2021年03月04日 08:00

jean
 え〜、かなり長くシリーズが続きましたので、今日は息抜きでオジサンが最近、久しぶりに見た映画について書こうと思います。
勝手にしやがれ」(紹介はコチラ)は、映画好きなら一度は見ていると思われる映画史上に大きな革命をもたらしたと言われている傑作です。オジサンは30年ほど前にビデオで見たのが最初だったと思いますが、1月にお国のBSで放送していたので、とりあえず録画、最近やっと見ることができました。
ヌーベルヴァーグの最高傑作とか、映画の文法を壊した革新的な作品というのが、本作の評価でよく見られる文章ですが、この映画の重要な点は、退屈な芸術映画ではなく、映画として誰が見ても面白く、そして印象に残るという点だと思います。
この映画の革新的な点や、ゴダール、そしてこの映画に協力したヌーベルヴァーグの中心的な面々(トリュフォーやシャブロル)については、解説されているサイトが多数ありますので、そちらを見ていただくとして、オジサンが久々に見て感じたのは、「フランスでしか生まれなかった映画」という点です。
この映画、警官をブチ殺し、車を盗んでアメリカからの留学生の女とよろしくやるという、ま〜、無軌道でワルな若者(ジャン・ポール・ベルモンドが最高にカッコいい)が主人公の映画ですが、この設定やストーリーは、ゴダールも認めているようにジャン・ピエール・メルヴィルのフィルム・ノワールの世界なんですね。そして、留学生の女(ジーン・セバーグが生き生きと演じてます)とのドライな関係は、フランス映画が伝統的に得意とする、「男と女」を描いた映画でもあるのは確かです。
この映画の映像や演出の斬新さはオジサンの語るべきところではありませんので、あえて書きませんが、「勝手にしやがれ」は、フィルムノワールの秀作であり、恋愛映画であり、ドキュメンタリーのようであり、さらに青春映画として今なお斬新で色あせない優れた映画というのが、30年ぶりに見たオジサンの印象です。


2021年03月03日 08:00

FRK
 え〜、それにしても未見の作品を無理やり機械翻訳を使ってストーリーまで紹介するという、youtubeの映像がなければ噴飯もののシリーズを平気で続けているオジサンもどうかしているのは確かです。

さて、今日紹介する作品は1972年にスペインで作られた「三大怪人・史上最大の決戦」という、東宝の怪獣映画みたいな邦題の作品です。B級映画マニアにはわりと知られた作品で、監督は我らがユーロトラッシュの帝王ジェス・フランコですんで、期待すべきか難しいところではあります。
三大怪人とは何かといえば、ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男という怪奇映画の大物3人(?)でありまして、これらを全部出演させて戦わせれば面白くなるだろうという、ま〜安直な発想の元に作られたであろうことは想像できるでしょうか。
お話としては、人造人間を完成させたフランケンシュタイン男爵は、ドラキュラに同盟をもちかけ、世界を支配しようともくろむ。事態を察知したスウォード博士は、ドラキュラを一度は倒すが、人造人間が連れてきた女の血で復活。スウォードは人造人間に殺される。が、ジプシー女の呪術でスウォードは生き返り、狼男の力を借りて人造人間を倒す。追い詰められた男爵はドラキュラを殺して逃亡するのが・・・、というもののようです。
ちなみに、三大怪人はさほど活躍しないうちに、フランケンシュタイン男爵に抹殺されてしまうという、脱力必至の展開が待ち受けています。


2021年03月02日 08:00

phives
 え〜、去年の今頃はマスクが不足して、入荷予定の張り紙があるとドラッグストアに朝から行列なんてことがあったのが思い出されます。思えばオジサンも通販で高いマスクをなんとか入手したなんてこともありました。

さて、今日紹介する作品は1972年に英国で製作された「怪人ドクター・ファイヴスの復活」という作品です。
先月紹介した「怪人ドクター・ファイヴス」の続編で、前作と同様にヴィンセント・プライスがドクター・ファイヴスを演じ、他にもロバート・クォーリー、ヒュー・グリフィスなんて有名どころが出演、監督は前作と同様にロバート・フューストという人です。続編まで作られているということは、第一作がそれなりにヒットしたということなんでありましょうか。
お話としては、月は予定された角度で上昇し、3年後に眠っているファイブス博士を目覚めさせます。 驚いたことに、彼は自分の家が取り壊され、パピルスの巻物が盗まれたことに気づきました。この巻物は、生命の川が流れるエジプトのファラオの墓を見つけるために必要です。 パピルスの盗難の原因を特定した後、彼は荷物をまとめて、助手のヴァルナビアと一緒にエジプトに向けて出発します。それは、亡くなった妻のビクトリアを目覚めさせるためであったが・・・、というもののようです。
本作はコチラで全編が見れるようです。



