でⅤ圏内”という推論へと行き着いた。
実績、レベル共にショウナンパンドラ以上は明白。

ただし、自身推定後半58秒台以上に速い時計を経験したのは皐月賞のみ。
この時は自身推定59秒台で前半を回っての競馬で後半57秒台でまとめたレースで5着に敗れている。
速い展開でのレースは向かないクラシックディスタンス向きの馬だけに、厳しいレースだったに違いない。オールカマーで推定61.0-58.2で競馬し、後続を上がり時計で圧倒した内容はやはりダービー馬。舞台が府中に代われば恐らく57秒台の時計で回ってくることは可能。

しかし…
レイデオロ自身が慣れていない後半57秒台の時計勝負で本当に勝ち切ることができるのか。
あるいはこのオールカマーで本当に強かったのはレイデオロだったかと問いたくなる。
確かにねじ伏せたことにはねじ伏せたが…アルアインが光った、強かったと考えられないか。
例年ならエアアンセムら格下等をねじ伏せる必要性はなくレイデオロの大楽勝だったということ。
しかし、それはアルアインにも言えること。
アルアイン無料予想2018天皇賞秋


ペースは確かに前半遅かったが、途中からアルアイン自身が捕まえに行って道中から一気に11秒台連発のラップ。前はプレッシャーがかかって相当苦しかったはず。その展開で、番手から後続の差し馬と同じ脚を使って2着を確保したアルアインは、きっと軽視されるべき存在ではないと見た。

勝ったレイデオロは確かに強かった。さすがダービー馬。
しかし、このレースを見て改めてもう一頭強い馬がいることを再認識。
同世代の皐月賞馬アルアインだ。
アルアイン無料予想天皇賞秋2018


皐月賞では前半35秒台、上がり34秒台で後続をシャットアウトして戴冠。
先行馬にも関わらず、凡走時は遅い時計を追走するもので速い時計の場合は持ち味である二枚腰が活きる。事実、毎日杯前半35.8、オールカマー36.3、セントライト記念36.5と時計勝負に滅法強い。
何も出来なかった大阪杯では自身推定37.3の消極競馬。時計が速かったケースでは抑えきれていたペルシアンナイトに負けたのを踏まえると、やはり遅い時計に適性はない。

瞬発力勝負にしたくない、という馬が揃っているのも事実。
極端なスローにするぐらいなら自分が動いていくというレースは十二分に考えられる。
前半3F推定36秒台で推移していく先行勢に、37秒台で進む差し勢という構図が最も現実的。
中盤から厳しい速いラップ構成で時計勝負になれば、そう簡単に差せない。
皐月賞1:57.8の時計で走ったMペースの先行馬アルアインにその高い要求をするのは決して酷なことではあるまい。時計勝負となれば、二強崩す一手となるはず。

ダイワメジャークラスの皐月賞ラップ。
単なる皐月賞馬でないことは戦績が証明している。
モーリス、カンパニーらマイル戦績ありで中距離路線に実績ある馬の活躍が目立つ当レース。
差し馬に負けないVラップ刻んで、本命アルアインの活躍期待。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。