okazu塾

July 25, 2015

おかず塾 日本語−マラティ語・ワルリ語

DSC_1944 (800x450)
大きな大きな作業に片が付き、おかず塾でマラティ語+ワルリ語⇔日本語クラス、スタート。
お互いに約2年間触れてきた言葉、耳には結構馴染んでいる。と思いきや、発音を細かく教えてもらうと、かなり外していたことが分かった。日本語では、aiueoの5パターンと子音の組み合わせだけれど、マラティ語、ワルリ語には12パターンある。しかも、ヒンディ語とも結構違っていて、音の強弱を入れるとさらにパターンが増える。
その点、日本語の発音はかなりシンプル。一方、読み書きの難易度は高い。
教え合って、頭の中を整理して、口に出す。少しずつ話が通じるようになるのが楽しい。初めて英語で外国人の先生と話した時を思い出す。世界が広がる感覚。

おかず


wall_art at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 17, 2013

ピクニックメモリー アシェリー山 Picnic memory 1 Mt.Assheri

12月15日。朝7時過ぎ、ピクニックへ出発。
吐く息が白い。

最近のガンジャード村は、めっきり朝晩が冷え込むようになってきた。
日中は、30度近くあるだろう気温が、夜〜朝にはおそらく12度くらいになっている。
この日も、7時を過ぎてからゆっくり太陽が昇って来た。
光の熱の恩恵にあずかれるのは、8時半を過ぎたころから。

On 15th Dec. we started for picnic at around 7 am. Our expiration was white.
Recently, it is getting cooler and cooler in Ganjad. The temperature is near 30℃
on mid of the day, but it gets applx. 12℃ in the evening and early morning. The
sun rises after 7 am slowly and we felt its heat after 8:30 am. 

DSC02127 (800x600)
 
「okazuさん、ピクニックに行きましょう」とokazu塾のMayurに誘われたのは、数日前。
彼と、仲間たちの遊びの話は前から教えてもらっていて、時間があったら一緒に行きたいと思っていたのだった。

ピクニックと聞いて、村の中のちょっとした山にお弁当を持って行くのかな、と想像していた。
けれど、乗ったバイクの進行方向は、ムンバイ方面へと向かう高速道路。
ということは、結構、距離を行くってことだ。

Mayur invited me for this picnic before few days. I had heard about their play
since long time ago so was interested in playing with them.
As I heard we would go picnic, I imagined going to hill in the village with lunch box. But the bike we had seat went toward high way going to Mumbai. It means we were going far away.   

DSC02135 (800x600)

高速道路NH8をしばらく走り、15kmほど、ガンジャード村からは25kmほど来たことになる。
他の仲間と合流し、計7人になる。
何の看板もないとある脇道を入り、村へと入っていく。
知り合いの家にバイクを停めさせてもらい、歩き出す。
まだ、どこに向かうのか分かっていない自分。

After 25km from Ganjad village by National High way 8, we got together with
fellows. We went into a village through a path. We parked bikes at the yard
of their friends house. Still, I didn't know where we were going to. 

DSC02151 (600x800)

足元にこれがたくさん。

There were many this one at foot.

DSC02150 (800x600)

穴の中には、蜘蛛がスタンバっている。

A spider was standing by in the holl.

少し進んだところで、朝ごはん。曰く、「ファースト・ピクニック・ポイント」

After some walking, they todl "the first picnic point" has come.

DSC02152 (800x600)

新聞紙から取り出されたのは、定番のワダパオと、サモサ。

Wadapaw and Samosa were shown to us.

DSC02153 (600x800)


これがうまい。

This is really tasty.

DSC02154 (800x600)

サモサは、今まで食べてきた数多くのものと違い、カレー風味でない、サモサ。
あれは、日本の皆が来たらぜひ食べてほしい。でも、売っているところがBoisarという、Dahanuから少し離れたところ。

And the samosa was different from the one I have eaten in India till that day.
It was not curry taste. I want people eat it but it is available in Boisar little
far from Dahanu. 