2021年03月01日 08:00

rawm
 え〜、今日は月初めの日ですんで、久々に洋楽ネタをやろうと思っていたんですが、どうも気分が乗らない(仕事が忙しいせいで)ので、シリーズを続けます。

さて、今日紹介する作品は1972年に英国で製作された、「地獄のサブウェイ」という作品です。実力派の脇役俳優で、刑事コロンボ・シリーズの名作「別れのワイン」でもお馴染みのドナルド・プリーゼンスが主演のカニバル物で、本作の別タイトルが「Raw Meat」ですから生肉ということになります。
お話の内容はといえば、ロンドンの地下鉄で行方不明者が続発。スコットランドヤードが捜査に乗り出すと、大昔の地下鉄工事の際に数名の男女が生き埋めになっていた事実を知る。そして驚くことに彼らはこの閉ざされた空間で、ネズミを喰らい子孫を作り現在まで生き延びていた・・・、というもののようです。
英国のホラーとかSFは、妙にシニカルな作品が多いように感じるのはオジサンだけでしょうか。


2021年02月28日 08:00

 え〜、二月も今日でオシマイですが、思えばこの一年以上ずっと新型コロナウィルスに世界中が翻弄されていますが、発生源と目される中国は知らんぷりですから、いっそ中国以外の国が全部中国へ損害賠償を求めるなんてのはどんなもんでしょうか。

さて、今日紹介する作品は1972年にアメリカとフィリピンの合作で、「悪魔の娘たち」という作品です。予告編の映像を見ただけでも安っぽい感じが伝わってきますが、実際、海外サイトでの評価も10点満点で4.5ですんで、期待してはいけない作品のようです。俳優さんとしては、「コーマ」とか「ミッドウェイ」、「スリーメン&ベイビー」の脇役俳優、トム・セレックが主演しています。
お話としては、ジェームズ・ロバートソンは、火あぶりの刑に処される魔女を描いた絵を購入するが、そのうちの一人は妻のクリスに不気味なほど似ていた。魔女に似た絵の中の魔女の人格に次第に乗っ取られたクリスは、他の2人の転生した魔女と手を組み、ジェームズの死を計画していたが・・・、というもののようです。

2021年02月27日 08:00

dopyu
 え〜、このシリーズを楽しんでくれている人がどれくらい居るのかは判りませんが、とりあえず安定した訪問者数(少ない人数ですが)を維持できていますので、なんとか続けようと思っているオジサンです。

さて、今日紹介する作品は1972年にフランスで作られた「悪霊の家」という作品です。安直で判りやすい邦題の付いた作品ですが、英語版のタイトルが「Explusion of the devil」ですんで、魔除けといった意味になるでしょうか。
ファン・ブニュエルとかいう監督さんの作品ですが、この人は偉大なるルイス・ブニュエル監督の息子さんです。主演はフランソワーズ・フェビアンという女優さんですが、この人はカトリーヌ・ドヌーブの「昼顔」(父親のルイス・ブニュエルの監督作品)に出ていましたね。他は知らない人が多いと思っていたら、なんとジェラール・ドパルデューが出演しておりました。
お話としては、田舎の空き家を購入した夫婦。やがて彼らは奇妙な幻覚や出来事を目撃するようになる。やがて息子と思春期の娘がポルターガイストに取り憑かれてしまうが・・・、というもののようです。



2021年02月26日 08:00

blitt
 え〜、1971年の映画の紹介が長く続きましたが、今日からは1972年に突入です。思えば1972年頃オジサンは中学二年生で、映画なんて全く興味がありませんでした。

さて、今日紹介する作品は1972年に英国で作られた、「アサイラム/狂人病棟」という作品です。ピーター・カッシングが出演していて、監督が「ヴァンパイア・ラバース」のロイ・ウォード・ベイカーですんで、ハマーの作品化と思ったんですが、そうではありませんでした。オムニバス形式の映画のようで、若き精神科医の一人が、雇用条件を満たすために精神病院の4人の受刑者と面談する。彼は、1)殺された妻の復讐、2)非常に特殊なスーツを作る仕立て屋、3)兄の陰謀と思われる自分の正気を疑う女性、4)人間そっくりの頭を持つ小さなおもちゃのロボットを作る男の話を聞くが、それは発狂した元院長を探し出すためだった、というものです。
キャストはなかなか豪華で、カッシング以外にも、ハーバート・ロム、バーバラ・パーキンス、リチャード・トッド、ブリット・エクランド、シャーロット・ランプリングと揃っています。一般ウケする映画ではなさそうですが、コチラで全編が見れるようです。


