マリーンラインズで打ち合わせ空とつながる

January 01, 2018

ワルリの村での2018年元旦

DSC07106
戌年、ラジェーシュさんの家では子犬が誕生していた。名前はMaya。

1月1日、新年明けましておめでとうございます。
大晦日、23:55くらいからのフライング年越し爆竹が鳴り始め、ふぉーーう!!と賑やかな声が通りに響き渡ってた。

朝起きると、もう街は平常運転。
スーツケースを転がしながら駅へ。一路、Dahanuへと向かう。
「目的地行きの電車が3番線か、4番線から出るのか、電車がプラットフォームに入ってくるまでわからない」とジュース売りのおじさんもいうので、放送に耳をそばだてる。
26165242_1168910986576283_4094334089405645696_n

電光掲示板の表示はちょっとずれているし。と思っていたら、放送の前に掲示板に表示された。あ、3番線だ!注意を色々な方向に向けておくに越したことはない。網棚にスーツケースをのせ、安定のポジション確保。電車がまだ減速中なのに降りてくる人々を見ると自分にもできる気がしてくる(降り際に後ろからのプレッシャーが来る)のでやってみるが、よたついて危ない。Churchgate駅3、4番線のニンジン100%ジュースは、野性的な味。

26165326_1168911016576280_6334906126948955959_n


DSC07101
電車の中で正面に座ったRさんは、電車の運転手。
話しかけられた。「それは何の本?どう読むの?」
勤務を終えて家に帰るところだそうで、びっしりとした時刻表と電車の鍵を見せてくれた。
意外と車や家の扉の鍵と同じだったのに、びっくり。

DSC07105
Dahanuについたのは1時半くらい。 銀行仕事をする前に、まずは腹ごしらえ。
トマトマサラとベジプラオ(カレーピラフ)。うま!150RS(=270円)
でもお皿がプラスティックで、これが漆のお皿だったらもっと美味しく感じるんだろうな、と思う。

銀行でART PLUS BLUE Foundationの口座確認や書類作業を終えて、Rajeshさんの家へ。
LaxmiとMayaと再会。家族のみんなも元気そう。Rajeshさんは絵の仕事でNavi-Mumbaiにいるとのこと。ということは年越しは別々だったんだなぁ。急に入った仕事で、電波の届かないところに滞在中らしく、いつ帰ってくるかわからない、とのこと。あらら。

この日、僕は大事なミッションを抱えていた。
それは、Wall Art Festival in Inawashiro 2018に招聘したいと思っているワルリ画家 Morさんに会い、日本で描いてもらえるか説得することだ。
9月ぶりの村の空気を吸いたくて歩いて村の中心へ。日差しが強くて、空気が乾燥している。なんだか体が安心しているのを感じる。足取りが軽い。

DSC07110
「あ、okazuだ」という声が聞こえるので振り返ると、WAF 2013を開催したJivanshikshan Schoolの子どもたちがいた。いや〜大きくなっちゃって。それもそのはず、あれから5年が経とうとしている。

そこからはオートリキシャでMorさんが暮らす集落へ。
歩いて行くには結構距離がある。
「いよー、okazu」とフランクに迎えてくれる。家の床は土間のままになっている。椅子を出してくれるが、この上に座りたいです、というと、ゴザを敷いてくれた。二人で土間に座る。
Morさんの作品の特徴は、木だ。
「僕は木がすごく好きなんだよね」
木は他のワルリ画家の作品にもほぼ必ず1本は出てくるが、Morさんの木は並々ならぬ愛情が込められている。

DSC07111


DSC07132



DSC07122
誕生から死まで、ワルリ族の一生を描いた作品。
作品に込めた物語を丁寧に説明してくれるMorさんは、とても楽しそうな笑顔を見せる。
絵を描くのが好きな人なんだな、ということが伝わってくる。

 DSC07130
猪苗代の子たちがこの村に来たこと、帰国後に書いた作文が福島県から賞をもらったこと、Morさんが見て感じる猪苗代を見てみたい、ということを伝える。
WAF in 猪苗代 2018に参加してくれることを決めてくれた。
やった!!

Morさんの家を後にし、テクテク歩いていると、バイクに乗って実家から帰ってきたSacchanに再会!
「あれええ???びっくりしたー!」
新年一発目のサプライズ成功〜!
そしてTushar、Harshadとも再会。元気そう。Tusharが美味しいお茶を淹れてくれた。
もう夕方だったので近況を報告しあって、明日またね、と別れる。Mayurは北東部へ旅からまだ帰ってきていない。

久しぶりのRanjanaさんのカレーは、今回こちらに来てから初めての家庭の味で、ガッチリ胃ぶくろをつかまれる。

ピタージーと同じ部屋で眠る。

okazu 


wall_art at 23:30│Comments(0)WAF in INAWASHIRO | ワルリ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
マリーンラインズで打ち合わせ空とつながる