確勝競馬

『競馬が宝クジでないことを証明する!』 、『競馬に絶対はある』独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開。mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログ。

【先週の回顧】

【確勝競馬】
mixiコミュニティ20000人参加の管理人ワカクサの競馬ブログです。
独自の競馬哲学・理論で競馬予想を展開しております。
確勝競馬ワカクサのツイッター
twitterフォローお願いします♪
フォロワー限定情報あります。


中央競馬 ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願い致します。
dawnapproach5-4newmarket

【先週の回顧】~弥生賞2016の結果、藤田菜七子騎手~【フィリーズレビュー2016】展望

【先週の話題】
久々の女性騎手ということもあってか、藤田菜七子騎手は凄い人気。
3月の中山だというのに人だかりはまるでGⅠ級。声援もこの時期にしては多いように感じました。
特にパドックの人だかりは凄かった。2Rだというのによくぞこれだけ集まったなという印象。
メディアの力って、改めて凄いのだなと感じました。藤田騎手の人気に脱帽です。
藤田菜七子2016


先週のドゥラメンテの時も感じましたが、競馬が徐々に盛り上がってきてるようです。
これからクラシックシーズン。メンバーも凄く揃ってきているので盛り上がりに期待したいですね。
強い三歳世代、今年のクラシック、今からすごく楽しみです。
競馬人気を支える藤田菜七子騎手。これからも頑張ってください。

↑フィリーズレビューの本命予定馬はこちら


【弥生賞】回顧
複数重賞あったが、話題はやはりなんといっても弥生賞。
2016年クラシックに新たな新星登場マカヒキ。
リオンディーズとエアスピネルを一閃、当方の◎マカヒキは抜群のキレを披露し見事優勝を果たした。
リオンディーズ、エアスピネルを倒すならキレのある馬と考えていただけにそれがうまくハマった。
展開もこちらの望み通りで、キレを活かせる形になったのが良かった。
弥生賞2016マカヒキ

リオンディーズの早め抜け出しは本番を見据えてのものだろうが、あれだけ完璧な競馬をされては普通の馬はやはり太刀うちできないと考えるのが普通。
それを展開理の一言で差せるほど、マカヒキは能力的に弱い馬でもない。
賞金加算しなければいけない状況を考えると、マカヒキに一分あるかもしれないがそれでもリオンディーズは簡単に差せる馬ではない。
改めて、マカヒキとリオンディーズのポテンシャルの高さを評価したい一戦だった。
二頭ともこの世代では飛びぬけて能力が高い。

本番は皐月賞にはこれにサトノダイヤモンドやロードクエストやハートレーらも参戦。
加えてまだまだ新星登場の芽もあるし、凄いタレントが揃いそうな予感。
今年は予想しがいがあるクラシック。是非、予想をお楽しみに。


↑フィリーズレビューの本命予定馬はこちら
今のところ、ひらめきではこの馬かな・・・といったところ。阪神内回りコースが合いそうです。
※馬名はバナーをクリックして確認して下さい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックよろしくお願い致します!

【エリザベス女王杯】回顧~◎マリアライト激走~【マイルCS】展望~マイルCS2015

【マイルCS】展望
春のベストマイラーであり、主役を張るはずだったモーリスがこの秋は調整遅れ。
身体能力&素材は一級品でも、この秋の話を聞く限り相当危ない人気馬になりそうな気配。
春の横綱競馬から中々、消しづらい面はあるが…最終追い切りで判断したい。
17963647663


一番人気想定はイスラボニータ。
ただ、この馬の問題点は・・・週半ばにでも考察を展開したい。
13979994894798860422


現時点での本命予定馬は・・・

【↑マイルCS本命予定馬はこちら】
バナーをクリックして馬名を確認して下さい。


【エリザベス女王杯】回顧
レースは条件戦上がりのウインリバティが後続を突き放して逃げを打って出る。
番手のリラヴァティはそれを深追いせず、ただし三番手は少し離しての競馬。

