最初に「なにかおかしい」と思ったのは、
昨日、おいしく食べたチョコレートの味がやけに薄く感じたときでした。
あれ?変だな、とは思いつつも、
上あごや舌が火傷をしたときのように赤くなり、
痛みもあったため、
食べること自体が苦痛になってきており、
味のおかしさを深く考えることもありませんでした。

しかし、その後、
舌先のヒリヒリ感というかしびれというか、
おかしな状態は続き、
とうとう甘みだけでなく、しょっぱさもわからなくなりました。

そして、口の中に何も入っていないのに
しょっぱい感じがするようになってきました。

水を飲んでもしょっぱい、
お茶を飲んでもしょっぱい。
おいしくない、気持ち悪い、
でも、飲まないわけにいかない。

さすがにここまでくれば、
自分の舌がおかしいのだとわかります。

でも、認めたくありませんでした(^^;
自分が「味覚障害」になるなんて想像もしませんでしたから。