こんにちは
Wakana StudioのMihoです。

お花の綺麗な季節…

IMG_4519





IMG_4533



今回はバレエとジャイロトニック、ジャイロキネシスについて書かせていただきます。


ジャイロトニックやジャイロキネシスはダンサーやアスリートだけの為のものではないのですが、

日々自身の身体と向き合うことがルーティンの方にはとても沢山のヒントを与えてくれるものだと思っております。



私の場合、幼少期から続けているクラシック・バレエがそれになりますが、伸び悩んだ時期も多く…、一番私にとってこれだ!!と思えたのがジャイロトニックとジャイロキネシスでした。


バレエは表向きは優雅ですが、レッスン内容がハードであったり、またストイックな環境であったりすると、身体を伸びやかに…というよりは固めすぎていたり、気持ちも固くなっていたり…、呼吸もとまっていたりします…


私はおかげさまで色んな現場に呼ばれたり、指導させていただくことがあるのですが、やはり踊りそのものもハードであったり、ダンサーも疲れてしまいリリースや身体作りに手が追いついていないように拝見することが多々あります。


日本の場合、カンパニーやそのグループ、スタジオなどの組織が踊りのみで仕事とすることが非常に難しく、私のように講師、先生業でなければアルバイトなどを掛け持ちするのが一般的となります。


つまり何が言いたいかと言うと、舞台や公演に出演しても、踊りや身体だけに集中してそれだけでお給料が貰えないということです。
ダンサー間のあいだでは、舞台貧乏…という言葉があるくらい、ダンサーを仕事とする現場は非常に難しい現状にあります。


なので、沢山のダンサー達はあらゆる工夫して日々を過ごしてます。


そんな中で、時短で、ストレスからも解放でき、呼吸も落ち着き、身体も心も整理できる…中心軸も洗練され強くしなやかなものになる…


そんなエクササイズ、トレーニング、コンディショニングなものが、ジャイロトニック、ジャイロキネシスのように感じております。


ジャイロトニックはマシンを使っておこないます。基本自分から動くのが中心にあります。多かれ少なかれ、マシンの力を借りて、マシンが自分で動く以上のものを引き出してくれます。


ジャイロキネシスは主に椅子やマットの上でマシン無しに行いますが、自分の呼吸や心地良い動きを絶え間なく動き続けることにより、とても自然に居心地の良いところに身体がはまるように感じます。


双方ともにただハードなトレーニング、というものではなく、居心地良く、美しくなる、そして中心も整う身体や心にとって自然なエクササイズ・トレーニング・コンディショニングのように感じます。


長くなってしまいました。
この題材はまたの機会に書かせていただければと思います。


身体のお悩みもWakana Studioへ