目指すは、あそこだ!
と聞いて、今日のピクニックが自分の想像を大分超えたものであることを確認した。
ガッツリ岩山だ(笑)
軽い感じを想像しちゃっていたので、足元は、素足にサンダル。
ちょっと不安になりつつも、メンバーの中に同じ足元の人があるので、まぁ、何とかなるってことかな。

"We are going to there!"
I heard so and recognized today's picnic is much beyond of my imagined picnic.
It is a rock mountain! As I imagined a light picnic so my foot wear was a sandal. I was anxisious a bit but there was a member whose foot wear was same to me so I felt no problem, maybe...
DSC02156 (800x600)


出発!
Tusharが先陣を切っていく。初めて来る場所にもかかわらず、ズンズン進んでいく。

Let's go! Tushar go ahead. It was the first time for him coming here as well.

DSC02159 (600x800)

道は、岩がゴロゴロしていて、歩きやすくもなく、歩き難くもなく。
奥多摩のどこかの山を思い出した。

The route was full of rocks. It was not difficult to walk. I remember
somewhere mountain in Okutama.
 
 DSC02161 (800x600)

変わった葉っぱの花が山のあちこちに群生していた。

The flower with funny leaves were seen anywhere in the mountain.

DSC02163 (600x800)

岩場の急登を終え、一休み。
背の高い木が少ないので、日差しが入ってきて明るい。
朝の白い息は何だったのだろうと思うほど、気温が上がって来た。
この時、10時過ぎ。おそらく30度弱くらいになっている。

We took a rest after up high. As there were less tall trees, there were rich
of sun light.
The temperature got increased. Unbelievable gap of temperature from morning.   

DSC02166 (800x600)

ここからは、足元が滑りやすくなるから気を付けて〜と、リーダーのSatyajeetさんが呼びかける。

奥多摩から一転、奥秩父のあたりの標高が高めの山の様相を示してくる。
上に、上にズンズン登っていく。雲一つない、いい天気、なのは嬉しいのだけど、いかんせん日差しが強い。

The leader, Satyajeet ji warned to be careful not sliping on the route.
The scene has been changed and it looked like little high altitude mountain like
Okuchichibu.
We went ahead and up. The sky was totaly clear. It was nice for the picnick but
the sun stroke was strong.

DSC02167 (600x800)

このあたりでは、山彦がよく響いた。
皆、ニワトリや、サルの鳴き真似を響かせた。それにしてもモノマネのクオリティが高い(笑)
ニワトリの声が別のニワトリの声を誘発するように響かせまくり、みんなのテンションが上がってくる。
小さいころから毎日聞いていて、耳に沁み込んでいるんだろうなぁ。 
そして、指笛の力強さが半端じゃない。山々に響く音波が見えるかのよう。

The echo through the mountains well. Everybody tried to mimic of the voice of hen, monkey.
Their mimic was real and so funny. Maybe their ear has caught the sound of
animals since they have been hearing the voices from childhood. And their finger whisle
vibrate very storongly through hills. As if the sound wave could be seen.

途中で、山の神様にご挨拶。アディワシの人たちの神様。
一緒だったみんなは、ワルリ族。
麓の村の人々も、ワルリ族。けれど、話し言葉が少し違うそうだ。
家の様式も若干違っている。
この神様には村人がよくお参りに来るそうで、きれいにされていた。
ちなみに、この神像は一本の木を削りだしている。

We greeted the god of mountain on the way to peak. It's the God of Adiwasi
people. Everyone with us were belong to Warli and the villagers on the foot
of mountain as well. But there are some differencies between their languages
slightly. It is interesting. Just 25km makes language difference. The type of
house is also different slightly. The villagers come to pray to this God so it
was cleaned up. By the way, this statue was carved from single wood.

DSC02171 (600x800)
 
もう一息で頂上。
不思議なことに、このあたりから足場が階段状になっている。
ということは・・・・。
ちなみに、この人は、凧隊で頑張ってくれたPinkyのお兄さん。
サンダル仲間。あ、でも靴下はいてる。

Took breath before reaching to peak.
Mysteriously, from here the foot was carved as step...it means...
Incidentally, he is a brother of Pinky who worked with us as a member of
kite team in WAF2013. He also wears sandal same to me.

