学問の神様と云えば菅原道真が浮かんでくるけれど、葛原岡神社に祀られている「日野俊基」も学問の神様と云われていることを知りました。それはあまりにも横暴な幕府をみるに見かねた後醍醐天皇の倒幕計画における中心人物としての頭脳的活躍によるものではなかろうか。

野田首相が、明日「伝家の宝刀」を抜いて衆議院を解散し、総選挙をすることになりました。宝刀に手を掛けながら、彼は子どものころ、通知表の成績が落ちて親父に叱られると思いきや、生活態度の欄に「野田君は正直の上にバカがつく」と書かれたのをみて喜んだ、と云うエピソードには何となくホロリとさせられるものがありました。

葛原岡神社の案内板
d-kuzuhara-06

境内にある縁結びの石
d-kuzuhara-02

ムクロジの大木
d-kuzuhara-05