2006年03月22日

TWELVE & TO

1a03121c.jpg日本の腕時計にもデザインの優れた製品が出ています。セイコーインスツルから発売されるISSEY MIYAKEプロデュースの「TWELVE365」と「TO」は、どちらも非常にシンプルなデザインながら強烈な個性を放っています。文字盤自体が針と兼用で、円と直線だけで構成された「TO」は究極のシンプル美を醸し出していて魅力的ですが、多針時計好きとしては、やはり「TWELVE365」に惹かれてしまいます。クロノグラフのような多針時計はどうしても似通ったデザインになりがちですが、こんなデザイン手法もあったのかと驚かされます。どちらかといえば精悍でメカニカルなイメージを与える多針が、まるで人の顔のようなファニーフェイスで表現されるのが不思議です。それもそのはず、この時計のデザイナー深澤直人氏は、かの「INFOBAR」をデザインした人なんですね。ちなみに、この時計の多針は、時間を計測するクロノグラフ機能ではなく、日にち・曜日・秒を針で示すカレンダー機能です。と言っても、細かいメモリはないため、日付の確認はかなりアバウトになりますね(笑)。

waki1958 at 06:58│Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by かものはし   2006年03月22日 15:26
TOは一時期迷いました。なかなかの発想です
デザインがデザインなだけに傷に結構気を使いそうですね。
機械式クロノですがオメガの7750搭載モデル買いました。
値上げしていて百貨店とネットの差が開き過ぎていたので
価格コム見て妥協して通販です(汗)ブランド物は
あんまり好かんのですが大きさ的に他の無かったとです(ヒロシ調)
しかし7750のローターの回転は凄いですね滑らか過ぎます。
2. Posted by WAKI   2006年03月22日 17:28
かものはしさん、こんにちは。
TWELVEもTOもあまり実用的ではありませんが、純粋にデザイン的には好きですね。

<機械式クロノですがオメガの7750搭載モデル買いました。
おおっ、機械式クロノ買われましたか。
おめでとうございます。

でも、ひょっとして私の物欲ウィルスに感染されたのでしょうか。
それなら、まだまだ症状が悪化する可能性がありますね(笑)。

3. Posted by かものはし   2006年03月22日 17:54
感染拡大しそうですね
日々進行なモノ欲ウイルス(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