astec1
 え〜、当ブログも12年近く続けていますので、もはやネタはとっくに切れており、それでいながらほぼ毎日更新している訳ですから、内容なんぞ何もないという状況に追い込まれております。そんな中、「ゴミ映画」シリーズを書いている訳ですから、「ゴミBLOG」であることも確かです。

さて、今日紹介する作品は、1977年に作られたTVムービーで、「毒蜘蛛タランチュラ・死霊の群れ」という作品です。以前に70年代に放送されたTVの洋画番組の視聴率のネタを書いたことがありましたが、実はTVムービーは大作や名作映画より高い視聴率を稼ぎ出すケースがありまして、特に70年代に流行したパニック映画のTVムービーなどは高視聴率を稼いだものでした。
本作もそんなパニック系の作品で、ストーリーとしては南米から空輸されたコーヒー豆に紛れ込んでいたタランチュラが機内で暴れ出し飛行機は墜落、やがて大繁殖したタランチュラは田舎町を襲い町中パニックになる、とま〜いかのもTVムービー的なストーリーだったりします。

ついでながら、70年代中期の蜘蛛物といえば、サイテー映画のジャンルではたびたび取り上げられる、「ジャイアントスパイダー大襲来」がありますね。