こんにちは、ヴァンダーです。

ラオス2日目。

いつの間にか寝てしまい、2時間ぐらいして目を覚ましました。お腹も減ったし、せっかくのルアンパバーンの夜なので外出することに。ホテルの外は昼とは一変して、ナイトマーケットが立ち並んでいました。

パラソルの下に商品がきれいに並べられていて見ているだけも楽しいですが、タイと違って音がない、というか静かなんです。店の売り子さんが大きな声で呼び込みをするわけでもなく、音楽が流れているわけでもなく、静かなナイトマーケット。

201809_LPQ_BKK (285)



これで商売になるのかな、なんて思いながら歩いているとマッサージ屋さんを見つけました。

201809_LPQ_BKK (277)



足が疲れていたので食事の前にフットマッサージをしてもらおうと中に入りました。受付でフットマッサージを受けたい旨を伝えて中へ。案内された椅子に座ってしばらくするとスタッフ登場。足を濡れタオルで拭いてマッサージが始まりました。女性のスタッフだったのですが、強い力でグイグイやってくれて気持ちよく、途中で寝落ちしてしまいました。

201809_LPQ_BKK (276)



途中、「痛い」と感じるポイントがあったんですが、内臓かどこかが悪いのでしょうか。気になります。それでも終わった後はスッキリ。やはり旅先でのマッサージは欠かせません。

再びナイトマーケットに戻り、パラソルで覆われたエリアを抜けると、ベーカリーがありました。おいしそうなバナナケーキを売っていたので、思わず購入。

201809_LPQ_BKK (279)



そのベーカリーの脇に食べ物の屋台街がありました。進んでいくといろいろなお店が。

201809_LPQ_BKK (284)

201809_LPQ_BKK (281)


マレーシアで偶然遭遇した日本人の知り合いから「ルアンパバーンではカオソーイがおいしいよ」とアドバイスをもらっていたので、試してみることに。タイのカオソーイは辛いので避けていたのですが、ラオスのカオソーイはタイのそれとはちょっと違うようです。

201809_LPQ_BKK (282)



注文してテーブルで待っていると、大きなどんぶりに入ったカオソーイが登場。肉味噌が辛そうに見えますが、食べてみるとそんなに辛く、具だくさんで食べ応えがあって料金は15,000キープ(約198円)。もっと早くに食べに来るんだったと後悔。

満足してホテルへと戻りました。部屋に戻ろうとしたら、入り口でスタッフに声をかけられ、スクーターのキーを預かるとのこと。夜の間、スクーターを盗まれないように、ホテルの中に入れておいてくれるそうです。自分がスクーターを借りていることを覚えてくれたんだと感謝。

シャワーを浴びて、テレビで映画を観ながら眠りに着きました。


■■■ルアンパバーンの屋台街■■■

Indigo Houseの脇の路地にあります




世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】





↓クリックしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村