DSC02172 (600x800)
 
眼下に広がる森が、どこまでも広がっているように思える。
この森の間間に、アディワシの人たちが住んでいて、田んぼや畑があり、根付く文化と生活がある。
つくづく、僕が見てきたものは、その一部に過ぎないと思う。もっともっと知りたいと思う。

It seems the forest as far as it could be seen spread...Adiwasi people are living
among the forest and there are rice field, and root culture ans lives. I was really
feeling whatever I have seen things of Warli poeple were just some parts of it.
I want to know more and more.   

DSC02175 (800x600)

 この山、一番の難所。
狭い上に、登るために手と足を置ける場所が限られている。

This was the most difficult point on this route. It was very narrow and limited
place to put hand and foot to climb up.

DSC02176 (600x800)

 勝手に「カニの廊下」と名付けた。

I gave it a name "crab's passage ".

DSC02178 (600x800)
 
この石碑は、Mayur王の時代に建てられた。
のではなく、英国統治時代に建てられたそう。

This stone monument was made in the era of the King MAYUR...
No, in the age under U.K.

DSC02184 (600x800)

 Mayurは手にした一眼レフカメラでいいショットをたくさん撮ってくれたことだろう。
見るのが楽しみだ。

I think Mayur took a lot of good pictures as a photographer of this picnick. Looking forward to seeing. 

頂上付近には、カルウィーという植物が生えている。
カルウィーは、またあとから。

Near the peak there were Kalwis, a kind of plant.

DSC02192 (600x800)
 

頂上から少し下ると、水場があった。この水を飲んでも、風邪もひかないし、ちゃんとした水なのだという。
この脇にも、同じような水場があるが、そちらは汚れてしまっていて、飲めないのだそうだ。
この岩を切り出して

Going down from the peak, there was a water supply point. Acording to Satyajeet ji, no effect comes to body after drinking this water. It is pure. But other water
supply point got darty so it could not to drink.
This rock had been cut and

DSC02193 (600x800)
 
ここに家があったそうだ。途中の階段や、柱のような石もそこからとったものだそう。
だが、ここに誰が住んでいたのかは、その場にいた誰も知らなかった。
わざわざ、こんなところに住む意味は何だったのだろうか。

It was used to build house here. The steps and stone like pillor were made after
cutting that rock.
But no one knows the reason why somebody were living here. What was it ?

DSC02200 (800x600)

台地状になっていいる頂上を歩き回る。
リーダーのSatyajeetさん。
「パラグライダーで飛び立ちたい・・・いつかきっと」

We wandered on the peak.
The leader, Satyajeet was aiming to fly away with paraglider someday.

DSC02195 (800x600)

岩をくりぬいて作られたお寺もある。
昨夜から泊まり込みで来ている10人くらいのグループがいた。
宴会をしていたようだ。途中の道に、鶏の羽があったので、チキンカレーにしたのだろう。

There was a temple of hindu god. A group with 10 people was having party with maybe chicken as we found  feathers on the way. 

DSC02201 (800x600)


遠くには、高速道路が見える。このまま、ムンバイ、そしてバンガロールの方まで続いている、NH8。

We can see high way to Mumbai and Bangalore.

DSC02202 (800x600)

 
日本の山との違いは、岩肌にサボテンが生えていること。

The differenct between Japanese mountain was cactus on the surface
of mountain.

DSC02205 (800x600)

 
この池に差し掛かると、なんだかみんながワーワー言いだした。
「バイパー(中型の蛇)がいる」といって、なんとか捕まえようとしていた。
え、危なくないの?と聞くと、「危ないからこのあたりにいて」。
危ないんだ(笑)さすが、ナショナルジオグラフィック好きのみんな。

When we came to this pont, everyone started speaking loudly.
"There is a viper" They were trying to catch it. I asked if is was dangerous or not, then they said it was dangerous. Oh, then why they were trying to catch...indeed they like the National Geographic. 

