オカネダイスキ
最近始めたバイトで羽振りが良くなった須藤遠亜。友人にはキャバ嬢のヘルプだけだと説明しているが、実は客に体を売って稼いでいた。
おじさん相手に抵抗はなく、むしろ手っ取り早く稼げるので自発的におじさんと体を重ねていくが、次第に絶頂することが目的になり連休を使ったお泊まり会で遠亜とおじさん達の本能が爆発する。
「お互い人間なの忘れてケモノみたいなセックスしようよ」


「こ、これはっっ! これが異世界の超エロスマホ&超エロアプリの力か!」「このスマホさえあれば学園一の能力者にのし上がる事も可能か……というか女子を全員征服できるかもな」なんだろう……俺の中のガイアがそう囁(ささや)くように、超エロアプリを使って大いなる覇業を成就しそうな予感がする。運命に突き動かされるように俺の下半身は今、内に秘められた野望へ向かってゆっくりと頭をもたげ始めていた。
もっと画像が見たい方は下記の「続きを読む」からどうぞ!
オカネダイスキ
d_194306jp-001
d_194306jp-002
d_194306jp-003
d_194306jp-004
詳細は下記からどうぞ
オカネダイスキ


もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロアプリ学園!
views_0692jp-001
views_0692jp-002
views_0692jp-004
views_0692jp-006
詳細は下記からどうぞ
もっと!孕ませ!炎のおっぱい超エロアプリ学園!






おすすめサイト様の新着記事


わくてか速報TOPへ戻る

最近の人気記事一覧