2021年02月25日 08:00

virg
 え〜、オジサンは映画関係の資料本をそこそこ持っていますが、何せ今の時代はネットで検索すれば何でも出てきますんで、ネット情報の真偽はともかく、便利なのは確かです。

さて、今日紹介する作品は1971年に英国で製作された「地獄のバージン」という、なにやらそそる邦題の作品です。予告編の映像を見ても女の子のクオリティは發ないものの、エロいシーンが結構あるようですので、オジサン的には可能なら全編見たいタイプの作品です。
本作に主演しているのはアン・ミッシェルとヴィッキー・ミッシェルという女優さんなんですが、二人は姉妹で、アンの方が二歳年上の姉で、アンは1990年代まで、妹のヴィッキーは現在も女優として活躍しているようです。
本作の内容としては、クリスティンは、シビル・ウェイトの代理店に応募した時、モデルとしての大きなチャンスを得る。クリスティンの妹ベティと一緒に、週末の撮影のために田舎の家に行くが、シビルはモデル以上の目的でクリスティンを城に誘い込んできた。驚いたことに、クリスティンは魔女の集会に参加することを熱望していたが、それは彼女自身の秘密との戦いの始まりでもあた・・・、というもののようです。(イマイチ判りませんね)


2021年02月24日 08:00

frorinda
 え〜、早いものでこのシリーズも30回目を迎えました。
資料本では1960年代(今回は割愛しましたが)から1990年代までの作品リストが掲載されていますので、未公開作だけに絞っているとはいえ、まだまだ続くのは間違いありません。

さて、今日紹介する作品は1971年にイタリアで作られた「幻想殺人」という作品です。監督は「サンゲリア」や「ビヨンド」、「地獄の門」といったエグい作品で知られるホラー職人のルチオ・フルチですが、この時代のフルチは何でも作る職業監督の一人だったようです。
本作はこの時代に多数作られたジャッロ映画の一編で、この時代に日本でもそこそこ人気のあったフロリンダ・ボルカンが主演、他にもジャン・ソレルや50年代には結構活躍したスタンリー・ベイカーも出演しています。
お話としては、ロンドンでキャロル・ハモンドは、夫のフランク・ハモンドと連れ子のジョーン・ハモンドと一緒に派手なビルに住んでいた。キャロルは裕福で著名な弁護士で政治家のエドモンド・ブライトンの愛娘であり、フランクは彼の事務所のパートナーであり、デボラと恋仲になっている。キャロルの隣人ジュリア・デュラーは、ドラッグや乱交パーティーを推進する堕落した女。キャロルはカー博士の精神分析セッションを受けており、殺人を見ていたカップルと一緒にジュリアを3回刺して殺すという悪夢に興味をそそられる。ジュリアが彼女のアパートで死んでいるのが発見されたとき、効率的な警部コーヴィンと彼のパートナーの巡査部長ブランドンは、調査するために割り当てられています。すべての証拠はキャロルに指摘するが、夢だったのか現実だったのか?
というもののようです。

オジサンはジャッロ映画が結構好きなんですが、その多くが日本未公開なのは残念な限りです。


2021年02月23日 08:00

zodiac
 え〜、オジサンの知人でシステム会社の営業をしている人(60歳くらい)に聞いたんですが、バブルの頃は夜中まで仕事をして、残業が月150時間があたりまえで、お金がたまると新しい車が欲しくなり、次々と買い替えたということでした。(当時はシステム・エンジニアだった)
今では考えられませんが、ある意味ではまだ明るい未来を描けた時代だったのかも知れませんね。

さて、今日紹介する作品は1971年に製作された、「サンフランシスコ連続殺人鬼」という作品です。今もって犯人が誰であるか謎の「ゾディアック事件」を題材にした作品で、トム・ハンソンという人が監督していますが、俳優さんも特に有名な人は出演していませんので、話題性だけを目的とした映画なんでありましょうか。
一応お話としては、サンフランシスコでは、動機やパターンのない一見無作為の殺人事件が相次いで発生している。警察には電話や手紙がかかってくる。凶悪犯は暴力的なトラック運転手なのか、一見温厚そうな郵便配達員なのか、それとも警官なのか?、といった感じですが、何せ実際の事件の方がずっと不可解なものであるが故に、劇映画としては難しかったであろうことは想像できますね。
ゾディアック事件を扱った作品は何本かあるようですが、日本未公開作が多いようです。




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
人気ブログランキングへ
記事検索
QRコード
QRコード