DSC02206 (800x600)

そのすぐ隣には、蓮の花が咲き乱れる池が。
綺麗。いいタイミングで来れたんだな、と嬉しくなる。
このあたりで、一気に眠気がやってきた。あまりにも風が気持ちいい。
ちょっとした木陰に入り、うとうとし始めると、じゃぽっと水に入る音が。

Next to that pond there was other one in which lotuses were blooming.
It was beautiful. I was glad to come here at a nice timing. I felt sleept as the wind was blowing so comfortably. I got to sleep then someone went into the water.
 
DSC02215 (600x800)
 
Aさんが、蓮の葉っぱと茎を調達していた。
「昼ごはんの皿にしよう」と数枚入手。

A got some leaves of lotus and stalk. "Use them for the lunch".

DSC02221 (800x600)
 さっきの別のグループが朝採れたての甘い甘いターリーを持ってきていたので、ご馳走になる。
さっそく、Tusharが蓮の葉のコップでゴクリ。
相当、新鮮だったそうだ。僕は、これ以上眠気がやってくると降りれなくなると思い遠慮した。

The other group brought the fresh and sweet tali, and they offered us it.
Tushar drunk it with the leaf.

頂上をグルグルと探検し、一通り見終えた一行は、下山することに。

膝の笑う事、笑う事^^;
プルップルな足をなんとか誤魔化しながら下る。いやはや、運動不足。

We again wandered on the peak and started going down.
Then my knees began to shake...I flet lack of excise. 

そんな帰り道、ふと道の脇に切り株が。
Aさん「おぉ、これはカッコイイ。うちの新しい水槽にぴったりなオブジェになる」
よっこらしょと担いだ。
重そうだな、みないなためらいは微塵もない。Aさん、ルンルンである。

On the way, there was a stump.
A"Wow, it's cool. It will be nice object in my aquarium".
He shoulder it. He didn't have any pause even its weight might be 5kg
or something. A looked like very happy.

DSC02226 (800x600)


しばらく下ると、セカンドピクニックの時間になった。
Mayurがリュックからカーペットを取り出し、ファサぁっと敷いてくれた。
やるな〜〜。
チキンカレーには、トサカ、目、足、精巣などなど、鶏が丸々二羽使われていた。
山の中で食べるので、なおさらワイルドな味わい。

After walking some distance, we had second picnick. Mayur took out a carpet from his backpack and laid on grand. Smart...
Comb, eye, foot, testis and so on full of two chicken were used  in
the chicken curry. As we ate it in forest, it tasted wild.  

DSC02227 (800x600)

下山には、1時間ほどかかった。
いいターリーがあるというので、近所の家から買ってきてもらった。
確かにおいしい。甘すぎず、酸っぱくなく、ほんのり炭酸ガスが出ている。

It took applx. one hour. After reached at the friends house, we ordered a bottle of tali as we heard fresh one was available. Really nice taste, not so sweet and sour...slightly gas happening as well. 

DSC02233 (600x800)


このピクニックで見つけたものがあった。
それは、カルウィーという植物だ。
山の頂上付近に自生しているカルウィー。
真っ直ぐのび、中身はスポンジのような柔らかい組成になっているので、重くない。

日差しをよけるのに、カルウィーの森で一休みした。

I found a interesting thing. It is "kalwi". Kalwi on the peak of mountain were
spontaneous. It grows up straight and inside is very soft like as sopnge so
it is not heavy. We took a rest to avoid the sun stroke. 

DSC02225 (600x800)

このカルウィーは、家の壁の素材として重宝されている。
例えばこう。麓の村の家。

Kalwi is used as a material for the wall of the house.

DSC02141 (600x800)
 
単に並べるだけではなくて、編んであるところがポイントだ。
これにゴーバルをぬり、隙間を埋める。匂いはほとんどしない。
カルウィーの幹には、バラつきが少ないために端正な仕上がりが印象的だった。
帰り道、頭の中には、カルウィー、カルウィー、カルウィーとその存在がグルグルとまわっていた。

They were weaven, and put cow dung on for covering gaps. It is not smelled.
The trunk of kalwi doesn't vary widely so it looked smart. On the way to the
village the existence of kalwi came arround on my mind... 

