Ladakh

January 05, 2018

LAMO、Monishaさんとのミーティング

この日は、LAMO (Ladakh Media and Art Organization)のMonishaさんへプレゼン。
これは彼女の自宅なのだけれど、海がすぐ目の前。
ここで彼女に初めて会い、Earth Art Project in Ladakh 2017へ向けたミーティングをしたのはもう1年前になる。大学院でラダックの遊牧民やクラフトにまつわる研究をした彼女の知識や見識はとても深い。
そして、Earth Art Project in Ladakh 2017の期間中に、LAMOでの淺井さんとラダックのコンテンポラリーアーティストたちとの壁画ワークショップ・アーティストトークが実現した。

DSC07377

8月に開催を予定している第3回世界森会議のことを相談する。
誰かスピーカーになってもらえる人はいるだろうか、と尋ねると、
「LAMO自体が、2005年から廃墟同然だった建物を地元の素材と職人さんと共同で建て直したスペースだから、これを主導してくれた建築家の話はきっと面白いと思うわ。屋根の材料はMatho村のものを使っているしね。私の方からは、古い家を伝統的な手法を材料を用いてリノベーションして、それをどう活用していくか、という話ができると思う」
とのこと。

漆器を見せると、「へぇ、はじめてみたわ。ラダックも建物の窓枠には伝統的な木工の飾りをつけるでしょう?あとテーブルも木製で、手仕事だし。単純に木、手仕事、ということ以上に共通点があるかもしれないわね。ダライ・ラマがラダックでティーチングをするときに必ず必要な木の道具があるのだけれど、それを作る村もあるしね。世界森会議の期間中に、『漆と絵師』の作品をLAMOで展示することもできると思うから、まずは日程を調整してみましょう」とお返事をもらった。

「ムンバイでの展示会も、できる限り応援するわ。できることがあったら言ってね」とムンバイのアート界とつながりの深い彼女から心強い言葉をもらった。
DSC07378

それにしてもいい景色。この先にはアフリカ大陸。

okazu

 

wall_art at 23:30|PermalinkComments(0)

April 25, 2017

アースアートプロジェクト in ラダック2017のチラシができました!

アースアートプロジェクト in ラダック2017のチラシができました!
学校や村を舞台にして一緒に芸術祭を創り上げるボランティアを募集中です!
また、チラシを置いてくださる方、ぜひご連絡ください。
infoアットマークwafes.net おおくにまで。
 EAP2017_flier_face-01


EAP2017_flier_back5-01
okazu


wall_art at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 10, 2017

国際交流金 平成29年度 海外派遣事業助成プログラムに採択されました。

jflogo
アースアートプロジェクト in ラダック 2017が、国際交流金 平成29年度 海外派遣事業助成プログラムに採択されました。ますます精進し、よいものを作り出せるよう、全力で臨みたいと思います。今年7月〜8月開催の本事業は、ともに開催へ向けて進む協賛企業を求めています。
http://earth-art.info/sponsor-calling/

アートボランティアも募集中です。
http://earth-art.info/volunteer-2017/

招聘アーティスト・淺井裕介さんを囲むアースアートプロジェクトへ向けた勉強会は、
4月29日(土)10:00-12:00 @JICA東京国際センター・セミナールーム302(幡ヶ谷)です。
https://www.facebook.com/events/269441536801012/

まだ、参加者を受け付けています。席数に限りがありますので、興味のある方はお早めに下記まで連絡をください。

infoあっとまーくwafes.net

どうぞ、よろしくお願い致します!
http://earth-art.info/

okazu

wall_art at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 08, 2017

アースアートプロジェクト in ラダック2017で泊まるところ

2763e806-s

今夏予定しているアースアートプロジェクト in ラダック2017。
いつもの私たちが行なっているプロジェクト同様、アーティストもボランティアもいっしょに同じ釜のごはんを食べながら作っていくプロジェクトです。
どんなところに泊まるのか・・・質問もたくさんいただきます。

かつて王国のあったラダック。
シェイゴンパという有名な寺院のすぐ近くにあるゲストハウスが拠点になります。
前回、ナングという村の小さな学校でプレフェスティバルを開催したときも
お世話になったゲストハウスです。

