和歌山 不妊専門の整体りらく亭の悩みすっきりブログ

赤ちゃんはどうすればできるの?その悩みを実は私たち夫婦も経験しました。自分たちの不妊治療の経験からみなさまの悩み解決に少しでもつながる情報を発信させて頂いているブログです!ホルモン値や体外受精などの西洋医学の考えから、冷えや体質、循環といった東洋医学の見方などを交えて分かりやすくお伝えするようにしています。

matui1000-750-2

M.Tさん 37歳 

和歌山市 なかなか排卵しない いい卵子が育たない 病院で年齢的に厳しいと言われた


【M.Tさん喜びの声】

33才から不妊専門の病院で排卵を促す注射をうち、タイミング法を3年続けましたが中々子供ができませんでした。


PCOSで排卵もしにくく、いい卵も育ちにくいと言われ年齢的にも厳しいかもと病院で言われ、もう子供は諦めようかと悩んでいました。


そんな時たまたまネットでりらく亭のことを見かけ1年間病院プラスりらく亭に通って頑張ってみてダメなら諦めようと決めました。


施術をしてもらうと血液の巡りがよくなるからか肩こりも楽になりました。


あと、病院では教えてもらえなかった情報もたくさん教えてもらい実践できることは積極的に取り入れていきました。


すると、1か月程通った頃に妊娠が分かりすごく驚きました。


半分諦めかけていたので、りらく亭さんに本当に感謝しています。

本当にありがとうございました!




matui_000002




【院長武田から喜びのコメント】
M.Tさん妊娠おめでとうございます(^^)/


初めて当院にお越しになった時は病院で多嚢胞性卵巣症候群の治療を3年ほど続けられていた時でしたね。


なかなか結果が出ずに病院の先生からは年齢的にも厳しいと言われていましたね。


そして気持ち的にもうあきらめようかと迷っていた時でもありました。


でも来院していただいて当院での施術に加えて自宅でのセルフ体操をしっかりやって頂いたおかげで1か月で妊娠に至りましたね。


本当に良かったです。




多嚢胞性卵巣症候群|Pcosの方は排卵までが長くて苦労する方が多いです。


またいい卵子が育ちにくい可能性もあります。


そしてこれらの状態の時に多くみられるのが循環の滞りです。


・手足が冷たい。
・足がむくむ
・お腹を触ると冷たい
・お腹が固い
・腹式呼吸がうまくできない、肩呼吸になっている
・緊張しやすい
・座り仕事、運動不足
などです。


これらを改善していくと卵巣の循環が良くなってきますので、排卵がはやくなるなることがあります。


今回M.Tさんは自宅できちんと体ポカポカ循環体操を行ってくれたのが良かったのだと思います。


やはり自分で改善するという意思のあるかたは結果が出やすいですね。


現在は妊娠7か月で安定期に入りました。


順調に育ってくれているのでとてもうれしいです。


当院はもう卒業になりますが、出産までに腰痛やお腹の張りが出た時はいつでも来院してくださいね。


また産後の骨盤調整などもやっていますから来てくださいね。


元気な赤ちゃんが生まれることを祈っています。

本当におめでとうございます。




【不妊整体りらく亭】

原因がないのに妊娠しない。

どうして?何がいけないのだろうとお悩みの方は

一度ご相談下さい。

⇒詳しくはこちらのホームページをご覧ください。


友だち追加




妊活で血液が汚れてドロドロよりも

サラサラの方がいい。


これはみなさまもそう思われるのではないでしょうか?


では、なぜ血液がドロドロになるか?


それは腸が汚れているからです!!!


人間の体を「木」に例えると

腸は根になります。


木もいい根が大地に張りめぐらされていて

そこから栄養や水分を十分に吸収できると元気ですよね。


ところが根腐れを起こしていると

その木はいい花を咲かせることができないばかりでなく

木自体も枯れてきます。


人間も腸から体に必要な栄養や水分を吸収します。


ここが便秘や食べ過ぎなどで汚れていると・・・。


そう、

いい栄養が吸収できません!


実際に妊活で胃もたれや便秘がずっと続いていた方が

プチ断食で胃腸をきれいにしたところ卵子の育ちが良くなりました。


そのくらい腸は大事です。


良かったら参考にしてくださいね。




【不妊整体りらく亭】

原因がないのに妊娠しない。

どうして?何がいけないのだろうとお悩みの方は

一度ご相談下さい。

⇒詳しくはこちらのホームページをご覧ください。


友だち追加





いい卵子を育てたい!!


その時に重要となってくるのが腸の汚れです。


腸の汚れが周り回って卵子の質を下げてしまう。

そんなことが起こります。


どういうことかと言いますと

便秘や食べ過ぎ、食生活の乱れなどで腸が汚れますと

腸内最近の悪玉菌が増えます。


この悪玉菌は我々の脳に働きかけてもっと体に良くないものを

摂取するようにします。


悪玉菌のエサは糖質であったり小麦粉であったりお菓子であったりします。


これらの摂取がますます増えますと

体に炎症が増えてきます。


小麦などの取り過ぎがいけないと言われる理由の一つがこの炎症なのですね。


そして炎症は卵巣にダメージを与えますので卵子の育ちが低下する。

このようになります。


もちろん子宮で炎症が起こると着床障害の原因になります。


ですから、たかが便秘と思われがちなのですが

これが卵子の質を低下させている原因になることもあります。


良かったら参考にして下さいね。



【不妊整体りらく亭】

原因がないのに妊娠しない。

どうして?何がいけないのだろうとお悩みの方は

一度ご相談下さい。

⇒詳しくはこちらのホームページをご覧ください。



友だち追加


↑このページのトップヘ