vv
 え〜、昨日久々に西部劇が登場したと思ったら、なんと二日連続で西部劇になってしまいました。というのもネタ本では間にもう一本あるんですが、これがなんとyoutubeに動画がなかったんですね。そんな訳で不本意ながら二日連続での西部劇で行きます。

今日紹介するのは1939年に製作された「挑戦」(紹介はコチラ)という古い作品です。映像を見るとフォードの名作「駅馬車」あたりと共通な雰囲気を感じる典型的なオールド西部劇のように感じますが、お話としては、開拓期のアリゾナを舞台に、西部の町から暴力を追放するために立ち上がる保安官の姿を描いています。保安官を演じるのはサイレント時代から活躍していたジョージ・オブライエンで、彼に助けられる女教師をヴァージニア・ヴェイルなる女優さんが演じています。
戦前の作品ということで、恐らく見る機会はないと思いますが、判りやすい典型的な西部劇として評価できる作品なのかも知れませんね。