脇見恐怖症は克服できる病気です。

脇見恐怖症歴10年の自分が、完全克服した経緯を綴るブログです。 病気は「経験した者でなければ本当の痛さは分からない」と思います。 正直、他の精神病の方の気持ちは分かりません(共通する面は多いけど) だから脇見恐怖症の人だけ見てくれればと思います。 因みに、主観で書いていますが、 10年苦しんだ上での主観ですので、あしからず。 専門的な知識はないけど、客観視だけでは治らない病気だと認識しています。 ではでは、ごゆるりと(*・ω・)ノ

ブログ終了に当たってのスレッド(撤回!)

こんばんは(*・ω・)ノ

長年に渡って綴ってきた脇見ブログを閉鎖する事にしました。
記事としては残したい文面もいっぱいあるけど、
『管理』となってはまた違うしね(サイト管理人にしか分からないかw)

閉鎖する1番の理由は、

脇見の人、脇見じゃない人含め人間は、
『自分自身である』という事。
十人十色という言葉があるように、
全ての人は違う。(=違った良さがある)
それを一色単に「こうだ!」と発信している「俺」に疑問を抱いたからです。

まぁ、このサイト(blog)に書いてきた内容は
大筋間違っては無いと思うけど、自分の主観で書いているし、
万人に受け入れられるとも思っていません。

次に、自分が目指すものは『人の笑顔
まぁ、正直あんまり考えてないんだけど、
純粋に泣いているよりも笑っている方がよくね?w

って感じ。ホントにそれだけ。

自分は、そっちの方を重点にシフトしていきたいかなーって思ってる。
つまり、
『脇見サイトをやめて、もっとバカなサイトを作ろうと思ってる(みんなが笑えるような)』
そっちの制作に力を注ぎたい!
お笑いサイトかな?でも、誰もやった事のないようなw
そういう理由です。

並行してやらない理由は、ぶっちゃけ『疲れるから』です。
HPとして『残す』ならいいけど、管理人は「管理しなければいけません。」
それが義務だと思っています。
だから管理出来ないと判断したら、閉鎖がベストな選択だと判断しました。



、、と思ったのですが!!

前言撤回で申し訳ないのですが、
このブログは辞めない事にしました!
もう意志は変えません。
多分、俺が死ぬまで辞めません。

理由はやっぱり『示したい』から。
あと、誰に出来る事でもないから。

基本的に「言いたい事は言った」し、スタンスも方向性も変わらないと思います。
それでも、このブログを必要としてくれている人がいるなら、
続けたいと思えました。


聞きたい事、言いたい事、
その他何でも書き込んで下さい♪

ではでは(*・ω・)ノ

初めまして

脇見恐怖症歴10年(17~27歳迄)

苦しく長い脇見恐怖症を克服した道のりを綴ります。
ネットで検索(主に2ちゃんねるが多かったかな)
をしても悲観、批判的な発言が多く、
重度な俺にはキツかった。

皆さんの役に立つかどうかは分かりませんが、
客観分析&どうやって治したか?と、
脇見恐怖の本性は何か?
を伝えたくてサイト(blog)を開設しました。
気楽に宜しくお願いします。

<管理人自己紹介>
・名前=ヨシ
・年齢=34歳
・血液型=B型
・趣味=ラーメン、金沢カレー、ドライブ、水泳、マラソン
・好きな曲=Hilcrhyme全般

ヨシのラインID=riptom
気楽になんでも話してきてください♪

<報告>
数年ここのサイト(blog)をやってきましたが、
更新に関しては、もう少し記事を纏めて終わろうと思います。
理由は『言いたい事は言った』し、
あと、最も大切なのは、(脇見に限らず)『自分自身』という所からです。
春くらいを目処にここのサイトを完結させて、

4/1にここのblogを閉鎖しようと考えています。
長らく有難う御座いました♪

と思いましたが、&前言撤回で申し訳ないのですが、
blogは続けていこうと考え直しました。


<更新履歴>
実体験が必要な理由               2014.11.5
金沢オフ会レポート作成
           2015.1.4
・オフ会参加者が治らない理由   2015.2.8
脇見恐怖症を治す方法(まとめ) 2015.2.8

