ast4
 え〜、映画ネタを書くには今ひとつ気分が乗らない(日本映画ということもあって)オジサンですが、洋楽ネタもネタ切れですので、とりあえずシリーズに復帰しました。

さて、今日紹介する作品は1958年の日活作品、「陽のあたる坂道」(紹介はコチラ)です。石坂洋次郎の有名作品の映画化で、主演は人気絶頂の石原裕次郎で、北原三枝、芦川いずみが共演しています。監督は戦前からの大ベテランの田坂具隆で、裕次郎は「嵐を呼ぶ男」に代表される歌謡アクション映画とは違った一面を見せています。
裕次郎が演じるのは裕福な家に育ちながら、実は父親が芸者に生ませた子供であることが心のキズとなっている屈折した青年なんですが、そこは裕次郎ですので、それがアウトロー的な魅力とある種の品の良さが一体となって魅力的なキャラクターとして演じられています。
この作品、裕次郎と北原三枝の共演作ではあるんですが、オジサンとしては裕次郎の妹を演じた芦川いずみの美しさに心奪われます。オジサンがこの時代の女優さんで最も好きなのが、芦川いずみさんだったりします。