DSC02136 (800x600)

もう一つ。家の柱に使われていた木材の表面。
彫刻でもしてあるのかと思いきや、虫が木を食べた後だそうだ。
それにしては・・・と思ったけれど、虫の、機械のプログラミングの様に遺伝子にインプットされた行動様式があれば、こういう模様にもなるのだろうと思った。

The other was the surface of the wood used as a piller of the house.
It looked like carved but they were done by insects.
I wonder if the insect could do...but thinking that the genetic program in insects
like as machine could make them design like this.

 DSC02144 (600x800)

あぁ、いい一日を過ごした。それにしても、皆が四六時中楽しそうだったことが何よりも印象的だった。
自然で遊ぶ術を熟知している、というか、自然に対してオープン、楽しみ方を知っている。
彼らは、川で魚を獲るのも上手で、水中に爆竹を投下し驚いて水面にやって来た魚をチームワークで捕まえる。
潜って、3圓曚匹離┘咾鯤瓩泙┐燭蠅發靴討い襦

しかも、実はPCにも詳しいし、機械もいじれる。インターネットを使って情報にもアクセスする力がある。

よく日本の学校で標榜される「たくましい」 とか、「生きる力」って、こういうことなんだろうなと思う。

彼らを見習い、学ぶべきところは多い。なにより、あんまりお金を掛けないで、あるものに楽しみを見出すっていうスタイルが好きだ。

I spent a good day. I was impressive that everyone with us were enjoying every moment during this picnick. I think they know how to enjoy in nature very well; in other words, they are opne to nature.
They are good at catching fish in river. They through a cracker in the river,
and caught fish came up after surprised, or the caught shrimp that weight was about 3 kg.

Besides they know PC, have knowledge about machine, and are able to access the
internet for searching information. Indeed they have the power to live which is often
mentioned in educational scene in Japan. There are many thing to learn from them.
Above all things, I like their style to play that not spend much money and find out the
 internal fun of the things.

okazu 


wall_art at 02:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 22, 2013

okazu塾、日本語教室 in ワルリ

お気づきになっている人もいるだろう。

okazu塾 in Warliの3人、Tushar Mayur Harhsadたちの変化。

「okazuさん、来年のフェスに来る人たちともっとコミュニケーションをはかりたいんだ。あっちが言っていることをもっと理解したいし、こっちが言っていることをもっと伝えたい。だから日本語を教えて欲しい」 

そう3人が話したのは、フェスティバル終了直後、皆がバスや車でガンジャード村を離れてすぐのことだった。

日本語を勉強したい、しているという人は実はインドには結構いる。

きっと、日本で思われている以上にいる。

旅先の結構きっちりしたホテルで働く人に、「来週から日本語を習おうと思っているんです。 先生から5年かかるって聞いたんですけど 、実際どうなんですか。ちょっと長すぎるように思えて」と質問をされたこともある。

日系企業がインドに入ってくるスピードが加速していくにつれ、ビジネスチャンスに聡いインドの人々は敏感に何が必要かを感じ取っているようだ。

これまでの経験上、就職するために日本語を勉強している人たち、もしくは勉強した人たち、何人かに会ってきた。話は上手で、漢字も含めてしっかり勉強している人も多い。そういう人たちに「なぜ日本語を勉強しているのですか」と尋ねると、「日系企業に就職するため」という答えが多い。

それはそうだろう、と思うのだけれど、ちょっと寂しい。

日本の経済力が落ちて、日系企業が魅力的じゃなかったら学んだりはしないのかな、と思って。

こういう人々と、okazu塾の三人は同じく、日本語を勉強したいと思っているわけだが、両者には違いがある。

それは、相手を理解したい、という思いの強さ。

仲良くなって、相手のことを知りたいという思いは、そのまま言葉を学ぶ原動力になる。

僕がヒンディー語を頑張ろうと思えたのは、村の皆や子どもたちが何を考えているのか、何を思っているのかを自分で尋ね、話をしたかったからだ。

3人に向けて、クラスを4回持った。場所はラジェーシュさんの家の軒先。なんだか、僕自身もワクワクして、まだ来ないかなーと彼らが来るのを待っている。クラスの最中、なんだか、3人ともとっても楽しそうなんだよね。「そうそうそう」が口癖。(僕の口癖がうつった)

とても気持ちよく教えている。そして、州の言葉マラティ語と、彼らの言葉ワルリ語を教わっている。

やっぱり、言葉勉強するって楽しいんだよなぁ。すぐ使えて、反応があるからだと思う。


Tushar Mayur Harhsadたちが、とっておきの画像を作ってくれました!