<お勧めの曲>

パーソナルカラー(Hilcrhyme)
http://www.youtube.com/watch?v=pQci6zII3x8
大丈夫(Hilcrhyme)
http://www.youtube.com/watch?v=_k86if3Ao0A
エール(Hilcrhyme)
http://www.youtube.com/watch?v=-7Sl36TZX6U

<お勧めライン>
エリックさんのライングループがあります。
地域別に分かれていて、現在(2014.7.11)約160人が参加しています。
お勧めできるポイントは地域別になっているので、参加し易い所。
そして、今人数が少ない所でも、参加人数が集まればグループを結成してオフ会が可能な事。

グループには「脇見相談室」という部屋もあるので、そちらにも参加可能です
リアルタイムで会話できるので、興味のある方は参加してみてください♪

(2014.9.30)
こんにちはエリックです。
ラインで全国各地に脇見のグループがあり
オフ会の打ち合わせができるようになってます。
よかったら利用してみてくださいね。
エリックのラインID=d3yl

現在グループが結成されている地域
札幌十勝
新潟
北陸
長野
宇都宮
土浦
千葉
錦糸町
町田
八王子
神奈川
浜松
豊橋
関西
和歌山
兵庫
徳島
山陰
山口
福岡
熊本
沖縄


<お勧めサイト>
http://new.wakimin.com/
(NEW!脇見恐怖症のサイト)

隆志さんの運営する脇見恐怖症サイト。
できたばかりの新しいサイトなので(2014.7.29現在)今後に期待できます♪

主に投稿型サイトなので、脇見の皆さんで情報を共有できるというメリットがあります。
脇見の職歴、飲んでいる薬、克服に関して、オフ会等、様々なコンテンツがカテゴリー別になっているので、とても解りやすいです。


脇見恐怖症オフ会スレッド

脇見恐怖症のオフ会をネットで探していたんだけど、
見つかりません((汗)

んで、無い物ならば「作ればいい」という事で、
このスレッドを脇見オフスレッドにします。

脇見恐怖症のOFF会スレです。
自己視線恐怖症の方もおkです。

【参加可能地域】******
【参加可能日時】******
【コメント】*********


某所よりコピー(笑)


・細かいルールなどは設けません。

・アドレスは載せてもいいけど、自己責任で。
  掲示板コメント欄を利用しても、メールでやり取りしてもOK。

・質問や削除依頼も、コメント欄にどうぞ♪

・会う以外にメル友募集用として利用してもOK!(2013.10.31追記)

・基本管理人(ヨシ)は関与しませんので、連絡を取り合いたい場合は、
  捨てアドを習得して載せるのがベターかな?(2014.08.07追記)

・こんな所かな??徐々に追記していきます!

ナオさんの克服例

ヨシさん、初めまして。いつも掲示板を拝見させてもらっています。
私は脇見歴10年、29歳の男です。

いきなりですが、先日同じ悩みをもつ脇見の方と会って、色々な実験をしたので報告させてください。
実験というのは脇見恐怖症の起こしそうな場所などに行っていつも通り過ごし、区切りのいいとこで視線を感じたか嫌なオーラを感じたかをそれぞれお互いに4段階評価で嘘偽りなく紙にはっきり書き、同時にその紙を交換するというものです。

結果ヨシさんのいう通りお互いに視線オーラ等何も感じず、4段階評価のうちお互いが書いたのは最低ランクの1でした。
ちなみに、ランク1=全く何も感じない、ランク2=時々視線を感じる、ランク2=頻繁に視線を感じる、ランク4=常に視線を感じ、隣には座りたくないというふうにランク分けしました。

