2005年10月30日

JMB連携TB企画 祝 第50弾 『 Music For Sunset! 』

JMさんのJMB連携TB企画が今回で第50回となりました。本当におめでとうございます。(*^。^*)
記念のお題は、『Music For Sunset!』。(秋の夕暮れ時に聴きたい音楽ですって。)
ドヴォルザーク  交響曲第9番 ノイマン
◆『 交響曲第9番「新世界」 』
より 第2楽章「家路」 ラルゴ 
ドヴォルザーク
ノイマン指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1972年

夕暮れって言われてすぐに浮かんだのがこれでした。ベタですね。(^_^;) 小学校の下校の音楽「家路」。これでバイバイ。早よ家に帰ろ〜ね。
夕暮れと、また明日。通いなれた道を急ぐ。ランドセル。赤とんぼ。ススキ・・。自然の中の情景が心に・・・

「新世界」!この曲 有名すぎて今更説明不要ですね。チェコの国民楽派ドヴォルザークが、アメリカの風物誌を綴った「アメリカ便り」。南部の黒人の歌やアメリカインディアンの民謡と思われる旋律が多く散りばめられて、そこに彼のチェコ、ボヘミアの郷土的な音楽が融合してます。ノイマンは、チェコフィルを率いています。第4楽章の「迫力」、第2楽章の「物悲しさ」と聴かせてくれます。

そして、こちらのフリッチャイ指揮も、古いけど、名盤ではないでしょうか。
ドヴォルザーク交響曲第9番 フリッチャイ
◆『 交響曲第9番「新世界」 』 ドヴォルザーク
フリッチャイ指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1959年
ハンガリー生まれのフリッチャイがベルリンフィルの豊かな音色を余すことなく引き出していて、スケールの大きな演奏になってます。

今回は ドヴォルザークつながりで、秋の夕暮れに合いそうなメロウな曲を何枚か選んでみました。一応、試聴できるように頑張って(謎)みました。

交響曲第8番 セル
◆『 交響曲第8番 「イギリス」』より ドヴォルザーク 
第3楽章(試聴できます。)
(第3楽章は、試聴の3です。表示はスラブ舞曲第3番となってますが、これは間違ってますので。(^_^;) )

ジョージ・セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1970年
ブダペスト生まれのジョージ・セルは、(1897−1970)20世紀の名指揮者の一人。
死の3か月前、生涯最後のレコーディングにして、ドヴォルザーク「第8」最高の演奏として語り継がれている名盤です。
第3楽章は、一度聴いたら忘れられないメロディー。
美しー女の人が夕暮れに、そそと佇む姿が浮かぶ。(夫 談)
コマーシャルなどで有名になってますね。

スラブ舞曲
◆『 スラブ舞曲集 』より ドヴォルザーク
第10番 ホ短調 (試聴できます。) 試聴10です。

こちらもジョージセル指揮 1962〜1965年録音。クリーブランド管弦楽団です。
10番は、クライスラーのヴァイオリン用編曲でとても有名になりました。
抒情的な美しさが際立っています。
上のセルの『 交響曲第8番』の中にもこのスラブ舞曲の10番と3番は収録されています。

弦楽セレナーデ
◆『 弦楽セレナーデ 』(試聴できます。)
A面 チャイコフスキー作曲 ハ長調
B面 ドヴォルザーク作曲  ホ長調 (試聴は、試聴5〜試聴9です。)

カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  1980年録音

「セレナーデ」は、18世紀後半にヨーロッパで流行したパーティー用の音楽で、主に貴族の邸内や庭園で演奏されました。(モーツァルトなどが有名。)
19世紀に入ると文化の中心が貴族社会から市民階級に移った為、娯楽用の音楽も姿、形を変えていきました。「セレナーデ」や「ディヴェルティメント」の作曲は次第に減少していきましたが、その形式をロマン的な美感で生かした新しい「セレナーデ」が様々な作曲家によって生み出されていきました。
ドヴォルザークのこの「弦楽セレナーデ」も暖かく、歌謡風なメロディーがおっとりしていて、心が和みます。カラヤンは洗練されたセレナーデを提供してくれています。
何故か物悲しくなる秋の夕暮れ・・・メロディーもおセンチなものを取り揃えてみました。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Sweet Lady Jane/Jane Duboc  [ MUSIC♪HOLIC ]   2005年10月31日 08:56
秋も深まってきました。なんてったって、もう10月も今日で終わりなんですからねえ・・・ なんとなくセンチメンタルになるこんな時期に、JMさんがJAPAN MUSIC BLOGのなんと、記念すべき50回目(!)のTB企画として、「Music For Sunset!」というお題を出してくださいました。秋...
2. JMBTB50「Music For Sunset!」セイゲン・オノ  [ SukuSukuPu-san ]   2005年10月31日 15:21
何回目から参加しはじめたのか覚えていないけれど、めでたく50回目を迎えたJMさんのトラックバック企画。秋の夕陽にふさわしい、とっておきの一枚を紹介します。いつもは色物ばかりな俺だけど、今回は真剣。海外での圧倒的な評価とは裏腹に、日本では余りにも知られていな....
3. Twilight Zone/吉田美奈子  [ ??勝手に推薦盤♪?? ]   2005年10月31日 16:38
1977年リリース、初期の吉田美奈子の作品です。ジャケットの透き通ったダークブ
4. Music For Sunset! / 夕暮れ時に聞きたい音楽  [ 夏庵`s nest ]   2005年10月31日 20:03
今回はJMさんのページのJMB連携TB企画のお題に乗っかりまして。(今回で50回目ですって!すごいなー) 夕暮れ時の音楽ということですね。 夕暮れ時というと一日の終わりのとき。 ゆったりと寛いだ曲で今日一日を振り返りたい…。 そんな気分でもありますが、...
5. JMB連載企画第50弾 / Music For Sunset  [ 音楽日誌 ]   2005年10月31日 20:56
JMB連載TB企画も、もうすでに50回目ですか。おめでとうございます。今回は、秋の夕暮れに合う音楽ということで、こんなものを集めてみました。
6. JMB連携TB企画 "Music For Sunset!"  [ てらブログ ]   2005年10月31日 21:31
まいどお世話になっております、jmさんのTB企画がめでたく50回目を迎えました...
JapanMusicBlogをはじめて一年と7ヶ月、もうそんなに経ったのかと思...
8. Setting Sun  [ 或る「享楽的受験日記」伝 ]   2005年11月01日 06:26
JMさんの“JMB連携TB企画第50弾/Music For Sunset!”へのエントリー。私は途中から何回か参加させてもらってますが、いろいろと新しい発見があって、ブログならではの“すぐれもの企画”だと感謝しています。JMさんとJMBの皆さんありがとう。 お題は秋の夕暮れに聴きたい音...
9. JMB連携TB企画はついに50回目!Music For Sunset!  [ go ! go ! CD Review な〜んてな ]   2005年11月01日 20:43
前回から参加させて頂いてるJMB連携TB企画が、今回でちょうど50回目を迎えるそうでまずはおめでとうございます!私なんかは新参者ですがこの企画は確かに面白いですね。色んな音楽とブロガーの方達との出会いが今回も楽しみです。という事で今回のお題目は「Music For Suns...
10. Music For Sunset! 「Sweet Jazz Guitars III」  [ Slack Key Days ]   2005年11月02日 00:25
「音楽好きBlogger集合!JMB連携TB企画はついに50回目!Music For Sunset!」への参加です。50回って凄いですね。たくさんの輪に拡がったTB企画。JMさん、ありがとうございます&...
11. JMB連携TB企画 祝 第50弾 『 Music For Sunset! 』  [ AZ::Blog はんなり、あずき色のウェブログ☆ ]   2005年11月03日 10:54
祝・JMB連携TB企画50回! JMさん、おめでとうございます。いつもステキなお題ありがとうございます! さて第50回のテーマは、Music For Sunset。秋の夕暮れはとても印象的、澄み渡った空が深紅に染まり、そしてあっと言う間に暮れてしまう短い時間。そんなひとときは...
12. Music For Sunset  [ Think positive ]   2005年11月14日 20:36
遅くなりましたが、JMB連携TB企画はついに50回目!Music For Sunset!に参加します。 JMオーナー、50回目TB企画おめでとうございます。 音
13. 眼が良くなって夕暮れ時が好きになりました!  [ レーシックで視力1.5の世界へ!【レーシック体験記満載】 ]   2007年07月11日 00:24
レーシックの手術をする前は、夕暮れ時が一番嫌いでした。別に夕暮れそのものが嫌いなのではなくて、その時間帯に車の運転したり、歩いたりすると、周囲が見づらいという理由から、あまり好きな時間帯ではなかったです。それが、最近ふと気づいたのですが、夕暮れ時、と...

この記事へのコメント

1. Posted by きみ駒   2005年10月31日 00:19
あはは、私も最初に、「新世界」の「遠き山に日は落ちて〜〜」が浮かびました!
うーん、先をこされた(笑)。

私も参加エントリを書くつもりです。またTBするねー。
2. Posted by ワルツ   2005年10月31日 00:59
◆ えへへ〜
きみ駒さん、同世代でしたね〜(*^。^*)
お互い、下校時刻越えても結構残ってる子供かも??(笑)

さてさて、きみ駒さんのエントリーは、何かな??
楽しみにさせてもらいますよーー。(^o^)丿
3. Posted by かおりん   2005年10月31日 08:46
チャイコフスキーの弦楽セレナーデ、人材派遣会社のCMでもおなじみですが、ずっと昔から好きな曲です。
しかし、最初に買ったのがパイヤールだったのが失敗。ちょうどCMでかかっているあの劇的な雰囲気の出だしも、ぜんぜん迫力ないだら〜っとした演奏で(苦笑)
やはり、この曲はメリハリのきいた演奏がいいですよね。
4. Posted by かおりん   2005年10月31日 16:28
ワルツさん、ドヴォルザークの方のエントリーなのに、チャイコフスキーの方に反応してごめんなさい。(上のコメント)
5. Posted by 北さん   2005年10月31日 16:35
おー、さすがワルツさん、クラッシック目白押し!
そうかー、下校の音楽ですねー(^^
ゆうぐれだなぁ・・・
6. Posted by shosen   2005年10月31日 21:38
こんばんはワルツさん。今夜も火星が輝いてます。

