2021年01月21日 08:00

日本以外全部沈没

nihon
 え〜、オジサンの住む町では歩いて10分くらいのところにあった「〇UTAYA」が一昨年に閉店、残るレンタル店は「〇EO」が2店舗と昔からある「〇UTAYA」だけとなっております。オジサンがお世話になったアダルト中心のレンタル店は平成の20年代に続々と閉店、恐らくこの業態は消える運命なんだと思います。
そんな訳で宅配レンタルを利用しているオジサンですが、ダメな映画には寛容なオジサンでも、「こりゃアカン」と思う作品がタマにあります。そんな一本が今日紹介する「日本以外全部沈没」(紹介はコチラ)です。
才人、筒井康隆が星新一の思いついた題名を元に、本歌の作者である小松左京の許可を得て書いた短編小説がベースの作品ということで、SF好きには期待の高まる作品だったはずなんですが、脚本が悪いのか、監督の河崎実の個性とあっていなかったのか、まったくツマラン作品に仕上がっています。
まずもって最大の問題はテンポが悪く、観客としては話に乗り切れない、これが一番ダメな点で、エピソードや登場人物の整理ができておらず、メリハリに欠けるんであります。せっかく首相役にTV版で主演した村野武範を、さらに防衛長官役には映画版で主演した藤岡弘を、さらに田所博士に寺田農を出演させているのに、他の若手俳優はほとんど魅力ナシではどうしようもありません。
思えば日本ではパロディ映画は大当たりしたためしがなく、作り手側の自己満足に終わってしまうケースが多いことを痛感した映画でもありました。
ちなみに本歌の「日本沈没」は映画版よりも、TVの村野武範版(田所博士は小林桂樹)をお勧めします。

コメント一覧

1. Posted by 巨泉のクイズダービー   2021年01月21日 09:09
この作品かなり前に見ました金髪が日本人に媚びを売ってた(笑)
2. Posted by wakuwaku1776   2021年01月22日 09:46
確かにそのシーンは記憶に残っています
ただ、パロディならもっと弾けて暴走した方が良かったようにも感じます
(筒井康隆が許可しないか・・・)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
人気ブログランキングへ
記事検索
QRコード
QRコード