それで、お互いが全てのシチュエーションにおいてランク1という結果になり、これは情とか一切なくはっきり書いた結果です。ちなみに今までの恐怖症状も話し合ってお互い全く一緒です。
正直しいて言うなら感じたのは相手に脇見で迷惑かけてんじゃないかなとかの自分の一方的な不安感だけでした。相手の方も同じでした。
相手の方も経験あるらしいのですが今まで普通の人に実際に症状だけを言って聞いたことがあったらしいのですが、何も感じないとか、何のこと?とか、笑いながら考えすぎと言われたのですが、それは本当だったというのが今回でわかりました。

お互いその後は気分がだいぶ楽になって紙を使わず普通に遊びました。まだちょっと受け入れることができず、不安感が完璧にとれたわけではないですが、それもこの恐怖症系統の症状の一つなのでかなり楽になりました。何より結果が物的証拠として出てるのでこれが全てだと思います。実際に何もない事実や物的証拠が欲しいかた、自信をつけたいかたはどんどん同じ症状の人と会うのがいいなと思います。


長々と書きましたが、結論として、

1:脇見は思い込みである
2:相手に視線は与えていない
3:脇見は治る

ということです。

私は先のとおり、同じ悩みをもつ脇見恐怖症の方と会いましたが、その方は普通の方で、話さなければ、脇見恐怖症で悩んでるとは全く思わないような方でした。

ですが、脇見恐怖症の方はマインドコントロールのように脳に刷り込まれているので、何を言ってもあまり信じれないと思います。私もそうでしたから。

だから、ヨシさんのいうように勇気をもって脇見恐怖症の方に会い、自分が体験して納得するしかないと思います。



あと、追記するなら、実験というのは、主に図書館で行いました。

1:隣同士に座って、黙って読書する

2:隣同士に座って、前方を見る

3:向かい合わせに座って読書する

等です。
先日の書き込みの通り、相手からは全く視線を感じず、嫌なオーラとかそういう類いのものも一切感じませんでした。相手も同じことを言うてました。

あと、車で隣同士に座って、ドライブ。
カラオケをしたり、ご飯を食べたりしましたが、全く何も感じない!!です。


くどいようですが、視線やオーラ、脳波、電磁波等、何も感じない。
幻想、思い込み、マインドコントロールというやつです。

逆に思ったのですが、視線を隣の人や前の人等に与えることができるとするならば、それはもはや、エスパーか超人レベルだと思います。
それで金儲けができそうな気がします笑
マジシャンでもエイリアンでもないのですから、そんな超人技できるわけありません。


結論→思い込み
この一言に尽きます。

長文すいませんでした(^o^;)

板を設置してみるテスト

こんばんは(*・ω・)ノ

試験的に脇見スレッドを作成してみようと思います。
レンタル掲示板は意外に使いにくいという事が分かったので(種類に因るか?w)ここを脇見雑談スレッドとします。

オフ会掲示板に書き込んでもいいんだけど、もっと気楽な感じで書き込める「板」
として機能してくれればと思っています。

<ルール>

・基本的に何でもOK!
・つぶやいても叫んでもOK!
・管理人宛でも、呼びかけても、今日こんな事があったよー!とかでもOK!
・返信も自由
・問題があればその都度対処していきます。

・それでは、コメントをどうぞ♪.。゚+.(・∀・)゚+.゚♪♪

オフ会参加者が治らない理由

こんばんは(*・ω・)ノ

ずーっと考えてきた、
『オフ会に何度か参加しているメンバーが治らない件』
についての考察です。

数年考えました(2008年~2015年迄)
で、結論が出ました。


その1『目的意識が薄過ぎる』

自分が(同じ脇見恐怖症者と会って)どうしたいのか?がまるで見えてない。
俺は刺し違えるくらいの覚悟(=決死の覚悟)で同じ症状の人と会った。
理由は、脇見とは何なのか?真実が知りたかったから。
自分の『目的意識』に因って結果が変わってくるのは当然。

その2『脇見は治らなくてもいいと思っている』

同じ脇見恐怖症者に会うと決めたのは、
『脇見と言う不可解な症状の原因を知りたかったから』だし、
簡単な気持ちで会うと決意した訳じゃない。

脇見恐怖症者と会うと決めてからは、
「脇見が治らなくてもいい」なんて思った事はない。
何としても原因を突き止めるんだ!
脇見って何なんだよ!ほんとにもう!!