夕暮れに新世界とは、目から鱗でした・・。
下校時になっていたのですか? 私が出た小学校は、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲でしたね、そういえば。
あと、給食終わりの合図に、モーツァルトのトルコ行進曲がかかってました。いまでもその曲聴くと、なんだか急いでしまいます(笑)
7. Posted by JM   2005年11月01日 00:24
ワルツさん
ご参加ありがとうございます。Classicは落ち着きますね。
知ってはいるが曲名と結び付かない。
聴いてみるとあーこれこれって、子供の頃からの刷り込みなんでしょうか:)
夕暮れ時のClassicでうとうとしつつ、そのまま寝ちゃいたい:P
8. Posted by ジャックスケリントン   2005年11月01日 20:42
初めまして!
クラシック(特にピアノ)とは縁の深い仕事を
していますので、大変興味深くセレクトを
拝見させて頂きました。
やっぱり夕暮れとくれば「家路」って完璧に
小学生の頃に刷り込まれてますよね(笑)

又名番のご紹介を楽しみにしておりますので
今後ともよろしくお願いいたします!
9. Posted by かずみ   2005年11月01日 23:21
すご〜い。
クラシックなんてワルツさんならではの選択ですね。
私は夕暮れ時に聞く曲?
と言うか、思い出に残っている歌は
日本昔話のエンディングテーマ
 でんぐりかえってバイバイバイ♪
でしょうか・・・
10. Posted by ワルツ   2005年11月02日 01:30
◆ かおりんさん、TB&コメントありがとうございます。

いえいえ、私もチャイコフスキーの弦楽セレナーデ大好きです。
あっそうですね。コマーシャルに使われていましたよね。
かおりんさんのコメントで思い出しました。
(上司に恵まれなくて、電話するCMですよね。笑)
パイヤールのは、上品でこじんまりと丁寧にまとまった感じなのでしょうか。
カラヤン&ベルリンフィルは、かなり迫力もあり、弦の伸びやかさが際立ってます。
ドヴォルザークの弦楽セレナーデより、チャイコフスキーの方が確かにはまり役のように思いますね。
11. Posted by ワルツ   2005年11月02日 01:37
◆ 北さん、こんばんは〜♪

「家路」は、下校の音楽でした。(*^。^*)
6年間刷り込まれました〜。(笑)
その上、掃除の音楽が「おもちゃのシンフォニー」(モーツァルトのお父さん作曲)で、
これを聴くと今でも、そわそわ・・落ち着かない。(笑)
子供の頃の習慣って、コワイね〜。

12. Posted by ワルツ   2005年11月02日 01:43
◆ shosenさん、こんばんは。

火星、ホントに大きくて綺麗です〜。
私も毎日、飽きずに眺めてます。

うっ、shosenさんの小学校は、メンデレスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」だったのですか?!
それはそれは・・・何だかとても上品ですね。
洗練された学校だったのですね!!(*^。^*)
>給食終了に「トルコ行進曲」・・・
モーツァルトもえらいとこに使われてますね。(笑)
13. Posted by ワルツ   2005年11月02日 02:00
◆ JMさん
JMB50回、本当におめでとうございます。
続けていくのは本当に大変な事ですね。
心から、尊敬申し上げております。(*^。^*)
でも、どうぞ、お疲れの出ませんように。
いつもありがとうございますねー。

そうそう、クラシック音楽、結構あちこちに使われていますよね。
コマーシャルに使われたりして、商品のイメージとかが付いちゃってるものも多い。(笑)

子供の時に聞いた音楽は身体が覚えてますね。
JM少年は、遊び疲れて、お家に帰ってうとうとと・・?(笑)



14. Posted by ワルツ   2005年11月02日 02:09
◆ ジャックスケリントンさん、はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
いろいろ教えて下さいね〜。

ドヴォルザークは、メロディックで親しみやすい音楽が多いので、結構いろんな所で使われていますね。
同じボヘミアの作曲家スメタナに比べて、インターナショナルな感覚を持っていたのではないかと思います。
それゆえ、逆に本国ではスメタナの方がより愛されてるみたいですね。(*^。^*)
15. Posted by ワルツ   2005年11月02日 02:13
◆ かずみさん、こんばんは〜♪

>日本昔話のエンディングテーマ
>でんぐりかえってバイバイバイ♪
そうそう、とっても可愛いです。
これも夕暮れの音楽ですよね。
ほのぼのして来ますーー(*^。^*)

子供の頃何気なく聞いていた音楽って、
大人になっても懐かしく情景を思い出したりして、いいもんですね。



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