2006年10月31日

能率手帳「キャレル・スリムウィーク」

919d791f.JPG文具店を覗くと来年の手帳やDiaryの花盛りですが、去年あれこれ手を出した挙句、結局ほとんど使わなかった反省を踏まえて、来年は「ほぼ日手帳」一本でいくつもりでした。しかし、休日など身軽に動きたい時に嵩張る「ほぼ日手帳」は少々荷物になります。財布やPDAの収納など、これ一つで完結する「スーパーほぼ日手帳カバー」でも出てくれればいいのですが、まだ実現していません。そこで、「ほぼ日手帳」のサブ的に使えるスリムで実用的な手帳を探すことにしました。昨年は、究極のスリムさを求めて「クオバディス ビソプラン」を購入しましたが、月間スケジュールだけではどうしてもカバーできない場面もあります。月間と週間がセットになって、なおかつスーツのポケットに無理なく収まるもの・・・の条件であれこれ探していた時、目についたのがビジネス手帳の定番「能率手帳」シリーズの「キャレル・スリムウィーク」でした。この手帳は、日経WOMANと日本能率協会の共同企画で誕生した「働く女性向け手帳」ということですが、落ち着いたネイビーは男性が使っても違和感はありません。まず手に取ったときに気に入ったのは、私も以前から愛用している同社のブックカバー「BOOKMAM(ブックマム)」にも使われている新素材『エコニア』が表紙に使われていることです。ビニール製なのに手触りがよく、安っぽさがありません。手帳本体は、文字のフォントや色合いも落ち着いた上品さがあり、能率手帳らしく機能的でありながら、「事務的」でないところもいいですね。「ほぼ日手帳」のようにしおりが2本付いているところも便利です。ペンホルダーも付いているので、ハイテックCに改造したゼブラのスケルトン4色ボールペンを入れてみたら、ピッタリでした。なお、ゴムバンドは専用ではなく私のお手製です(笑)。

waki1958 at 06:34│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ZEAK   2006年10月31日 19:41
ゴムバンド装備の手帳かと思いました。(笑)
しかし上手ですね。感心しました。
自分はどこに行くにもほぼ日手帳を持ち歩きますね。
空いた時間に何か書いちゃうし。
荷物が重いというのはありますが。
そうでもなければモールスキンかRHODIAのNo11かな?
2. Posted by WAKI   2006年10月31日 21:29
ありがとうございます。
こう見えても(?)裁縫は得意です(笑)。

休日でも持ち歩くものが多いので、来年は全体的にスリム化を図りたいと思っています。
胸ポケットに入るスマートフォンも必要かも・・・(笑)。
3. Posted by ZEAK   2006年11月01日 08:52
>胸ポケットに入るスマートフォン
おーい(笑)
あれ?[es]は?胸に入らないか。(笑)
自分は、鞄ふぇち(汗)なので、何か持っていないと不安になります。
4. Posted by WAKI   2006年11月01日 17:16
やはりPalmOSが使えるTreo日本語版が出てくれるのが理想ですね。

私も「手ぶら」は苦手です(笑)。
最近、休日は、Dr.ionのマルチワークケースだけ持ち歩いているので、
この中に収納できる範囲で詰め込んでいます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