って感じだった。

みんな、気持ち足りてる??
本気で脇見治したいの??

その3『継続しない』

大体の人が1度会うだけで、2回会う事はしていません。
心に染み込んだ数年間~数十年のシミは1度では取れません(例外あり?)
正直、同じ症状の人と会う事での心身の疲労は半端ないです。
時には病状が悪化する事もあるかもしれません。

けど、当たり前だけど、
進むには痛みを伴う時もあるでしょ?
俺は痛むから、回復に向かってるんだなー。と思っていたが?

痛みを恐れ過ぎてしやいないか??
乗り越える勇気と忍耐も必要だ!

その4『脇見以外の病気が併発してオフ会が的を得てない』

脇見恐怖症の人は様々な恐怖症が複合してあるケースが多い。
その為、会ったとしても、脇見の話なのか、他の病状の話なのか分からなくなるケースもある。
折角会っても、話がチグハグで終わる事もある。
しょうがないと言えばそれまでだが、脇見恐怖症同士で会って、脇見の話をしないと意味がない。


その5『変化に柔軟な対応が出来ない及び客観視出来ていない』
(2015.02.07追記)

自分が10年間にも及ぶ、長くて苦しかった脇見恐怖症を克服できたのは、
同じ症状である脇見恐怖症の人と会ったから。というのが直接の要因ではあるが、それはきっかけであって、実際に『脇見恐怖症を治したのは自分自身だ。』

何故かと考えた。これも2008年~2015年迄。
同時に、何故自分だけが治ったのか??(オフしたメンバーは治らず)
とも深く考え続けた。そして気付いた事がある。

脇見恐怖症を克服出来ない人は『変化する事に慣れていない』人が多い。
もっと言えば『変化に弱い』
正直、脇見恐怖症を克服するには自分の場合、
『過去10年間の辛かった脇見時代、その全てが自分の妄想であった。』
という結論に、脳内をスイッチ(=切り替え)しなければならない。
つまり、
『自分自身を(新しい現実に合わせて)変化させなければ、脇見は治らない。』

そんな事できる??
できる筈がない!!

何故なら、自分は10年間、妄想で悩んで泣いた訳じゃないし、
鬱病になった訳じゃない。
ふざけるな!何が妄想だ!!
脇見の話だろ?論点をすり替えるな!
という思いだった。

という所まで含めて、纏めて、
その全てを大きい何かで包んで、スイッチしなければいけない。(=切り替えなければいけない)

オフ会参加者も、きっと『他の脇見の人からの視線は感じていない』と思う人が多いと思う(全員に聞いた訳じゃないけど)けど、自分の視線の話となると、やはりほぼ全員が『脇見をしている。』と言う。
まぁ、それは分かる。脇見恐怖症の集まりでそれが普通の答えだと思う。

何が言いたいかというと真面目なんだよね。主観が強すぎて、客観的に相手(脇見恐怖症者)を見ていないんじゃないかな?オフ会で。主観だけで物事を見る為に開いたオフ会であるならば、何度やっても脇見は治らない。着眼点を変えなくてはいけない。

『主観と客観を織り交ぜた物の見方』と、
『変化出来る柔軟な思考回路』

この2つは絶対必要。

オフ会参加者今までに50人くらいと会ってきたけど、
2人は両方出来ていて、あとの全員は両方出来ていませんでした。

『変化に合わせて、新しい現実に対応する能力』

というのは脇見だけに限らず、人間としても必要不可欠な力。

生まれ持った性格的な要素も大きく絡んでくる話なので、
どうすれば効果的にこの2つを手に入れられるかはまた考察してみます。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ネットでお小遣い稼ぎに♪
1年で10万円貯めました☆
メガネ選びの参考に
  • ライブドアブログ