手持ちの写真や動画からWAF2013に関わった人たちの顔写真を出来る限り探して、作ったパネル写真。

沢山の人に見て欲しいです。以下のリンク先から、ジャンプ! 

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=539830586056962&set=a.369095623130460.89029.369068276466528&type=1&theater



wall_art at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 22, 2012

okazu塾の今を知る

曇りがちだった日々に、久しぶりに訪れた晴れの日。
okazu塾のミーティング。久しぶりに集まれたのは、Abhay、Sanjeev、Prakash、Anilの4人だった。

他のメンバーにももちろん声をかけたが、それぞれ、仕事や用事があってなかなか一挙に集まるのは難しい。

デリーや、他の都市で仕事を見つけたもの。
ブッダガヤに残り旅行代理店を始めたもの。
大学の修士課程に進んだもの。
友人のつてをたどり、日系企業の仕事を見つけたもの。
にえきらず、くすぶっているもの。

それぞれが、自分の人生を模索している。

DSCN0050今日のミーティングの目的は、WAF写真集制作のために協力してくれたokazu塾のメンバーに、写真集を贈呈すること。

日本での報告会についての報告。

そして、WAF2013の準備が進むガンジャード村(ワルリ族や他の先住民族が多く住む村)のことを話すこと。


映像も見せた。
「思い出深いですね、とPrakash。いいビデオができて、うれしいですと一様にいっていた。

「ガンジャード村にも時間を作って行きますよ」という言葉も出たので、ちょっぴり期待しておく。

8月3日の、淺井さんの壁画(1面)を消すワークショップに、3人が来れそうということだった。
プラス、ミーティングに来れなかった2人が来てくれることになっている。
結構人では集まりそうで、安心。

おととし消したときは、おれとakkoさんだけで四面を消したから、結構骨が折れたのだった^^;

ニランジャナの子たちに、何かを渡せるワークショップにしたい。

okazu


wall_art at 16:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

December 30, 2011

ポスタークラブ 3回目 / okazu塾忘年会


 ただいまニランジャナスクールは、冬休み。
政府から「学校を休みにするように」という指示が新聞に出たのは10日ほど前。
 
休みになるその日の朝の新聞に告知が出るから、学校に来てしまった子どもはそのまま帰らなきゃいけない。
休みが明けるのは1月2日の予定。

ということで、スジャータ村からニランジャナスクールに通っている子どもたちにポスタークラブにきてもらった。

DSCN9604ドミトリーに 集まったのは20人ほど。

「冬休みは家で何しているの?」と聞くと

「ヤギの世話」「バドミントン」「ご飯の準備の手伝い」「寝てる」「勉強」「遊ぶ」「牛のえさ作り」「稲の脱穀」


などなど、すごし方はいろいろのようで。

クラスメイトに会ったり、ちょっと変わったことをする時間になったようで、みんなちょっとはしゃいでいた。










DSCN9607レタリングがなかなか難しい。

周りの人のを見ながら奮闘。






















DSCN9610写真だとちょっと見づらいけれど、この子はかなり上手!!

目を見張る作品もちらほらみられる。

完成が楽しみ。












DSCN9608 「とても上手に出来たんだけれど、細かい色塗りが苦手で・・・」というドミトリーのRajに代わり、ポスタークラブを一緒にやっている二人の先生が色塗りを買って出た。(左Nidhi、右Anjana)

この二人がコンビを組むと、にぎやか。
おしゃべりがとまらない。そして、笑いが生まれる。 

この光景、どこかで見た事があるなと思ったら、
ここでした→http://blog.livedoor.jp/wall_art/archives/2011-04.html 

何枚か完成したものも出てきて、動き出す準備を整えている。よーし、いくぞー!

