astz5
 え〜、1976年のTV洋画視聴率シリーズ、いよいよTOP5の発表です。
ちなみに、1位と2位は同じ映画の前編と後編が入っていますが、当然のように後編のほうが高い視聴率を記録しています。とはいえ、TV局としては満足のいく数字ではなかったと想像されます。
この年の視聴率TOP5は以下のようになっています。

1位 ゴッドファーザー(後編)/27.7%/10月20日
2位 ゴッドファーザー(前編)/25.6%/10月13日
3位 シェーン/23.7%/10月5日(再放送)
4位 ポセイドン・アドベンチャー/23.0%/10月11日
5位 サウンド・オブ・ミュージック/22.4%/10月10日

1位〜3位はすべて日テレの「水曜ロードショー」で放送された作品で、日付を見ると判るように、3週連続で高視聴率を稼ぎ出し、それらがこの年のTOP3という、実に輝かしい結果を残しています。
とはいえ、「ゴッドファーザー」ほどの世界的大ヒット作でも30%に届かないというのは、やはりTV洋画が曲がり角に来たという状況を表している結果であることは確かです。
オジサンの大好きな「ポセイドン・アドベンチャー」は順当な数字を記録したといえますが、特筆すべきは「サウンド・オブ・ミュージック」でありまして、TV洋画では鬼門ともいえるミュージカル映画でありながら、これだけの視聴率をあげたのは作品の良さに他ならないと思われます。