実質的な逃げ馬はリラヴァティ。しかし、ペースを握ったのは三番手フーラブライド。
長めの距離&牝馬同士のレース故、各馬が自分たちのペースを握ってレースを展開。
ウインリバティはないものとして、番手のリラヴァティですら多くのジョッキーは意に介さない。
よって、レースのコンダクターは実質的にフーラブライド。
フーラブライドが動けばレースが動き出す。簡単に言えば、そんなレースだった。

瞬発力で劣る故に後続を封じ込めたいフーラブライドは仕掛けを遅らせたかった。
当然ながら意識していたのは、一番人気ヌーヴォレコルトの存在。
e0252100


『主役はやはりヌーヴォレコルト』
強いとはいえヌーヴォレコルトならもしや勝てるかも、という意識。
展開の紛れ。なんとかして脚を余らせたい。展開を握る馬に騎乗する騎手たちが考えたのはやはりこれ。
それが実質的に厳しいペースを生まず、後続がスローペースになってしまった原因。

このレースのタクトを揮うはやはりヌーヴォレコルト。
オークスを顧みるに、ハープスターでも差せぬ存在。
ヌーヴォレコルトを差すにはよっぽどの末脚を持たなければいけない。
となれば、ヌーヴォレコルトよりも前で競馬すること。勝つにはこれしかない。

『タッチングスピーチという選択肢』
それならば、末脚の破壊力は抜群でも反応が悪くスッと動けない馬は本命にできない。
週半ば、当方は“◎タッチングスピーチ”を打ち出したが、最終結論でそれを覆したのは上記の理由から。
b936bc832e50e626a82a89ad5da39df3


ヌーヴォレコルトを倒す決定的な何かが足りない。
タッチングスピーチの巻き返しは相当に魅力だが、果たしてヌーヴォレコルトを上回るか否か。
最終的にそこまでの決断を下す自信がなかった。

タッチングスピーチという選択肢は、馬の適性や本質を見直し再評価という意味では方向性は間違ってはいなかっただろう。ただ、これが連絡みの確率&倍率という意味ではやや期待薄。
ヌーヴォレコルトでお茶を濁すことも出来たが、今回それだけはしたくなかった。

『結論◎マリアライト』
だからこそ、◎マリアライトの出番。
勝ち馬マリアライトの蛯名正義はまさにヌーヴォレコルトだけを意識していたはず。
蛯名正義はこの馬には後続を封じ込めるだけのスタミナと持続力があると信じていただろう。
ヌーヴォレコルトを封じ込めるにはこれしかない、という競馬を展開したのだからお見事。
反応の良さはマーメイドSで確認済。京都で大事なのはやはりこれ。
i9598df9904bcf131f602bc5758c413d8274233


どれだけコースロスをなくしてスムーズに競馬を展開し、最後の直線でどれだけ余裕で先頭を飲み込めるか。
競馬の基本とも言えるこの大原則が京都では大事。蛯名が大箱とも言える府中と淀で上手いと言われる所以はやはりこの大原則を知っているからこそ。

今回のジャイアントキリングの立役者は、やはりマリアライトの鞍上・蛯名正義。
淀を知り尽くした鞍上の力なくして、マリアライトの勝利はなかったはず。
クラシックとは縁がなくても地道に力を付けた新女王と、最善を尽くした蛯名正義に今回は拍手を送りたい。
08568472


ところで…今回のエリザベス女王杯の予想を終えてから反響のメールをたくさん頂きました。
読者の方からの的中のご報告や応援のメールを頂くとやはり自分のモチベーションになる。
予想をするうえで最良のものを提供したいと思うのは当然のことだとしても、目標がなければそれを実現するのはやはり難しいもの。

そのモチベーションの持続を読者の皆様が支えて下さるのならば、これに勝る喜びはありません。当方と読者、お互いにとって良い関係性を築けるように今後も予想活動を頑張りたいと考えています。
このたびはたくさんの応援メッセージ、まことにありがとうございました。
この場を借りて感謝申し上げます。


【↑マイルCS本命予定馬はこちら】
バナーをクリックして馬名を確認して下さい。

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑応援クリックよろしくお願い致します!

【アルゼンチン共和国杯】回顧~印の上では的中も…?

