Wakana StudioのMariです。

皆さんとジャイロトニックのレッスンをしていて感動することは、やはりその方が「新しい感覚を見つけた時」。

 脚をまっすぐに伸ばすことにしても、首や肩の緊張を取ることにしても、左右の動きの違いを調整することにしても、「身体の無意識に頑張ってしまうところを暴走して疲れてしまわないようになだめ、意識が届かなくてすっかりお休みしているところに目覚めていただく」という作業は、言葉にするのは簡単ですが、やるとなるとなかなか難しいものです。
さらに右足左足、右手左手 、右体側左体側と、それぞれやってみると違うもので、どこかがうまく反応してくれても、どこかはすんなりいかないこともあります。
反応が遅いと焦ることもありますが、私のトレーナーとしての体験から言わせていただくと、時間がかかっても必ず変化は訪れます。 

そして体は本当に不思議で奥が深くて面白いので、例えばその時ピンとこなくても、レッスンを積み重ね、色々なところからアプローチすることで、しばらくして「気がついたら変わっていた」ということも多いのです。
地味だけど、コツコツと積み重ねることでじわじわと着実に成長していて、ある日花開くのです。

そんなことを考えながらスタジオに向かっていたら、スタジオの近くの紫陽花が開花目指してスタンバイしていました。


スタンバイ

少しずつ湿気も高くなってきて、ハードな季節に突入しますが、開花目指して一緒に頑張りましょう!