なぜ起業したいのですか?

このような問いを受けましたので
そろそろそのテーマについて具体的にお話していこうと思います。

【未来を変えるのは今】
 


起業するためには今の会社を退職する必要がありますが初めにこのことについて述べます。
ここからは以前、自分用にメモしたものを貼り付けますので、表現が一人称的ですがご了承ください。

退職したい理由
 

・パワハラ(圧力的な言動)がひどい 

 発注者、経営者、パワー派の社員 が上に行けばいくほど割合が多くなり、その人たちとの付き合いが大変。


・他人の多くは言われたことだけをやるタイプ、自分は言われる前にやるタイプ

 入社以来ずっと感じていることだけども、なぜ他の人は自分で積極的に仕事を効率化するなどの知恵を出さないのか

 言われた事だけやっている人が多すぎると感じる。

 自分はどちらかというと言われてやるのが嫌なタイプで自ら動く方なので、人に命令するだけの上がごろごろいるという今の状況は耐え難い。

 特に発注者からの天下り社員の上役、そういう人は自分でやらずに私のようなタイプに押し付けてくる。

 今後その傾向はしばらく続き、増々ストレスを感じるようになる事が解っている。

 ならば、自分から企画実行して自分に利益が返ってくる仕組みを作り上げたい。


・業界の変化に対する対応に限界を感じる 

  私の勤め先はある特定分野の建設業界ですが長い間のコスト削減に取り組んできたが
  もはや体制が維持できなくなっており、管理職、社員の疲弊による退職の連鎖が止まらない
 

  今後、現場の管理などに異動されれば、もはや体力的、精神的に耐えがたい。 

  コスト削減の悪影響により、施工者の品質が極度に低下している。 
  施工者によるルール無視、逆切れ、言ったことをやらないなどは日常茶飯事

 つぶしが効かない。この仕事は他業務への活用、応用が利かないので、将来性が全く感じられない。


・心の充足が全くない 

 管理職になってから、仕事がだんだん変化して生産的な業務をしているとは言えない 

 まるで政治家のようで、別にいなくてもいいんじゃないかと感じる。 

 そもそも統治的な考え方が苦手。  出社するのが非常に苦痛に感じる事がある 

 何のための仕事なのかがわからない 

 このままでは心の病にかかってしまうのではないかという不安、かかると長引くこともあるのではという不安

 

・生活習慣病を解消したい 

 会社員である以上、毎日の拘束時間や夜の付き合いから逃れることはできない。 

 生活習慣病も悪化する一方で健康的な生活を送りたい。 


今の会社を辞めたい理由は以上のようなことになりますが
ただ辞めるだけでは生活のことなどもあり単純に嫌だからやめるわけにはいきませんよね。
やめてどうするのか? これが大事なことです。

次回は辞めてそれで今後どうするのかということについて書こうと思います。 →起業したい理由その2 



 ←押していただけると嬉しいです
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業家志望へ ←こちらも押していただけると嬉しいです
にほんブログ村