--------------------------------

夜は、okazu塾のみんなで忘年会をした。
楽しく飲み食べするのが目的で、料理の準備が整うまで1時間ほどミーティングをした。
4人これない人がいたけれど、大筋はよく伝えた。
「日本から来てくれる人たちに恥ずかしくないように、真剣に取り組むこと」
「まずは自分たちが楽しむこと」
この二つを念入りに伝えた。
DSCN9611ちょっと暗かったので、ぶれているけど・・・

 左手前から時計回りに、Vikram、Kundan、Anil、 Prakash、 Deepak、Okazu、Sajeeve、 Abhai 、Mohit、Saroj

Rakesh、Shiv、Prakash(Hatiyar)Subashがこれなかった。 

 



DSCN9621反対側から。右手前がAmit、一つ奥がBaloon。

Baloonさんはこのホテル「Budsha International」(WAF2010で利用したホテル)のマネージャーで、食事代を割り引いてくれた。

Amitは okazu塾だけれど、仕事が忙しくなりそうと言う理由で今回は裏方に入る予定。この会の言いだしっぺ。

さぁて、 3回目のフェス。去年に増してよいものにするために、頑張ってもらおうじゃないですか!

okazu

wall_art at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 29, 2011

バンガロール市内での一日

バンガロール3日目。

 ハルシャさんやバラさんをして「アーティストや関係者達をつなぐ良い活動をしている」と言わしめている、ギャラリー&スタジオ、no.1 Shanthi roadにお邪魔した。

RIMG0046ダイレクターのSさん(奥) 。

実は、去年の段階でハルシャさんから紹介してもらい一度お会いしたことがあって、インド企業から協賛をもらうためのメソッドを指南していただいた。
提案書の作り方など勉強させてもらったのだった。

今回は、okazu塾のDeepak(現在バンガロール在住。JLPTの準備をしつつ、自分の日本語の教え子を持っているとか!)を伴い、WAF2011の報告と、2012へ向けての動きを伝えた。そして、広いネットワークを生かし、フライヤーを興味のある人に配布してもらうことに。

他にも、Sさんが知っている南インドで精力的に活動中の
アーティストや 、デリーのアート団体関係者の連絡先をいただいた。

2013、2014へ向けてアーティストのリサーチを続けていかなければいけないウォールアートプロジェクトにとって、ありがたい助け。

各地で報告会を開催していることを伝えると、「機会があればぜひうちでもやりましょう。スペース代などは全然いりませんし、広報も協力しますから」と乗り気になってくれた。

その後、昨日バラさんから教えていただいたギャラリーをめぐり、フライヤーを置いてもらいに動き出した。
しかし、昼食を終えるころには怪しい空模様・・・一つ目のギャラリーにいざ向かおうというところで降られてしまった。

その後も、なかなか目当てのギャラリーが発見できず(住所も分かっているのに、人に聞いてその方向に向かっているのに、それでも見つからないのがインドだろうか)、歩きまわってへとへとになってホテルへ。バスから降りたとたん激しい雨に降られてグロッキー状態・・・こんな日もあるさ・・・。

ともあれ、一日中ありがとうDeepak!残ったギャラリー巡りは君に任せた!

okazu



wall_art at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 01, 2011

小さなhappy

早いもので今年も残り5カ月。

八月の始まり。

Okazu塾で日本語教室再開!
週三回朝8時から9時半まで。
今日集まったのはShiv、Saroj(7月の試験でJLPT・N4の試験に合格)、Sanjeevの三人。
今回からは授業料をもらう。10回で500Rs。
(月極めじゃないのは、お互いにブッダガヤを留守にすることが多くなりそうだから)
場所はブッダガヤのサンスクリット・カレッジ。

そこでコメディアン、もとい、ムードメーカーRakeshと久しぶりの再会。

彼の部屋に入ると、今年二月に開催された「大遠藤一郎展」の大きなポスターが目に飛び込んできた。
ベッドの反対側の壁に貼ってあって、朝の目覚めと同時に「ナマステ」と挨拶しているらしい。

