こんにちは。

恵比寿WakanastudioのMihoです。


まだ、Wakanastudioではじめましての私ですが、
今回はジャイロトニックの出会い等を書かせていただきたいと思います。



幼少期から始めたバレエ、

自分の身体にネックなところが多々あり、もうバレエは向いていない、バレエは諦めようと思い、就職活動をし既に内定を数社からいただいていた時、バレエの舞台で人生最大のビックチャンスが訪れました。


母に相談し、
バレエ最後のこの機会にかけたい!!
と話をした結果、母のバレエの先生の友人がジャイロトニックのトレーナーで、その方を紹介してくれたのがジャイロトニックとの出会いです。
ここから私のジャイロトニックの旅が始まります。


既にジャイロトニックをスタートしていた母からどんなトレーニングなのか聞くと、
体幹もできる感じもするし、身体全体が整っていくよう…、とにかくとっても必要な感じがするから、行って来なさい!!
とのことで、その言葉を信じ、先生の元へ行きました。


(あの時の母の言葉がなければ始めなかったジャイロトニック…お母さん、ありがとう……涙)


ドキドキしながスタジオに行くと、とても優しい先生が丁寧に教えてくださったのを覚えています。

しばらく定期的に通いながらリハーサルも始まると、いつも乗り越えずに苦戦していた壁が抜けたように、できること、できそうなことが増えていきました。
バレエの動きに対するネガティヴな感情やイメージがどんどんポジティブな方向へと行くようでした。
身体の中心も、ここだよ!!と身体が勝手に教えてくれるような感覚でした。


毎回のお稽古やリハーサルが挑戦!挑戦!の連続でしたが、無我夢中でジャイロトニックで得たことを全てバレエでも活かそうと取り組んだのを覚えてます。


その結果、本番後は抜け殻のように空っぽになり、全身全霊で舞台に立ったんだな…と後から感じたのを覚えてます。


抜け殻になるまで踊れた舞台、心も身体も充実した舞台でした。舞台が終わり、その気持ちの変化に気付き、すぐに内定取消しの連絡をしました。

そこからバレエと向き合う日々が続き………


そんなこんなで今に至ります。


長々と読んでくださってありがとうございます。


ジャイロトニックは、足踏み状態の私にたくさんのヒントをくれました。
閉じた心や頭の中もどんどん広げ、通気性の良い状態へと変化したようにも思います。


今まで、私のトレーナーの先生や出会った先生達が私にしてくれたように、

私も何か皆様へとお手伝いできればと思います。


IMG_8350



スタジオすぐの公園の桜は散りましたが、まだお花が咲いているようです。


皆様、是非Wakanastudioにいらしてくださいませ。


お会いできる日を楽しみにしております。