2007年06月09日

ミニ万年筆コレクション

1734ee3e.JPG結局ガマンできずに買ってしまいました(笑)。先日ご紹介したパイロットの「レグノ89s」です。普通の万年筆よりはショートタイプですが、私の持っているミニ万年筆の中では、一番”ロング”です。ボディ色は、万年筆では珍しいディープレッドとどちらにするか迷いましたが、やっぱり”冒険”できずシックなブラックにしました。この万年筆の魅力はなんといってもその質感です。ひんやりした金属ボディもいいのですが、手に優しく馴染む木の感覚は持っているだけで癒されます。黒とシルバーを基調とした奇を衒わない上品なデザインは、大人の上質を感じさせます。先端がキュッと絞り込まれたクリップのデザインも気に入りました。さて、肝心の書き味ですが、選んだFのペン先は、手帳などに程よい細字で、少し堅めですが、滑り過ぎない正確な筆記感は、角ばった日本語にマッチしているように感じます。ちょっと残念だったのが、キャップが少し太めなため、吉田カバンのミニ6穴手帳のペンホルダーに入れると、ちょうどキャップのところで引っかかってスッポリ収まらないことです。まあ、ムリすれば入らなくはないので、ガマンしてセットして使うことにします(笑)。いずれにしても、かなり気に入ったので、メインの筆記具として愛用していきたいと思います。

waki1958 at 10:51│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ZEAK   2007年06月11日 08:46
おめでとうございますぅ〜。(^^)/
一人でも多く万年筆ファンが増えてくれるのがうれしいです。
書き味がちょっと堅めというのが、個人的には気になりますが、
まー、人それぞれと思うので慣れてくるでしょう。
この手のタイプは、手帳などに書き込む事が多いので、細い
方が良いでしょうね。
末永くおつきあいをお願いします。
2. Posted by WAKI   2007年06月11日 12:36
背中を押していただきありがとうございました(笑)。
本当は、セーラーのプロフェッショナルギア・ミニが欲しかったのですが、
予算オーバーなので、とりあえず手が届く範囲で、物欲を鎮めました(笑)。
そのうちコンバーターも入手して、インクの入れ替えも楽しみたいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