R「一郎さんは、とっても礼儀正しくて、考えや活動も素晴らしい人です。尊敬しています」

このRakeshが一郎さんをデリーまで迎えに行って、ブッダガヤまで案内したのだった。

R「部屋に来た人に、あのポスターの事を聞かれるたびに、一郎さんのメッセージ、”未来へ”、”make the big ring”についてや、未来へ号や、連凧の話をしているんです」

彼がそんなことをしていたなんて思いもよらなかったので、非常に嬉しくなった。


そんな彼は、政府系団体の教育係の仕事に就くため、2週間の研修を受けるところだそうだ。

〜〜〜以下、Rakeshお得意の回想演技〜〜〜
(書類審査後、Patnaでの面接の様子)

面接官「何か職務経験は?」

R「正直に申しまして、ありません」

面接官「では大学を卒業してから、なにをやってきたのか」

R「日本語を勉強して、2年間、Wall Art Projectで日本人と一緒に活動しました。」

面接官「君は、私たちに何の利益をもたらしてくれるのか。日本人との経験が何の役に立つのか」
(高圧的な態度で聞かれたらしく、ちょっとカチンときた)

R「私が一緒に仕事をした日本人は礼儀も振る舞いも素晴らしい人々でした。彼らと一緒に仕事をすることで得たことは、教育部門での職務のために、正にそちらが望まれていることです」
(冷静に答えた)

面接官「では、一つチャンスを与えよう。研修期間で良い成績を上げることができたら採用しよう」

R「ありがとうございます。精一杯頑張ります」

〜〜〜以上、一人芝居〜〜〜

カチンと来たところで切れたのかな、と思いきや、なかなかうまく対処したもんだ。
「よかったねー!」と固く握手する。

フェスに関わったことが彼にとってプラスに働いている・・・。
巻き込んでいる側として、嬉しい。
心にhappyの波が打ち寄せる。

仕事を得て成長したRakeshが、二月に一郎さんと再会する時が楽しみ。

Okazu

wall_art at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 31, 2011

Okazu塾 一区切りのミーティング

Okazu塾ミーティング at ニランジャナ・ドミトリー屋上
16:00〜だったけれど、16:30開始〜20:00

参加者
Amit
Deepak
Mani
Mohit
Prakash Bakrour(旧Jr)
Prakash Hathiyar(旧Sr)
Rakesh
Ravindra
Sanjeev
Saroj
Shiv
Vikram
Anil

Devendra(校長先生)
Siddhartha(ニランジャナ・ディレクター)
Okazu

3月31日。年度末、最終日。

フェス終了後からずっと、残してきた仕事だった。
それはOkazu塾での反省会。インド側の反省会だ。
デリーでの報告会を終えた後、あさいさんとあっこさんと各地を巡る中で、
WAF2011の反省点もいくつか出てきた。それをまとめて、反省するためのミーティングだった。

大小さまざまなポイントがあったけれど、反省点は、一つのセンテンスにまとめられる。
「WAFをよりよいものにしていく、メンバーとしての自覚が足りなかった」

日本側から出た反省点もシェアし、指摘し、反省するところを反省した。
同じことを次回も起こさないように、それを正すこと。
それが今の自分たちにできることだ。

ミーティングの後、「今日の反省会は本当に勉強になりました」と何人かが言っていた。
教えをたれるつもりはなかったけれど、でも、頑張ってくれた彼らにとって少しでも実りがあったならば本望だ。

自分自身にとっても、今までの人生で、WAF2011は最も濃い学びの機会だった。

本当はOkazu塾を解散することを考えていた。けれど、やらなかった。
その代わりに次回、9月1日のミーティングまで、自己研鑽に励むようにした。
9月1日に、各自が成長し、心機一転して、WAF2012の成功を目指す。
シニア、ジュニアという境をなくす。各自が一人のメンバーとして、参加する。
来るものは拒まない。

人と手をとって何かをすること、継続していくことは、難しい。
でも、不可能じゃない。

これは挑戦だ。

Okazu

wall_art at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)