2021年02月26日 08:00

未公開スプラッター 32

blitt
 え〜、1971年の映画の紹介が長く続きましたが、今日からは1972年に突入です。思えば1972年頃オジサンは中学二年生で、映画なんて全く興味がありませんでした。

さて、今日紹介する作品は1972年に英国で作られた、「アサイラム/狂人病棟」という作品です。ピーター・カッシングが出演していて、監督が「ヴァンパイア・ラバース」のロイ・ウォード・ベイカーですんで、ハマーの作品化と思ったんですが、そうではありませんでした。オムニバス形式の映画のようで、若き精神科医の一人が、雇用条件を満たすために精神病院の4人の受刑者と面談する。彼は、1)殺された妻の復讐、2)非常に特殊なスーツを作る仕立て屋、3)兄の陰謀と思われる自分の正気を疑う女性、4)人間そっくりの頭を持つ小さなおもちゃのロボットを作る男の話を聞くが、それは発狂した元院長を探し出すためだった、というものです。
キャストはなかなか豪華で、カッシング以外にも、ハーバート・ロム、バーバラ・パーキンス、リチャード・トッド、ブリット・エクランド、シャーロット・ランプリングと揃っています。一般ウケする映画ではなさそうですが、コチラで全編が見れるようです。


コメント一覧

1. Posted by 巨泉のクイズダービー   2021年02月26日 09:52
やきんがおわりおかんがにゅういんしているほすぴたるに呼び出しがありタントウイからお話ししたいことがあるらしい10時にほすぴたるに行く
2. Posted by 巨泉のクイズダービー   2021年02月26日 21:22
担当医と話てきたたいいんが早くなりましたちなみにちゅういんひようは46まんくらいけいばそうとうがんさらなければアカン( ̄▽ ̄;)
3. Posted by wakuwaku1776   2021年02月27日 08:53
>>2
なかなか大変なんですよね〜・・・
ウチの親父(63歳で亡くなりましたが)が肝臓ガンで入院した時も、何度か医者に話を聞きに行ったのを思い出しました。
(最初の時に、「この病気で3年生きた人はいません」と、いきなり言われた)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
人気ブログランキングへ
記事検索
QRコード
QRコード