aamall

2007年10月15日

野次馬親子

064d1f1c.jpg
母とふたりで銀座へ。


昼ごはんはKIHACHI本店でイタリアンのフルコース。


大変おいしゅうございました。





この店にはガラス張りの個室がありまして。
当然、中の様子は他の客にも丸見えなわけです。


我々、親子の視線は必然的に個室の人々へ。

なんだか、見合いっぽい。


女性のほうは若作りしているが、おそらく30歳前後だと思われる。
でもまあ、しぐさや服装を観察する限り、育ちは良さそう。
ご両親は、母親がきらびやかな装いに対して、父親は普通(とはいえネクタイしてたけど)
女性側と男性側のご両親を見る限り、金持ちのニオイがプンプンでしたね。


なんだよー。こんなとこで個室借り切ってお見合いかよ。でも、あの女なら私のほうがマシだろ。とか、ブツブツ文句言ってました。

母曰く「でも、肝心なのは相手の男性じゃない?」

我々の席だと男性の姿は見えませんでした。
これでイケメンだったらマジで納得いかない。
というか、こんな正当なお見合い見せられたんじゃ、お見合いパーティーなんかに参加していた自分が酷くかわいそうい思えて仕方がない。


で、私達が食べてる間に、個室の方々は撤収する様子。
私の席は彼らに背を向けてるので、母に「ちょっと、男のほうチェックして!チェックして!!」とかひそやかに話してました。


一団のお帰りを眺めた母が一言。




「頼り無さそうな男」




ニンマリする私。
「あんな男で家族を養えるのかしら…」他人事なのに心配する母。


いろいろしゃべりましたが、ウチら親子の見解としては、


彼自身は坊ちゃんのダメ男だけど、両家の莫大な資産で一生贅沢できるに違いない。


実際にお見合いかどうかもわからないのに、勝手に妄想。
私の過度な妄想癖は遺伝的なものに違いない。




本日の男女に幸あれ。





wakamen1 at 00:06│Comments(3)clip!たべものや 

この記事へのコメント

1. Posted by P2関川   2007年10月15日 13:24
まさに妄想日記ですね

是非そんなところで見合いが出来るような
男を見つけてください。まずそれが先決です。
2. Posted by M田さん   2007年10月20日 22:02
ちょっと記憶が遠のいてるんですが、大学の頃どっかで昼飯を食ってるとき、隣の席でどうやら今度結婚するらしい男女と両親がお食事会。

そんときの重苦しい空気は異常。
ワイワイ喋っていた俺らもさすがにダンマリ。

新婦父「まぁ、どうぞ一杯」
新郎 「あ、ありがとうございます」

無言でビールを飲む。

………。

他人事だけど辛かった。
3. Posted by わかめ   2007年10月21日 18:51
> P2さん
ええ。
それは、私自身を超越して、我が一族の願いなんですけどね。
残念なことに、そんな高貴な方々に巡り合う以前に、私があまりに汚れすぎてしまったという、いかんともしがたい事実がね…。

> M田さん
でも自分達は、そんなシチュエーションすら実現困難ですからね。
もしそんな時が来たら、周囲の親子連れをザワつかせ、学生達を無言にさせるような席を設けてみたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