今日は、本校で男子の練習試合がありました。同じブロックで、よく対戦する学校とです。
ウチは10ペア、相手も10ペア、計40名。この人数を2面で試合消化していくのは、けっこうな時間がかかります。
中学生ですから、待っている間、試合をずっと見ていたり応援したりするのも限界があります。→ヒマな生徒が出ます。→よからぬトラブルや試合進行の妨げとなります。。。


その改善策として、また「多くの生徒たちにもっとソフトテニスの魅力を感じてほしい」という願いのもと・・・

実は、今日まで行われた天皇賜杯・皇后賜杯全日本ソフトテニス選手権大会(男子は30年ぶりに学生の鹿島・塩嵜ペアが優勝したそうですね)で取り組まれたことをマネしようと思いついたわけです
どんな取組みかというと・・・

以下、ソフトテニスマガジン10月号・ナロさんコメントより抜粋

--------------------------------------------------------------------------
?おもてなし広場
 観戦に訪れるソフトテニスファンのためにせめて暖かいものを提供したいとの思いから、おでん、おそば、ラーメン、焼き立てパン、ハンバーガーなど充実したフードコートと、お土産店などが1箇所に集まり、観客や選手を暖かくおもてなしする広場

?インフォメーションボードの設置
 20面の大会進行がひと目で分かります。

?歴史ブースの設置
 63年の歴史ある大会の歴代の報道記や、その選手が使用していたラケット、などの展示やまた明治・大正時代のラケットも展示もあります。

?第6回アジア選手権、選手応援ブースの設置
 この大会の約1週間後から韓国で開催される、アジア大会出場選手の活躍を祈念して、限定Tシャツの販売、サイン会など。
--------------------------------------------------------------------------

これをアレンジした「ソフトテニス普及ブース」を本校内に設置してみたわけです。
さすがに上記の?は学校教育的にはふさわしくないので、?〜?をアレンジしました

○試合進行表(大きく印刷したもの)を設置
 試合進行がひと目で分かります。いちいち顧問に聞かずとも、生徒が主体的に動けるようになります。

○ラケット試打
 僕のラケット数本を、自由に使ってよいことにしました。

○「学習ブース」の設置
 テレビで去年の全日本選手権や以前GAORAで放映された大会を流し、全日本レベルの試合を見る。また、ソフトテニスマガジンやメーカーのカタログなどを置くことでソフトテニスへの興味・関心を促す。

○「展示ブース」の設置
 個人的に所蔵しているサインボールなどを展示、また同時に行われていた全日本選手権のドロー・結果などを掲示。
(ウチの男子は中堀・高川ペアの大ファンが多いのです

ソフトテニス普及活動〜学校編〜







↑女子3名が去年の天皇杯の映像を真剣に見ています。(クリックして拡大してみてください)

本当はどこか教室を借りて展開したかったのですが、急の思いつきでしたし安全上の問題などもあり、今回試験的に昇降口のスペースを借りてやってみたわけです。一公立中学校の部活動の取り組みの一環なので、限界はありますが、もっとアイデアがあればチャレンジしてみたいと思います
もし「こんなことしてみたらソフトテニスの普及につながるんじゃない?」というようなご意見があれば、お寄せください(・◇・)ゞ