52b90334-s
そのときに大小島真木さんとワルリ族のアーティストたちトゥシャール、マユール、ハルシャッドで描いた絵がキッチンの窓枠にまだ残っています。
 
532b4fb8-s

オーナー夫妻が丹精しているオーガニックキッチンガーデンがあり、
そこで採れた野菜でつくるラダックのローカルごはんをみんなでいただきます。
あまり辛くないのが特徴で、帰国したらすぐに懐かしくなる美味しさです。
813ba778-s

料理人はパンゴンツォという湖のある村出身のパドマさん。このゲストハウスになくてはならない管理人的存在。

0b8442e6-s

パドマさんは直感的でお茶目で、おかずくんにすご〜くなついています(笑)。

20d4b916-s

オーナーのデチェンさんは引退した神父さんで、アメリカに留学経験もあり、
映像や写真を撮るプロフェッショナルでもあります。
奥さんのシャクンさんは孤児院の院長先生で、ソーシャルワーカーとして有名です。

938ec5a6-s

この人たちの話を聞くだけでもラダックのことがとてもよくわかるし、
面白いです。

バストイレも清潔でとても快適。
ラダックに行ったら、プロジェクトでなくてもいつも泊まりたくなる宿です。

いっしょに行きませんか?
アートボランティア募集中です。
http://earth-art.info/volunteer-2017/

アースアートプロジェクトに向けた勉強会。
次の予定は4月29日(土)10:00〜12:00
招聘アーティストの淺井裕介さんがゲストです。
http://earth-art.info/events/ 

ウォールアートプロジェクト代表 おおくにのブログ Salad Party「Blue Bear Magazine」より転載
 

wall_art at 12:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 19, 2017

第2回アースアートプロジェクト in ラダック 2017へ向けた勉強会

17352428_1415751935133474_430971625152309186_n

アースアートプロジェクト( EAP)へ向けた勉強会、第2回。
美術や工芸の勉強をしている人、教える人、発信者になろうとしている人が集った。

「絵を描くこと、子どもたちが絵を描いている姿を見ること、その両方が好きだし、面白いと思うんです」というEさんは、招聘アーティストの淺井裕介さんの制作のお手伝いをしたり、子どもたちとワークショップをしたりと積極的に動いている。

「高校時代、アメリカに留学していました。工芸や美術をつくる人の発信を軸に活動をしていこうと思っています」という20歳のSさん。

「大学では絵を描いてきました。家では畑に出かけて耕したり収穫を手伝ったり。魚を釣ったり、さばいたり。自分の周りには、家が農家だけど『手伝わなくていいよ』と言われて環境はあるのにやらない、という子も。日本の子どもたちが自分の手を動かして、足で立つようになっていったらと思う」というIさん。

「学校で教育に携わるものとして、WAPがやっていることは学校ではできない教育、そして教科教育を超えたもっと大きな範囲での教えを子どもたちや、成人たちにもたらしている。私自身、作家としてWAFに参加して、『自分が何者なのかを問う』という意味のある場になった。」とツツミエミコさん。

一人一人が芯のある面々。一緒に今回のアースアートプロジェクトをつくっていけたらと心強い。
EAPは標高3600mの学校が会場。酸素濃度は、3分の2くらい。富士山よりも少し低いくらいの位置で、見知らぬ環境に身を置くこと、それ自体が一つの冒険で、日常とかけ離れる。そこで、地元の人たちと新しいものを作り出そうっていうんだから、チームワークがとても大切。
一緒にプロジェクトをつくる人と、現地のことを知り、話し合うこと。
それがよいものをつくる土台になる。そう考え「説明会」ではなく「勉強会」にしている理由。

次回は、招聘アーティスト淺井裕介さんを招き、過去淺井さんが参加したウォールアートフェスティバルを振り返りながら、EAP2017での制作へ向けた話などをします。参加者、募集中です。

とき   4月29日(土)10:00〜12:00 ゲスト:淺井裕介(画家、EAP2017招聘アーティスト)
ところ  JICA東京(幡ケ谷)セミナールーム301
参加費 500円(会場費・資料費)
参加申し込み・問い合わせ info☆wafes.net (☆を@にかえてください)
 
okazu 

wall_art at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 14, 2017

アースアートプロジェクトで何しよう。淺井裕介さんと打ち合わせ。

17308941_1540619375978073_2433706527799628750_n
WAP
がこの夏主催する「アースアートプロジェクト in ラダック2017」。
 招聘アーティストの淺井裕介さんと打ち合わせ。

インド、ラダックは初めてという淺井さんに、前回のアースアートで遭遇したアクシデントの数々を披露する。
17309021_1540619362644741_8098082589964521751_n 

飛行機の急なキャンセル、
飛行機の急なUターン。
絵の具が、リキッドなので飛行機に載せられなくて制作の危機があったこと、
迫り来る高山病におののくメンバーたちのこと、
デリーでは朝晩の犬に注意……などなど。

でも、そんなこんなは吹っ飛ぶワクワク感に包まれるのでした。
17155312_1540621599311184_1723426631057944735_n 

ワークショップは何しよう?!
これまでWAFを開催してきたゆかりの地の土をラダックに集合させて描いてみたらどうかな?!
小麦粉いっぱいあるから画材にしてみようか?!
やっぱりオリジナルの缶バッジ作ろうか?!
あー!楽しみ〜〜)^o^(
淺井さんがゲストの勉強会は42910時〜12@JICA東京国際センターです。
また、キックオフイベントを524日にカイハウスにて予定しています。
興味ある方はどなたでも、ぜひお集まりください。
アースアートプロジェクト勉強会&キックオフイベントの問い合わせ先
info@wafes.net

また、ラダック地方に行き一緒に芸術祭を作り上げるボランティアも募集中です!
詳細は下記をご覧ください!

アースアートプロジェクトオフィシャルサイト
http://earth-art.info/
ボランティア募集ページ
http://earth-art.info/volunteer-2017/


おおくにあきこ


wall_art at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 21, 2014

EARTH ART PROJECT 2014 in "Nang村"

もしも、自分たちの学校に世界で活躍するアーティストグループがやってきたら。
こんな想像、誰ができるだろう。
ラダック地方、雪を頂いた山を望むナング村の、ナングミドルスクールに通う子どもたちは、世にもスペシャルな経験をしている真っ最中だ。
アーティスト、8名。ぺインター、作曲家、映像作家、インスタレーション作家、写真家、服飾作家。
子どもたち13名が、アーティストたちに会ったのはもう1週間前。 
DSC06849 (608x456)
学校では、毎日何かが起こっている。
教室の壁に絵が描かれ、身の回りにあるものを使って音を発見するワークショップがあり、植物を発見しに行くショートトリップにでかけ、校庭にはミシンで何やら楽しいものを作ってくれる人がいる。
いつもの学校が、まるで違う空間に様変わりしている。
こんな日々があってもいいよね。
いつも教室に座って、教科書を読んでいるだけじゃ、学校は楽しくない。
自分たちが生きるラダックが次々に姿を変えて、アートとして学校に出現してきている。
本番まで、残り5日。渦がここでも加速してきている!

モーションギャラリーでの制作の様子はこちら。コレクター限定のアップデートに要注目!
(画面上方のアップデートのところを見てください。)
https://motion-gallery.net/projects/earthart

WAPサポーターへ送られる、毎月2回〜発行のメールマガジン・okazu通信・わふわふ通信も好評配信中!
okazu通信第2号は、インド人アーティスト、Nobina Guptaさんの制作とラダックの子どもたちについて。
サポーターのなり方は、こちらをどうぞ!
http://earth-art.info/wp/wp-content/uploads/Recruiting-Wall-Art-Project-Personal-Supporters-201406J.pdf

okazu
 

wall_art at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 06, 2014

Ladakh Kala Chakra 2014にて。

一体何の写真かというと、Ladakh Kala Chakra 2014の、会場の様子。
だだっ広い会場を埋め尽くさんとする人々。
Kala Chakraとは・・・ここで何が起ころうとしているのか・・・。
DSC06596 (608x134)

詳しくは、こちらを!
https://motion-gallery.net/projects/earthart/walls/4994

モーションギャラリーの方で、アップデートが続いています。
こちらラダックでの活動の様子、書いています。一般公開されていますので、是非、そちらをお読みください。

応援、よろしくお願いします!!

okazu

 

wall_art at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)