先日、香取市の森戸地域の祭礼に招かれ、よさこいを披露してまいりました

機械のトラブルで焦りましたが、なんとか無事に終えることができました

区長さんはじめ、地区の皆様に手厚い歓迎をされ、感謝、感謝でありました
やっぱりよさこいは、競技じゃない、共戯だということがはっきりしたひとときでした よさこいをとおして、様々な人が一つになって同じ時間を共有する。
なにかと今の世の中、競い合うことが多く、それによってぎくしゃくしたりするが、よさこいだけはそんな事ないようにしたいもんです

喜んでもらえる
元気になってもらえる
何かワクワクしてもらえる

これでいいんじゃないでしょうか