【アルゼンチン共和国杯】回顧
雨、加えてインが悪い馬場状況。
最後の直線では他馬がインを避けて仕掛けるような馬場。
それほどひどい雨ではないが、ただでさえ外差し傾向にある今の府中。
馬場は想像以上に痛んでおり、タフな条件だったに違いない。

ただし、当レース・アルゼンチン共和国杯の流れはひどく緩いもの。
当方が想定していたロングスパート勝負とは大きくかけ離れたラスト3F勝負。

『◎ゴールドアクター』
父スクリーンヒーローを持つ同馬は特にスローからの瞬発力勝負が得意。
ただ、スローで後方から良い脚が使える、といったタイプではなく先行して押し切り。
好位から速い上がりを使って後続の末脚を封じ込めるような戦法で勝ち上がってきたタイプ。
よって、今回はレースの流れがドンピシャ。最後の最後に差し切れたのも道中脚を使わなかったからこそだろう。これがもっと流れていたらば、脚を使っていた分最後はばてているはず。
それほどの底力があるタイプでもないので要注意。
20140802


こういったレースの流れにしたのは逃げスズカデヴィアス、番手メイショウカドマツといった隊列がなされたため。両者とも長距離でも逃げを打つスタミナ自慢タイプ。
それ故にスローに落とすよりも、後続に脚を使わせてスタミナ勝負に持ち込みたいという思惑を当方は考えていた。
それが大外れ。実際に蓋を開けてみれば、スローに落として自分も出来る限り生きてやろうという競馬。この馬場で時計が掛る分、スタミナ勝負に持ち込ませない展開にするよりも優位性を保てると考えたか。単に最初から東京の長い直線で、スタミナ勝負で自滅する戦法をとるのは得策でないと考えていたか。

『競馬予想≒展開予想』
どちらにせよ、当方は陣営の思慮を読むことはできなかったのは事実。
競馬予想の根幹はやはり、“展開予想”である。
それを読めなければ、予想の前提は大きく崩れラップタイプの想定は無駄に等しい。
印の上では的中を飾れても、トータルで見ればこれは負ける予想であると断言して良い。
展開予想、想定ラップが当たり、印も的中する。これこそが真の当たりと言えるだろう。
そういう点では今回は大いに不満足。

さておき、勝ったゴールドアクターは勝つときはえてしてこんなもの。
相手なりに走って相手なりに走る。ただし、舞台が一線級相手なら注文は付けたい馬。
その条件はやはり“スローペース”。それから“ラスト3F勝負”。
この二つがうまくかみ合えば、きっと大舞台でも活躍できるだろう。
期待の上がり馬、評判にたがわぬレースセンスを活かして重賞初制覇。
もっと上へ、もっと上へという馬だけに今後が楽しみな一頭が出てきた。

『三歳馬レーヴミストラル』
3着のレーヴミストラルは3歳馬でダービーからのローテ。
それでも出来自体は良かったと思うし、レース展開も割と向いた方。
スローペースの差し馬、というのが現状で課題はレースレベルが上がった時。
reav mistral2


追走で一杯にならないかが課題で、この辺が今後の活躍を左右しそうだ。
今回はまるで青葉賞の復習のようなレース。それ故にこの馬の優位性や適性を十二分に活かせた。ハンデとの兼ね合いで3着ならここは合格点。
馬は成長している。今後に期待したい。



↑【エリザベス女王杯本命予定馬】はこちら
前走は度外視。ハイペースが向かなかったが、今回はペースが落ち着く。
外から一気に差し切りを期待したい。
馬名はバナーをクリックして確認して下さい。
メッセージ

広告掲載依頼、ブログリンクのご依頼、ご意見ご感想はこちらへ。

名前
メール
本文
メルマガ購読・解除
 

ギャラリー
  • 【宝塚記念】結論
  • 【宝塚記念】結論
  • 【宝塚記念】結論
  • 【ユニコーンS】結論
  • 【ユニコーンS】結論
  • 【安田記念】結論
  • 【安田記念】結論
  • 【安田記念】結論
  • 【東京優駿】結論
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: