怪談 狐のお婿さん

これは2016年1月24日に見た印象的な夢を

怪談風味に味付けして、ついでにイラストも描いたものです。

あくまでも夢で、あちこちヘンですがお許しください。




これは以前わたしが見た夢のお話です。


どこかから琴の音が聞こえる。

磨き上げられた廊下を渡りながら「雅やかだなあ」と思う。

この豪邸の者が練習しているのか、それとも向かいの家の方からか。



今わたしは長い廊下を歩いている。

狐がわたしを嫁に所望している、と聞かされてすぐお屋敷へあがった。

部屋数はいったいどのくらいあるのか見当もつかない。

無限に続くようにも見える。

わたしが近づくと襖が次々と開いていく。



通されるまま無数の襖と部屋を過ぎ、やがて立派な座敷にたどり着いた。

そこには姿見と衣桁があった。

衣桁には花嫁衣装として巫女装束がかけてある。

しかしわたしが知っているような紅白のものではなく

薄紅色と白を基調としたカラフルなものだった。


ああ、ここまで用意されているのか。


その時になって自分が既婚者である事実を思い出した。

広い座敷は無人であったが、姿見を見て逃げる気も失せた。

鏡に映るわたしの背後に、紋付袴姿の雄狐が立っていた。


夢の絵


振り返ってみるが、誰もいない。

もう一度姿見を覗き込むと、狐が立っている。

目を糸のように細め、どこか笑っているように見える。

わたしは腹を決め、狐がいるとおぼしきあたりに向かって正座した。


「そこにおられるんでしょう?お前さん、今行きますよ」


誰もいない空間に向かってそう言った。

そして立ち上がり花嫁衣装を取り、着付けを始めた。


と、降って湧いたかのように小さな女の子が背後に現れた。

童女はわたしの手をつかむと無理やり引っ張った。

わたしは結びかけた帯を放り出し、よろけて後ろを振り向いた。



その瞬間お嫁入りは破談となった。

わたしははざまの世界から弾き出され、ただの女に戻った。




後で聞いた話では、もしその狐と結婚していたらわたしは一生寝たきりか即死であったという。

あの屋敷は対となる家があり、隣り合って建てられていた。

どうしてそのような形に建築されたのかは、今となってはもうわからない。

なぜなら破談となった後、あの姿見に時々花嫁衣装を着たわたしが映るという怪事件を皮切りに

二つの屋敷でそれぞれ不可解な事故が多発し、結局取り壊されたからだ。



「小さいおじさん」がわたしに伝達してくる。

狐が嫁を取り損なって悲しんでいると。

永劫の時を過ごす辛さを訴えているのだという。



突如現れた童女が何者だったのかわからないが、さすがに狐に申し訳なくなり

祈りながら謝罪する。

すると赤、桃色、炎色をしたきれいな宝石6つを授けられる。

別れのしるしか。

6年後に迎えに来るという約束か。

宝石が何を意味するのかいまだにわからないが

もしも6年後の迎えだとしたら、今度こそわたしは現世の人ではなくなる。

そんな気がしている。





応援宜しくお願いしますblogramで人気ブログを分析


デッサン人形はどれがいいのかな?

キラークイーンのフィギュアを見ながら描いてみて、

(ジョジョキャラってえらく手足が長い!顔が小さい!)と

よっくわかりましたよ。

ありゃあわたしが普段描くおっさんより10センチは膝が長い。


最近のデッサン人形はよくできていて、指まで動かせるそうですよ!

しかも透明の支え台がついてるのは、空中にいる感じも出せる。

前から男物のお人形が欲しいと思ってたんだけど・・・

Amazonリバークルージングしてたら、どれも一長一短

どれを選べばよいのやら^^;



余談ですが、「うしおととら」の作者、藤田和日郎先生の作画風景は

すごいんですよ!!

「まずアタリをとります」
「はい」
「それじゃあペン入れします」


Σ(゚д゚;)エーーーーーーー


「あっ間違えた(言わんこっちゃない)」
「大丈夫です!修正液があります」
「うわあああ、先生まだ修正液が乾いていな」
「大丈夫大丈夫」
「わあああ、その上から描くんかーーーい」
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリ


・・・すごいです。

しかしあのぐらいの勢いでないと、あの迫力とスピード感は

出せないのかなあ。

なんだか使い込んだ人形らしきものでポーズ取らせてたので

あれほどのプロでもやっぱり必要なんだ!と驚愕したのでした。



応援よろしくお願いしますblogramで人気ブログを分析



She`s a Killer Queen

前記事でモノマネしてた「キラークイーン」

なんでそんなことしてたかと言うと、

「女物のボディになったキラークイーンはどう動くのか」を

見てたのですw結局無駄に終わっただなんて悲しすぎる・・・

すいません、キラークイーン女体化してみましたw



She`s-a-Killer-Queen2
ついでに白黒絵の練習も。


She`s-a-Killer-Queen


She`s-a-Killer-Queen3


_SL1000_

キラークイーン(本物)
ジョジョの奇妙な冒険に登場するスタンド。
使い手は吉良吉影。



歌詞は「Queen 〜伝説のロックバンド〜」様のサイトより
参考にさせていただきました。


応援宜しくお願いしますblogramで人気ブログを分析




メッセージ
ギャラリー
  • 怪談 狐のお婿さん
  • She`s a Killer Queen
  • She`s a Killer Queen
  • She`s a Killer Queen
  • She`s a Killer Queen
  • 最近のこと
  • 角の街の物語 導入部 おわり
  • 角の街の物語 導入部 おわり
  • 角の街の物語 導入部 おわり
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
記事検索
jhv
blogramで人気ブログを分析
  • ライブドアブログ